2019年4月21日 (日)

今生の別れ・・でも、再会復縁の祈祷も・・でも、

今生(こんじょう)の別れ・・・
この世では二度と会えない、かもしれない。でも、來世でまた会える、とおもいたい。でも、切ないおもいですが、今生での再会が絶対叶わないと完全に否定したくない。でも、

別れは、切なく苦しく悲しく、顔で笑っても泣いています。

♪♪この世の奇跡ギュッとつめて
君と出会えたんだ (「ぼくのフレンド」作詞みゆはん)

ギュッとつまったこの世の奇跡なのに・・・


そのような記憶が不肖わたしにもあります。
それは、ある日、クライアントの則(のり)を超えた存在になっていた彼女が、ある夜おそくに拙宅(鑑定所)の玄関に現れた。山の中腹にある拙宅ですからあたりはもう真っ暗です。怪訝なおもいで観ると彼女のご守護さま(守護霊)が泣いておられる。その刹那にわたしは「こんな夜おそくに、失礼です! お家の方が心配されています。早くお家に帰りなさい!」と叱りつけ追い出してしまったのです。

以来、彼女は、二度と現れません。

彼女の深い悩みにより添えなかったわたしの失敗です。

窮鳥懐(きゅうちょうふところ)に入らずんば猟師これを殺さず、飛ぶ鳥懐に入るときは狩人(かりうど)これを助く・・・人が困窮して救いを求めてくれば、どのような理由があろうと迎え入れて助の手をさしのべるのが、人の道である。・・・道外(道はずれ)な追い出しをかけたわたしの失敗です。じつは、彼女を拙宅に長く滞在させ、わたしの持っているスピリチュアルな霊的なものをすべて伝えるつもりでした。伝えられるというわたしの思い上がり、あるいはそれほどの関係だというわたしの甘えあったのだとおもいます。あの夜、深夜ご祈祷が二件控えていて、わたしも極度の緊張状態にあった・・言い訳がましい、ですね。すみません。

もうあれから随分の年月を経ました。

もしも、このブログをお読みのあなたが、今の時点で、辛い別れからの再会復縁を願われているとしたら、今なら解決法をアドバイスできるように御神霊のお導きを得られます。過去生、今生、未来生・・・つなぐ人生の縁(えにし)に光を当て祈祷します。ご遠慮なくご予約のうえ当処まで起しくださいね。

あ、霊的な方法に興味ない方は今回はパスしてくださいね。すみません。

合縁奇縁 あいえんきえん・・・
人と人との気心が合うも合わないも、不思議な因縁による- 小学館 大辞泉

あなたさまとわたしの縁(えにし)に「人生を変える」よろこびの花束を----------------

 

 

 

| | コメント (0)

2019年4月 4日 (木)

「令和」---新元号の霊的(スピリチュアル)意味は?

新元号が発表されました。今月4月いっぱいで平成時代がおわり、5月1日から新しい時代がはじまります。

 Cimg8377_1

れいわ、レイワ、reiwa・・・「令和」・・・音の響きがきれいですね。

「令」、ふだんあまり使わない漢字です。ご令嬢、ご令息、などなどの例でもわかるように、敬(うやま)う、立派な、清々(すがすが)しい,

美しいなどの意味合いをふくんでいます。

ちなみに日本古代語での単字分析での意味は・・・

「レ」----分岐、従わない。

「イ」----息、命、祈る、・・接尾強調語としても使われる。

「ワ」----生む、和合する、平ら。

   一二三神示、古代語よりhttp://www2.ayu.ne.jp/user/drinkcat/hitsuki/G09_kodai.html 古代日本語

-----和の道の分岐点になる。これまでのように本流に身をまかせているだけではすまなくなる。分岐のどちらに行くかを決めるのはあなたです。深く息をして、祈り、リアルに決断しなさい。そうすれば新しいもの、新たな命が生まれる----

「令」、漢字の意味は、

---清らかなお告げ---(漢字源改定第四版/学研)・・・^^ご神託(^^)/ 。古代、占いは神事そのものでした。

「和」、漢字の意味は、

---平和、やわらぎ、まるくまとまった状態、(同)・・・

「和」は「日本」を表しています。日本は和国でした。(魏志倭人伝などの書から倭国の漢字が使われてきましたが、倭という漢字には「醜い」「曲がってる」「歪んでる」などの意味もあります。かっての中国(支那大陸)視点のいわゆる中華思想によるものですね。)

・・

「令和」・・・「清く美しい日本」・・・と読み解きましょう。「和」を我の「ワ」と置き換えれば・・・「美しい私^^)」笑・・・そうありたい、かくありたい、令和時代。

今回の「令和」改元が奉祝ムード一色なのは、昭和→平成とちがって陛下崩御という悲しみのおもいが誰にもないからですね。そういう意味でも今上陛下は新しい時代の開闢(かいびゃく)方法の令(美しい)先例をしつらえられたといえます。ありがとうございます。

Cimg8382

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019年3月28日 (木)

鎌倉佐助の山桜(霊的)スピリチュアル

待てといふに散らでしとまる物ならば なにを桜に思まさまし

 

 満開の桜花を見あげて、「待って、散るのは、」と声をかけてみたくなりますね。


 しかし・・・散ります、しかし、これまた美しい桜吹雪・・・お酒でも・・・。
      
               「古今和歌集」巻第二 春歌下(70)


鎌倉佐助の山桜が咲ききっています。
平地の桜と山の桜ではすこし意味合いがちがいます。一般的な平地の桜はわたしたちのくらしの願いを叶えようとなさる神さまの依代(よりしろ・・神霊が意志を伝えるため人間界に現れるときに依りつくもの ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典)ですが、山桜はあらゆる、いわば万物の命を育む神様の季節的なお社(やしろ)でもあります。

 

ま、講釈はともかく、桜、桜、桜・・・なにはともあれ、日本の春は桜です。

 

桜について、


桜の語源?
梅か桜か?
花見とお酒の関係?

 
などなどの疑問は 桜と日本、そして占い 2006年3月31日 (金)http://z-hiroyo.cocolog-nifty.com/blog/2006/03/post-8973.htmlをご覧ください。

 

Cimg8377

Cimg8376

Cimg8378

 

 

|

2019年3月 8日 (金)

ハケン占い師アタル、カゴの鳥を放した理由

テレビ朝日、木曜日、夜9時からの「ハケン占い師アタル」をみました。おもしろいドラマですね。

アタルの占いは、いわゆる霊視ジャンルになりますが、霊が憑いているとか憑いていない、などなどの脅し系の極端な霊占いではないのが良いですね。それに、名前はアタルですが、占いが当たる、当たらない、などなどの当てもの系でないのもすてきです。

「占いって、その人を幸せにしてあげるもののでしょう! お金儲けのものではない!」

カリスマ占い師の母親に言い放つアタル。いいセリフです。アタルの鑑定料は一回10万円のようです。10万円を安いとみるか高いとみるかは、その人のお財布事情を反映しますので一概に断定はできません。月収12万円の人と○○○○○円の人ではちがいます。鑑定ご浄財2千万円を平気で支払う方もいます。3千円でもやっとの方もいます。その価値を認めるのか認めないかは、人それぞれでいいとおもいます。

人を幸せにしてあげるもののでしょう!

・・・ここを外すと占いの価値はなくなります。

カリスマ占い師の母親から離れて、占いを捨てて、一企業の派遣社員として生きる道を求めるアタル・・・。はたして彼女は幸せの道を歩めるのかどうか。人を幸せにしてあげる占いを離れてアタルの幸せは得られるのか。来週が最終回、たのしみですね。

ところで昨日のドラマでは、母親の束縛からの解放を象徴するかのように、アタルが飼っていたカゴの鳥、カナリアを空に放ちました。自由になったカナリアは空高く舞い上がります・・・。

しかし、みなさまもご存じのように飼い鳥のカナリアは自由になっては生きていけません。ああぁ、それはダメなのに、と思った方は多かったとおもいます。

来週、そのカナリアが舞い戻ってくるのか? まさか! はい、鳥籠そのものもアタルは捨ててしまいましたので、ありえない。この放鳥シーンは、自由になるってのは死ぬこともあるのよ・・・ということを表しているのかもしれません。わああ、どうしよう心配だわ・・・これが視聴率かんがえた脚本の上手さかもしれません。

このドラマ、「ハケン占い師アタル」のテーマの一つが・・自由・・なのかもしれませんね。誰だって自由に生きたいのです。でも、、、


・・人間は自由という刑に処せられている・・


ノーベル文学賞を辞退した哲学者ジャンポール・サルトルの言葉です。・・意訳すると、自由になりたいという願望は叶えられないが、自由になりたいとおもいつづけることから逃れられない・・・。


あ、すみません、ちょっと話が舞い上がったカナリアみたいに 笑 なってしまいました。

「人を幸せにする占い」・・・アタルちゃん、がんばって、生きてね!

| | トラックバック (0)

2019年2月20日 (水)

2019年 最大のスーパームーン 満月の霊的意味

写真をどうぞご覧ください。2月20日午前2時45分撮影、於・鎌倉佐助山

Cimg8367 今年最大のスーパームーンです。
Cimg8368  満月のオーラ、赤い玉が映り込んでいます。
意味も意義も考えずに、おだやかな笑顔で見つめてくださいね。この二つの写真のオーラがあなたの回りにも降りてきます。運気を上げます。

| | トラックバック (0)

«2月5日のお正月、新春おめでとう!