« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008年2月27日 (水)

故人一美さんを悼む母と子(三浦和義容疑者事件)

妻殺害疑惑の銃弾事件、元・フルハムロード三浦和義容疑者をロス市警が逮捕の報道でわたしの内なるスピリチュアルにひびいたのは撃ち殺された一美さん(当時28歳)のお母さん佐々木康子さん現在74歳、そして一美さんの遺児一人娘Aさんの心うちの叫びでした。一美さんには双子姉妹の清美さんもおられます。

「この仇をとってあげるからね、ずっとそうおもって生きてきました」 佐々木康子さん、テレビでは「私もこの年ですから最後まで見届けられるかどうか」とおっしゃっていましたが、20年前の康子さんを知る人は「うん、まだまだお元気だ、だいじょうぶだ、これからだ」とつぶやいていました。康子さんは24年前に夫の佐々木良次さんと二人で、『叫べ! 一美よ真実を』(双葉社)の本を出されました。 ある有名作家が数ある関連本でもっとも信用できる本と評価し、当時の人気キャスターがこの本を読んで最後の1行で感きわまり号泣した本です。その共著作者、良次さんは著作中はほんとうに血を吐きながら、泣きながら、また血を吐いて泣いて、意識のもどらない一美さんに代わってスピリチュアルな真実の声を伝えられ、著作を世に問い、そして娘一美さんの後を追うように亡くなられました。

この事件、日本のバブル時代を背景に、来る日も来る日も、テレビと週刊誌そして新聞をにぎわしました。わたしhiroyoの20代甘酸っぽくもほろ苦い恋の駆けおち&シナリオライター勉強時代ともダブります。個人的に親しかった方々でこの疑惑の銃弾事件の取材その他で関わった人もいますので、おいおい書かせていただきます。 手始めに一美さんの父(故人。佐々木良次さん)生前の声です。 「一美の周りはいつも友人などがいてワイワイと賑やかでしたよ。ですから私もできるだけ賑やかに陽気にワイワイさわいでやりたい。しかし、でもちょっと、、まだまだ、涙が出てしまって止まらなくなります。 思い出してしまうんです。 一美が好きだった霞草(かすみそう)、トルコ桔梗、バラ。。夏、静かな海岸線で水しぶきをあげて泳いでいた一美。こどものころから明るい子でよく笑う子でした」 ・ ・ ・ ・

子どもに先だたれた悲しみ。パパがママを殺したかもしれない苦しみ。 魂の縦の連鎖・・・家系、家族の連鎖に大きなひずみと亀裂をひきおこした罪科が再び裁かれようとしています。 この事件は28歳妻の意識混濁で保険金1億5千万円を手にしてセックスパーティーに戯れる非道ニヒルな男の生き方に「共感する一部マスコミと報道被害救援人権派サイド」が結びつき、対して悲しい「被害者サイドと応援マスコミ」という二者の対立という現代社会病理的な様相を露呈してきました。    (では、また)

10088576855

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月19日 (火)

スピリチュアル講座入門テスト?

あなたのスピリチュアル実践レベルをテスト(?)します。冷え冷えと冷える夜、または寒い朝、昼でも薄ら寒くてやりきれない寒い寒いとき、あなたの冷え切った手をあなたの胸もと、あるいは、お腹の上に潜り込ませます。

あなたの温かい肌の上にじかに大胆に置いてください。冷水で手を冷やして行えばなお完璧です。 答えをみるまえに即実行してください。

・ ・ ・
「ひぃ~、つつ、冷た~い!!」 と叫びます。たいていは・・・。でも

・ ・ ・
「うわっ、あ、あ、温ったか、あったか~い!!」 と笑い声をはりあげたのが当処大子ども「X」です。

・ ・ ・ わかりますか。お腹の温かさが身にしみてわかる。冷たい手は温かいお腹の感触をよろこんでいるのです。 ・ ・ ・ もちろん「冷たい!!」「温かい!!」どちらが正解というものではありません。正しくは、どちらにでも感じられる・・・冷たい!!と「肌の側の実感」にもなれるし、また一方で、温かい!!と「手の側の実感」にもなれる。

自分の思いようで「冷たく」も「温かく」もなることを実感できればOKです。さらに、あらゆる出来事、事象もこれとおなじことであることに思いを馳せることができれば入門講座はクリアできたも同然ですね。

「正しい」「悪い」、、「キレイ」「きたない」、、「強い」「弱い」、、ものごとの捉え方は視点、観点、思いによって真逆にもなってしまう。絶対真実の正義などはどこにもない、さらには「どこにもない」という絶対真実もない、などという世界こそが、ありとあらゆる不可能を可能にかえるスピリチュアルワールドなわけですね。 ま、コ理屈はさておき、 まずは冷やした手を肌に・・・をやってみてください。おもしろいですよ。笑えますよ・笑う門には福来たる・日本的スピリチュアル用語は実感的で現世ご利益的で、いいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月16日 (土)

柳美里さん幼児虐待を占う

鎌倉在の作家柳美里(ゆうみり)さんの幼児虐待騒ぎを占ってみます。ヒマじゃねーんだよ、バーカッ! 糞野郎ッ! パーボ! ケーセッキ! シット! ファッキン! お節介女郎め! インチキ占い師め、と、純文学柳さまの怒声叱声阿鼻叫喚が隠里佐助の地まで聞こえてきそうですけれど。

8歳のお子さんを「あまりに嘘つきなので(そして次から次へと嘘をつきつづける)朝7時から15時までひっぱたきまくり、学校休ませ、罰として朝食も昼食も与えていません。」(2月4日・柳美里ブログ”今日のできごと”)と泣いているお子さま写真つきで、7時から午後3時まで(8時間)叩きまくったと書いたら、 幼児虐待ではと通報する方がおられて鎌倉市当局から、「児童福祉司が3人(男性2名、女性1名)もいらっしゃいまして、あがっていただいたんですがね、」(2月5日)となって・・・

これを嗅ぎつけた女性週刊誌が取材をはじめたので・・・さらに騒ぎに火がついて。

柳美里さんは1968年6月22日生まれ39歳。アラフォー!

本命星・五黄土星  月命星・七赤金星  宿命宮・震  空亡・子丑

神占気学でこの卦に透視をかけます。おっ、さすがです。霊的なピュアな志の高い精神性と真逆の現実、足元の日常レベルとの二律背反に葛藤する人生と出ています。抽象と具体という異なるようでしかしおなじ立面の行ったり来たりが柳さんの今生の課題、人生の目的です。五黄土星の方々によく現れる課題ですね(月命星などの組み合わせで異なりますが)。

この一見人目には苦しげな課題ですが、ご本人は苦しみよりは快楽人生を志向しているという自覚の可能性が高い。 思い切り苦しんで楽しんで果敢に暴れてください。ただし現在空亡まっさいちゅう(天中殺)に加えて歳破(凶)です。家系に絡む問題、たとえば相続問題などに悩まされます。この際ですからご先祖、家系ルーツに感謝し、敬虔なおもいを馳せることでお子さまの自損(爪切りで髪切りなど)行為も止まります。

いいお子さんです。柳美里さんとそのルーツを力づけるためにどなたかが転生されてきたようですね。 あ、幼児虐待なんてウソです。ウソも言葉にすれば信じる人がいれば真実という針小棒大的な作家的心象風景でしょうか。どんなにこころ平和なやさしいばかりのお母さんのこころの中にも悪魔悪霊の小さな芽がないわけではない。それを引きずり出して言葉にするのが作家の仕事です。女性週刊誌「週刊女性」は幼児虐待を嗅ぎつけたつもりで、どうやら、火にいる夏の虫、かもしれません。 柳美里さんは半端なケンカはしません。編集長と記者の実名あげて報復されています。 太田裕子……2006年6月に『すてきな奥さん』の編集長から『週刊女性』の編集長に就任。現在38歳、同世代じゃないかッ!!太田裕子、おまえが面ぁ曝して取材にこいッ!右も左もわからないガキぃ寄越すなガキをッ! (母子家庭の母親が出稼ぎ中に!!)わたしの家に張り込み、8歳のわたしの息子をつけまわし、それを記事にするならば、わたしのやり方で、おまえ及び『週刊女性』編集長の太田裕子に報復する。 関根計介、キンタマついてんなら、こどもつけまわさないで、こっちこい!カモカモカモーン!!

8歳の男の子と3頭の犬と8頭の猫の世話でてんてこ舞いしてんだよ、関根計介!!時間余ってんなら、犬猫のウンコとれよ、関根計介!!

・・・うっうう、この迫力!! 万分の一でも見習えば人生変えられるかもしれない。特にキンタマつているのかついてないのかわからないウンコ野郎のお方は参考にしてください。わたしも少しは見習ってみたいような気がしてきました・・・。さて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月12日 (火)

女性神主、舞って人の気配を消す

きょう2月12日、初午祭が全国のお稲荷さんで催されました。鎌倉佐助稲荷神社の女性神主さま(御霊神社神主兼務) お誘いのお言葉に最前列でお詣りさせていただきました。幽玄というか冥幻というか・・。目を閉じてこころしずかに視させていただくと鈴の音と衣の舞う風音だけのこして神主さまの気配が消えてゆきます。

人間としての気配がなくなるのです。霊です。 神霊の舞いに転化します。人が舞っているのではなく霊が舞っている。シャン、シャン、シャン、鈴の音は、厳かな霊の音霊(おとだま)となって現世のわたしたちの身にしみいります。神さまの世界ととこの世をつなぐ妙なる調べですが、神道の神さまは人間ではなく人霊でもなく、大自然の霊、であることを教えていただいているような神楽舞いです。

ちなみに初午祭とは、鶴ヶ丘八幡HP解説では、 「2月の最初の午の日は「初午」といわれ、京都・伏見稲荷大社を御本社にあおぐ全国のお稲荷様のおまつりの日で、このまつりを「初午祭」といいます。初午祭の起源については、和銅4年(711)2月初午の日に、稲荷の神様が伏見稲荷の三ヶ峰にご出現になられたので、この日を記念しておまつりが行われているといわれます。」とあります。

佐助の女性神主さまは、「お稲荷様は天から、天照大神さまから、授かった稲穂の神さまをお祭りするお社です。いろいろな神事の大元のはじまりと言えます」と遠い遠い古(いにしえ)におもいを馳せるようにおしゃっていました。 神占九星気学で午(うま)は天を意味します。初午(立春から初の午の日)祭はたいてい天の時刻(午)の午前11時から午後1時頃に行われます(近隣神社とダブらない多少ずらして行われる場合もありますが)。天、大自然、宇宙の神々さまとの関わりを象徴しているのかもしれません。 で、当処の影(!)に、どう思う? 初午祭の起源? と訊くと ・・・お狐さんがお午(馬)さんに乗って、ポコポコ、お現れになった日ですぅ・・・ とのことでした。信じる、信じない、信じる、、、う~ん、でも、おもしろくて覚えやすい説、もしかして、もしかするかもしれない、はるか遠い悠久なお伽噺のような話と感心するのは子煩悩ゆえのわたしだけでしょうか、ね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 7日 (木)

橋下徹弁護士(大阪知事)を占う

二つの図書館以外はすべて民営化! と叫ぶ橋下徹(はしもとおる)弁護士がきのう2月6日、大阪知事として初登庁しました。”大阪府は財政破産”という困った状況を特有のニコニコ笑い顔のまま宣言、熱く熱く、時間オーバー平気でトークする。ユニークといえばユニークです。この新しい政治キャラクターを神占九星気学で占ってみました。

おお、すごいですね。やります、ね、この人、かなり・・・。 福田首相に「あなたのようなすごいオーラはわたしにはない」と言わせただけのことはありそうです。この先々の先に東国原宮崎知事あたりと連携すると・・・・国政でも新勢力になるという観測もあるとか。・・・・わかります、わかります。

本命星・四緑木星  月命星・四緑木星  宿命宮・震  空亡・申酉

上に上に伸びる木、さらに伸びようとする緑の大木(四緑木星)の本命と月命ダブルのうえに勢いつよい宿命宮震(龍)です。勢いの良さがトリプルです。しかも2008年は空亡明け2年目でさらに上昇機運の年回りになっています。当分は思うがままにやってください。占い師の出番ではなさそうです。ただ、老婆心(老娘心?)で一言、 理想の実現がこの人の魂の目的ですが、陥りやすい欠点は足元の現実との乖離です。根元の軟弱さに目もくれないで「上へ上へ」伸びようとすると倒れます。現実を見つめるということは現実を受け入れるということです。肯定してください。現状を完全否定するのではなくて、まず肯定し、その後に肯定した現実のどこをどう改革するかを決める。

ああ、こんな説は、やはり老婆心にすぎませんね・・。橋下知事は、じつはそんなことも解って動いています。どうぞご自由に存分におやりください。でも、もう一言、 家庭内、家族間に軋轢の卦が出ています。家庭も足元の現実、とても重要な現実ですので重要視してください。・・あ、もう一言、橋下弁護士「魂の目的」の理想は「幸福」です。幸福が彼の理想です。それは素晴らしい。でも、幸福という永遠のテーマもさることながら、大切なのは、 多くの人々は「気持ちいい」「楽しい」という”瞬間”の心地よさの連続を求めて生きているということです。この瞬間の、刹那の心地よさを否定したり、忘れては理想という「上へ上へ」の実りもありえないのです。

あ、ああ、どうも余計なお節介でした。では、また。あ、もう一言、いいですか? はい、今回の知事選挙で東京マスコミが優勢と応援した民主党推薦候補が敗れたのは、「瞬間の心地よさ」で橋下弁護士にはるか及ばなかったからです。 瞬間の気持ちよさを刹那快楽と否定的に捉えるのはやめましょう。 とても大きな力、スピリチュアルな奇跡は瞬間にしか生まれない。瞬間の楽しさを大切にしてくださいね。何かに行き詰まっている人は「瞬間の楽しさ」を忘れていないかどうかをチェックしてください。今を楽しく生きられない人に幸福はこない。これは宇宙の絶対法則ですからね。。やはり、余計なお節介? かもしれないとおもいつつ。

10088576854_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 3日 (日)

佐助稲荷神社、雪景色

hiroyoでございます。家庭内「水行十日間」、きょう未明に満願となりました。ありがとうございます。室内とはいえ夜明け前の冷え冷え冷え水が毎朝、毎朝、全身の肌を流れすべる感触はう~っと気合いが入ります。でも、きょうまでです。 おりしも外は湘南鎌倉では希な雪景色となりました。

5年前の大雪のときは大はしゃぎで葛原岡神社拝殿前の雪のうえにバタンと倒れ寝そべり「人型」マークを残し、神さまにきつくお仕置きをうけました。 ですので、きょうは真面目に(でも心うきうき)当家から歩いてすぐの「相州鎌倉隠里」佐助稲荷神社へ水行満願報告を兼ねてお詣りさせていただきました。

伊豆に流されていた源頼朝の枕元に相州隠里在の白髭の老人姿の霊体があらわれ挙兵をうながしたと言われ伝えられています。天下をとった頼朝が御礼参りでご神体岩くらの下部にお社を建立されたのです。 規模は小さい神社ですがはるかな古(いにしえ)を感じます。縄文時代までさかのぼる神々さまの素朴な飾り気のない柔らかな匂いに抱かれる心地よさを感じます。

誰もいないはずの境内未明に祝詞をあげる声が聞こえたりするときもあります。冗談をいいつつ石段を上がっていたある霊能者は「おい、こらぁ」とご神体の叱声を聴いたそうです。 拝殿の奥にある本殿前の鳥居が新しくなりご神体の発される波動もいちだんと高くなっています。 御祭神は宇賀御魂命(うかのみたまのみこと) 大己貴命(おおなむちのみこと) 佐田彦命(さるたひこのみこと)  大宮女命(おおみやひめのみこと) 事代主命(ことしろぬしのみこと)。 学業成就、大漁満船、病気平癒、商売繁盛、のありがたい霊験をいただけます。

恋愛成就は朱い鳥居が並ぶ手前、下の社務所前にある「縁結び十一面観世音菩薩」(徳川時代に足柄郡の尼寺から移設された)のご縁のようですね。秘仏・十一面観世音菩薩は年に一度春にご開帳されますが、その当日には秘祭「女限定の観音講」が催されます。 つつまやかな秘祭ですが、もし参加希望の女性がおられましたらご遠慮なくわたしhiroyoまでご連絡ください。

10088576852 10088576851

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月 2日 (土)

水子供養の方法その一つ

”母”hioyoお仕事中につき、陰スタッフ「X」の恒例(降霊?)ブログジャック・・「反省する女性とXの対話」、彼女Aさんのバスト、ウエスト、ヒップなどは”母”くらいとおもいます。くすくす笑い。

A(女性)・・・・X(ぼく)

A あのね、私、独身時代に・・。水子供養、したほうがいい?

X なんだ、そんなこと、悩まなくていいですよ

A えぇ? ぼく、気にならないの?

X うん、過去のこと、いちいち覚えていたら、きょうのことが頭に入らないもん

A ずっと秘密にしておきたい。でも心にひっかかる

X じゃ、いい方法をアドバイスします。ちゃんと、実行します?

A もちろん。言って言って

X お答えします

A       

X 謝りなさい! 反省しなさい! 自分一人だけで

A ・・・あ、あ、はい

X しかし自己反省はだめです、自己反省は効果ない! 謝ってください

A ???・・・あのぅ

X 自己反省は反省が内省になり  内へ内へ心のうずが巻き巻き  根暗な霊さんたちが次々寄ってきます  浮遊霊が一緒に反省しようとします  これでは自己反省の鳴門海峡うず潮です  求心力がつよすぎて鬱になってしまいます  人は人を救えない

A ・・・

X 宇宙の神々さまに、すべてを語りかけ  神々さまに謝りなさい  自己を省みる反省はやめて、大きく大きく深く深く  神々さまの前で神々さまに向かって  反省を差し出してください  差し出してください  お天道様、神さまはみておられます  お天道様に伝わればそれは宇宙の存在すべてに伝わるのです  神々さまは明るく笑う人をお好みになります  謝り、そして  あなたの最高にお気に入りのあなたの笑顔を  神々さまに差し出してください  そうすれば   許しますと言っておられのが魂でわかります 謝り方の例文。
・・私、○○です。むかし○○年○○月○○日に、恥ずかしながら●●●をしてしまいました。神々さまに深く深くお詫び申し上げます。心から謝ります。・・ これを三度、くり返し、さらに、 ・・どうか、こんな私に、光をお届けください、お願いします・・ と三度言い、最後に、 ・・ありがとうございます、ありがとうございます、ありがとうございます ・・で締めくくる。あくまで例文です。オリジナルな言いやすい言葉で言ってください。胸になにかグッとくるものを感じたりすればそれは神々さまがお聞きになっている証拠ですから、ね。どんな罪科(つみとが)にも応用してください。

後日、彼女Aさんはぼくに明るい笑顔をみせてくれました。 謝ったとき、Aさんの頭上にきらきら光る光が降りてきて白衣の神主さんのような姿もみえたそうです。^^ぼくがヴィジョンで送ったんです^^。。あ、まずい、こんなこと自慢げに言っては”母”に叱られます。反省させられ、ます。では、また、ね。 (HPアクセス新記録:鎌倉佐助ぜんとうひろよ公式サイトHPがページビュー1万1千33,ヴィジト2千148=1月30日。人気ブログ「つれづれなるモナカ」様のお陰さまです)

写真は当家ミケちゃんではありません。→[リマ 31日 ロイター] 当地のビーチで31日、飼いネコがサーフィンする姿が見られた。1カ月ほど前からサーフィンを始めた雌ネコのニコラサはこの日、飼い主の友人でサーファーのドミンゴ・ピアネッツィさんとともにロングボードに乗り、サーフィンを楽しんだ。・・・当家ミケちゃん「木登り」と「ヒーリング」はできますが、サーフィンはできないでしょう・・「いやよ、そんなもの・・」とニャン語で言い、クシャ、クシャ、クシャンと鼻ひきつらせてクシャミしました。ミケちゃん専用ストーブの前で寝てしまいました。

10088576849

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »