« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月

2007年3月27日 (火)

金メダル安藤美姫のうれし涙

安藤美姫さん金メダルおめでとうございます。美姫さんの美喜涙(うれし涙)にわたしもつられて涙をながしそうになりました。あ、ごぶさた、ひろよでございます。安藤美姫さんは表彰台の真ん中に立ちわたしはブログの更新もできる日常というリフレインの舞台にもどってきました。感謝です。もう春、春です。がんばります。 美姫さんの金メダル(世界フィギュアスケート選手権女子フリー)はテレビ瞬間視聴率で50.8%、つまりおよそ5000万の人たちが彼女のうれし涙に涙したことになります。このすごい癒し効果は”すごい”ですね。目の前のお一人をヒーリングさせていただくのが精一杯のわたしごときでは及びもつかないことです。 ヒーラーとしても金メダリストの安藤美姫さんを不肖わたしがスピリチュアル九星で鑑定させていただきます。お誕生日は1987年12月18日です。 本命星・四緑木星  月命星・七赤金星  宿命宮・坤  空亡・辰巳 性格 おしゃべりと美味しい食事が大好き、気に入らないことがあるとプイっとそっぽを向く、人の好き嫌いは激しい性格です(七赤)。でも好き嫌いの激しさを表面には出さない(四緑)。恋愛は相手に対する理想ラインが高そう(月盤)。主婦業は苦手(宿命宮・坤)・・宿命宮坤の女性は23歳までの早婚がベスト。23歳をすぎると結婚はまだまだ先になります。今は恋に恋している。。。運勢 「四緑」「七赤」の五行による相乗相克で観ます。成人後に、こんなはずではなかったと自分の思いと現実のギャップに苦しむ傾向が強くなってきます。大勢の人と気軽に交際できれば吉、しかし自意識過剰になると苦しみます。過去は過去と割り切り、常に目の前の新しいことにチャレンジしていけば大丈夫です。 ところで、悲しい涙は交感神経、うれし涙は人々をよりくつろがせる副交感神経の働きだそうですね。そういえば涙の味はうれし涙のほうがさらさらで塩っぽくもないように感じます。どっちの涙にしても、涙のあとは気分がすっきり、何かが去って何かが始まる、わたしの前に道はないけれど、わたしのうしろに道はできる、歩いてゆくのはわたしという静かなよろこびに満たされます。そういう涙の多寡が人生を豊かにするのだとおもいます。

10088250164

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月20日 (火)

お彼岸A&Q「家族とは?」

母ひろよ手ふさがりの多忙の峠をすぎ、昨夕はご飯のおかずを手作りしました。やれやれ、ほっ、笑);。きょうは”母ひろよ”へのインタビュー形式です。聞き手は不肖大きな子ども「X」が担当いたしました。テーマはおりしものお彼岸にちなんで真っ向大上段に「家族とは何か」に絞りこみます。! Q お彼岸とは?A 彼岸、あっちの岸、あの世(天界)へこの世からお移りになったご先祖さまとのコミュニ   ケーションを心がける一週間。春分、秋分をはさんだ前後3日。 Q お墓参りをしたほうがいいのですね。A 形式より、魂(ご先祖とのコミュニケーション)込めにつとめてください。 Q お墓の前で泣かないでください。そこで眠ってはいない。千の風になって。A そうね、でも、通信基地、です。お墓は、ご先祖様との交流パワースポット。 Q ぼくにはお墓がないよ。ぼくのお父さんは・・・A あなたのお父様は天にまします、、。お墓という形式をもたない人、事情があってお墓に行けない人は、自らのうちにある魂という貴いお墓に語りかけなさい。 Q お父さんがいない人、お母さんがいない人、お父さんもお母さんもいない人、人にはそれぞれの事情がある。ああ、おろおろ、悲しみが降り積もる、屋根。A これ、しっかりしなさい。たしかなことは揺るぎない確固とした絶対幸福の根拠は、どんな人にもご先祖はある、ということです。 Q 「家族とは・・・」、、、。A そうです。この世に生きているわたしたちだけではありません。ご先祖さまのそのまたご先祖さま、そしてそのまた・・・過去のご先祖さまの血脈のすべてがご家族です。我一人ではありません。釈迦の唯我独尊は覚悟であって事実ではないのです。大きな家族の輪のなかのわたし、ぼく、この世に存在するということは、過去という大いなる家族にもたらされた大いなる存在です。 Q そうかぁ「家族とは何」A 過去、現在、そして未来をふくめた絶対幸福の根拠だとおもいます。そして、この世に今生きているあなたは、大いなる過去と大いなる未来をつなぐバトンリレーの大いなるランナーなのです。過去現在未来の大いなる幸福を享受しつつ、大いなる家族の絶対幸福の礎の一つにもなってあげてください。未来に向かっての。

10088250162

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月17日 (土)

疲れに効く菊風呂おすすめ

きょう朝、ひろよ”母”のヒミツ携帯を盗み見しました。ジャン!「今週、浮気します!」と書いて・・、いません。ほっ、笑)。「眠い、きつい、がんばる」と書いて、画面そのままうたた寝していたのです。宛先は霊感エミちゃん(霊感赤ちゃん霊感少女を経て現在霊感夫人、都内在住自動車用品製造メーカー経営社長の妻)です。あ、どうも、きょうもブログジャック中の子ども「X」です。すみません。 エミちゃんの脳腫瘍が消えたのは・・・あ、自慢話はやめなさいと”母”に叱られます。さて、え。「眠い、がんばる」へのエミちゃんからの霊感返信は「お師さま~、あたたかい素麺にエビと椎茸を入れて食してたもれ~」です。おお、なんか効きそうですね。母ひろよは明日きっと近くのスーパーに走りますよママチャリで、きっと。みなさま、一足早くおためしください。エミちゃん素麺レシピに母ひろよは小菊の花をひとつ加える、これは「X」のシックスセンス(第六感)でございます。 と、いうのも、以前にエミちゃん霊感おすすめ「菊風呂」が疲れに抜群に効いたからです。きくはきく・・・シーン^^);。ご参考までにエミちゃん菊風呂レシピ一人分ご紹介します。 材料・小菊の花を15,6コ。水2カップ。塩ひとつまみ。手鍋に材料を入れて、少し火で暖める。鍋底にぷつぷつ泡が出てお湯になったら火を止める。それを、そのままお風呂に入れて入浴。ああ、イイ湯だにゃ、あぁああ。○○もあったまる、山頭火です。あ、すみません、余計なことを。平謝り、平に平に。で、「菊」の講釈、菊知恵をひとつ、いたします。 古神道で菊の「き」は「気」、「く」は「与む(くむ)」を表すことば(言霊)です。気は「息の」の「き」でもあります。つまり、菊は生きる気を与える植物と伝えられています。鳥居礼著『新版・言霊-ホツマ』(たま出版)369頁には---菊は日月の精霊(ウルナミ)を両方もっている、、、菊は天成道(アマナルミチ)に欠くことのできない植物---「御饌万成り初めの綾」現代訳。その注釈369頁で鳥居氏は、菊を愛でるのは中国渡来ではなく日本固有のもの、と解説されています。、、というわけで、以上、きくはきく・・・シーン^^)の講釈でした。 なおさらシーンとしてしまったようで、涙):  (上の写真はエミちゃん手製・きょう幸せになる福福鞠・あたたかい波動が伝わります)

10088250138

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月15日 (木)

雲さん消えます~ 「X」

「雲しゃ~ん、消えてください」と、お願いすると、白い雲がふぅぅぅ~と薄くなり、やがて消えてゆきますよ♪~、おふくろさん、母もびっくり。算数に弱い”母”ひろよ滅茶頭悩み痛める深刻(申告)時期です。数字あわせで指折り数えるために両手両足がふさがっている隙狙いで大きな子ども「X」が久しぶりにこのブログをジャックしています。 こんなことしていたら、みなさまに叱られるかにゃあ、な? あ、ヘンなニャンコことばを操る不逞不肖な「X」の果たしてその正体は、、、お初にお目にかかります方のために(この文末に「X」に関する”きょう1日限定”ヒミツ公開のURLあります、^^);。 ところで、「雲消しのワザ」公開します。だれでも出来ます。まず一番の肝要は、だれでも出来る、わたしにも出来る、と、パーフェクトに信じます。そんなアホなぁと思ってもいいですけれど、でも、そんなアホなことだって出来る、と思ってしまいましょうね。おもしろいですよ。二番目は青空に浮いている白い雲をひとつ選びます。三番目は「雲さ~ん、消えてくだしゃ~い」とお願いし、ただぼんやりとその雲を見るだけです。雲はなくなります。 これ、一人遊び、ヒミツの一人遊びにしてくだしゃい。一人のほうが念が集中的に天界のサムシングワールド、大いなる力の方々に伝わりやすいようにぼくは思います。そんなアホなバカなという否定エネルギーを避けるためでもあります。ぼく「X」は当家のミケニャンコ”ミケちゃん”と源氏山麓佐助谷お散歩のおりに「雲しゃ~ん・・・」遊びをやっています。隠れん坊大好きミケちゃんもぼくがこれを始めると隠れん坊をやめて出てきます。 あ、雲が消えなくてもがっかりしないでください。雲が一つ二つ消えても社会のお役には立ちません。あなたにはあなたの才能がございます。才能を自覚されていなくても、きょう生きているということは才能のあかしにほかなりませんので・・・と偉そうな口をきいていては”母”ひろよに叱られます。雲の一つや二つ、どうってことはない。「ハートの聖なる空間」(ドランヴァロ・メルキゼデク著)を読むとすごいです。ドランヴァロ・メルキゼデク氏はお天気変更はもとより、公害対策までご自分の念でやられます。アメリカ空軍のそれを裏付けるレポートもあるとか、、、。 世の中にはすごいことをする人がけっこうおられます。”母”ひろよも・・・子ども褒めてはヘンですが、雲消し遊びはしませんが、この世あの世ふくめた人々の幸せを祈るワザはたしかにすごいです。でもでも、方向音痴と算数苦手はどうも・・・ですけれど。以上です、では、また。あ、あ、1日限定リンクです(記事はぼくとは関係ありません、、写真、主催者の横、覆面姿のいい男がぼく「X」です。^^;; m(__)m:

10088250136

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月12日 (月)

別れの悲しみ

花には散ったあとの悲しみはないただ一途に咲いた喜びだけが残るのだ  (詩人坂本真民・H18年12月27日没97歳) 6才の娘さんを二ヶ月前に病気で亡くされたお母さん(36歳)がお見えになりました。「スピリチュアルヒーリングをお願いします・・・」と言われたきり、息を接ぎ接ぎに娘さんを亡くしてからの心もちをお話になりました。もう気力が湧かなくて夫とも離婚したい・・何をみても何かを、どうにもならない何かを想い出す、、うつ病かもしれない私は・・・と。多くの悩みに悩まれた方は、判断停止に近い状態になられます。 生きとし生けるものに完全な停止はありません。そのお母さんも呼気吸気を繰り返し、ことばを紡いでおられるのです。判断は停止したわけではない。こういうときにわたしができることは幽かなことかもしれませんが、言霊をこめたことばを、しずかに、目の前の方に向かって差し出すことくらいでしょうか。 「亡くなられた方の死を悲しみすぎるのは、亡くなった方の命を否定することになりますよ」 ・・死は完成です・・武者小路実篤のことばです。 そして未明混沌、毎日午前三時半の空の光に祈りを捧げ、詩作をつづけられた詩人坂本真民のことば・・・繰りかえします。 花には 散ったあとの 悲しみはない ただ一途に咲いた 喜びだけが残るのだ 娘さんをなくされたお母さんは小一時間ほどで微かに笑われました。しずかに、しかしたしかな笑顔でした。むろんこの瞬間だけですべてが終わったわけではありません。「咲いた喜びだけが残る」 「そうですね」「あの子は美しく咲いた」・・・もう泣くのは止めます。と、しかし、それはそれは、とても大きな声をあげて泣かれました。わたしもいっしょに泣きました。ティッシュの箱が空になります。流す涙に恨み辛み嫉妬羨望がなくなったとき、その涙は亡くなった方への賛歌に変わります。 死者への賛歌は死者を天界へ舞上げる明るくて大きな光となって昇ってゆくのです。 花には散ったあとの悲しみはないただ一途に咲いた喜びだけが残るのだ

10088250135  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 6日 (火)

作家佐藤愛子さんのスピリチュアルメッセージ

「除霊や浄霊をしてもらえればそれで解決とおもわないでください」・・「ここにお集まりの皆様にこんなことを話すのは僭越ですが、どうかこのことを周囲の方々に伝えてあげてください、お願いします」・・・20年間霊障に悩まれた作家佐藤愛子さんのスピリチュアルメッセージです。東京九段下のホテルグランドパレス、ダイヤモンドルームで行われた記念講演会でのお話です(日本心霊科学協会創立60周年記念パーティ、3月4日)。 83歳の佐藤愛子さん(直木賞・菊池寛賞受賞作家)ですが、立ち居振る舞い弁舌は、どこまでも凛として明るく、40分の講演をよどみなくすらすら聴衆のわたしたちを笑わせ楽しませ、あらもう時間がきてしまいました、おしゃべりならいくらでもできますけれど・・・と満場の拍手です。すごいエネルギーですね。ちなみに佐藤さんの菊池寛賞は第48回(2000年)で、レベル違いですが、わたしも文筆の道をこころざし新人対象の菊池寛第1回ドラマ賞(佳作)をいただいた過去も・・ああ過去。青春^^;の過去です。それはともかく。 大勢の人の前で、しかも聴衆は心霊の道、スピリチュアリズム界の超ベテラン、ベテラン、練達の士、霊力者、能力者がずら~りそろっておられます。その前の一段高いところでピンスポットを当てられ「さあ、話せ」なんて言われたら、わたしだったら冷や汗ながして卒倒するか、その逆で大汗まみれでエキサイト、興奮のあげくカラオケしてしまったり、(音痴です、)お経とか大祓祝詞ならできます。あら、どうも、想像するだけでアタマのろれつがぐるぐる舞します。ごめんなさい。 佐藤さんの講演の趣旨は上述冒頭のセリフにあります。除霊や浄霊をしてもらっても、自分の波動が低いままだと、再び波動の低い霊を呼び寄せてしまう。再び霊障に取り憑かれる。除霊や浄霊をしていただいたら、ご自分の波動を上げてください、高めてください。波動の低い私がこんなことを言っては笑われますが、と謙遜されながら、今様のスピリチュアリズムのありようにご自身の体験にもとずく助言と注意を呼びかけておられました。 波動・・・波動を一言で言い切るのは困難です。でも、波動とは、波動を高めるとは元気になることです。元気になるとは、自分の存在がうれしくなることです。うれしくなれるとは、調和が、バランスがとれている自分を自覚できる、ということです。とにかく、まず、私は僕は元気だとイメージします。すべてはそこからはじまります。元気で明るい自分にむかって軽やかに楽しく走ってゆくのです。そして、成長を目指すのではなく強いわたし、を目指すのです。と、これはわたしの補足です。お節介ひろよの余計なお世話。。。かな? どうかな。でも、図星だと天界からのメッセージが・・・・。いえ、どうも感謝です。ありがとうございます。つねに脚下照顧、こころがけます。では、また。 あ、会場でおめにかかったご先輩のみなさま、ごあいさつが行き届かず申し訳ございませんでした。今後ともいっそう精進努力にまいしんいたしますのでよろしくお引き回しのほど願い申し上げ奉ります。こちら当処あたりの山ウグイスの声もすっかり春めいてうらら、うらら、と谷渡りをはじめています。ぜひ、よろしければ御足をはこんでいただければ我が身の幸いでございます。

10088250134

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 2日 (金)

そのまんま東・宮崎県知事を占う

ビートたけしさんが「表彰状・・・キミは自転車泥棒でデリヘルに通い」などと愉快なトークで東国原(そのまんま東さん)宮崎県知事に『第7回 ビートたけしのエンターテインメント賞』を授与されていました(3月1日)。おもしろいですね。楽しいですね。春ですねえ。♪♪東知事さん自身も自分のブログで「週刊誌の方は、相変わらず、第三の女、第四の女と言ってるらしいが、選挙前から入れると、この部屋にはトータル数で数十名の女性が出入りしていると思う。勿論男性はその倍以上だが」と臆することなく早くも始まったマスコミのバッシングに堂々笑い笑い向き合っておられます。 ある新聞のタイトルにはちょっと笑った。 「東知事。開かれた県政・開かれた部屋」。---知事のブログより。 これを自身のブログで書くとは、ビートたけし師匠ではないですが、「そのまんま東、なかなか大した玉~」ですね。そこで登場がおせっかいひろよのスピリチュアル九星占術です。では、入ります。。。1957年9月16日生まれのそのまんま東さんは、 本命星・七赤金星  月命星・一白水星  宿命宮・坤  空亡・午未 七赤金星に一白水星・・・となると、これはもう、、、楽しいことが大好きな性格。楽しくなければ、ワクワクしなければ、生きている気がしない。刻苦勉励、この道一筋、耐えに耐えて生涯を一つごとに貫く・・・ことができない人ですね。まあ本質的に家庭(結婚)生活は、いい意味でも退屈で刺激がない(波瀾万丈の刺激的家庭なんて、、、、)のが普通です。つまり、そのまんま東さんの離婚は彼をライトアップ、グレードアップさせるには当然の帰結だった。 宿命宮が坤、誰かを支える仕事が向いています。知事は支えられるというよりその地域ののトップ、リーダーですが、しかし、県民の暮らしを支える役目という考えで、腰低く動けば今年、来年、運気は下がりません。東さんの「楽しいこと、ワクワクすること」が個人的なお遊びから公的なこと、社会的意義のある仕事に向かったことで運気が上昇に転じたのです。彼の守護霊守護神さまが大いなるパワーを与えておられます。宮崎県といえば高千穂、日本の神さまの原始なる故郷でもあります。ぞのまんま東さん、神事のほうもご留意ください、県民に成り代わりまして僭越ですがお願いいたします。 以上です。では、あ、そのまんま東さんと本命・月命・宿命宮・空亡がぴたりおなじ方は男性女性にかかわらず今年2007年平成19年は転職、転身の大チャンス年です。

10088250133

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »