« 家族、友人、恋人、みんな・・・涙 | トップページ | キレる子ども、キレるおとな »

2007年5月11日 (金)

霊峰富士山は地球の第七チャクラ

スピリチュアルパワーあふれるご神域、霊峰富士山の六合目で富士大神さまのレイキ(霊気)をいただいてきました。指導霊ではなく指導人、ガイドスピリットじゃなく山岳無料ガイド・人によりますと残雪はけっこう豊富なほうだそうです(写真は六合目)。 雪山に道はない。歩く跡が道になる。・・・なるほど、でもでも、山へ行っても山道という道があるとしか思っていなかったわたしとしては新鮮なよろこびでした。 しかし、雪って滑るんです。「冬の富士山は氷の滑り台だよ」と足元から下へ急傾斜に落ちる雪面を見おろして脅すんです。ちょっとお、待って、待ちなさい、アイゼン(靴に着ける鉄の爪)がなくては危ないでしょう、、ピッケル(雪山用の杖もどき)も持ってきていないし、、と言っても。 そんなもの着けて歩いちゃあ修行にならない。しずかに生命の声を聞きつつ歩んでください。と、なにやらわたしひろよのお株をとったようなスピリチュアル系の話法で励まされる始末でした。このガイド、山へ入るとちょくちょく冷徹なスパルタ坊やになります。「そんなこと山でしちゃあ死ぬよ、死ぬ」と厳しくいさめたりしますよ。しかし、雪山用歩行術、片足加重の原則を二時間つづけて教えられたおかげで、最後の方は「お、すごい、さまになってきた」とお墨付きをいただきました。えへん^^。スピリチュアルの徒としては背負うた子に教えられ・・ですけれど。 それにしても、やはり、富士山はすごい霊気パワーですね。この日は、見上げても見おろしても、どこにも人が見当たらない富士山でしたので、まるでひとりきりであじわうサムシングワールドです。報恩感謝の感激ひかりのシャワーを独り占めの心地です。富士山のご祭神は絶世の美女神、木花開耶姫(このはなさくやひめ)だと伝承されていますが、もっともっと大昔は富士山そのものが神様として人々のこころにあったとも言われています。性別不問の富士大神さまのおわします不二の山ですね。 世界的に著名なアメリカのチャネラー(霊能力者)、リサ・ロイヤルさんは、宇宙霊との交信で「日本の富士山は地球のクラウンチャクラ」と知らされたそうです。人体には大別で七つのチャクラ(生命エネルギーが出入りするポイント)が背柱線とその線上にあります。クラウンチャクラは百会・頭頂部、第七チャクラで、霊的な源との接点となる重要なチャクラです。宇宙の霊的なエネルギーは最初に富士山のゲートを通して地球に伝わる。リサ・ロイヤルさんはそう伝えられたとおっしゃっています。 ちなみに地球の第一チャクラ(会陰部)は中東のシナイ山、第二チャクラ(丹田)はブラジルのアマゾン、第三チャクラ(鳩尾・みぞおち)はアフリカのキリマンジャロ、第四チャクラ(ハート)はハワイ・マウイ島のハレアカラ山、第五チャクラは(喉元)はアメリカ北カリフォルニアのシャスタ山、第六チャクラ(眉間)はネパール、チベットのヒマラヤ山脈です。 富士山は大きくて美しい山です。富士山はただ美しいだけの山ではないようです。

10088309966 10088310050

|

« 家族、友人、恋人、みんな・・・涙 | トップページ | キレる子ども、キレるおとな »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522736/42417295

この記事へのトラックバック一覧です: 霊峰富士山は地球の第七チャクラ:

« 家族、友人、恋人、みんな・・・涙 | トップページ | キレる子ども、キレるおとな »