« 世襲への非難には反対です | トップページ | 奇跡の実話・・世にもふしぎな”母”へ感謝。 »

2010年10月25日 (月)

漫画(マンガ)で読む「高野聖(こうやひじり)」 

先の住職継職奉告法要に近江へ帰郷したおりのことです。年長の従兄弟(いとこ・お寺の住職)が言いますには、「ひろよちゃん、息子の栄順が漫画家デビューしおったのや」。え、あの栄順ちゃんが・・しばし、びっくり。お坊様になっているはずの彼が・・杲栄順(ひのでえいじゅん)ちゃん、ちゃんは失礼ね、30歳ですからね、杲栄順さん漫画家デビューおめでとうござます。うれしいです。マンガ「高野聖」(泉鏡花原作)おもしろかったです。

Epson0021_2 

原作の味を損なわず、かつわかりやすくおもしろく、一気に読みました。

「杲」と書いて「ひので」と読める人は普通はいないでしょうね。でも彼の本名です。浄土真宗仏光寺派寺院の代々住職の家系です。”日の出”といううペンネームはいかがとお節介の遠縁おばさんは思ったりしますが、泉鏡花という明治調古文体文のコミックには「杲(ひので)」という難読名前もあいふさわしいかもしれません。30歳で漫画家になると誓ってその通りになったのですから、さすが・・上人さま(親鸞さま)のお功徳・・いえ、ま、^^。

「高野聖」は僧侶に生じた煩悩(欲望)を俎上に、決して否定はできない欲望(煩悩)が生じせしめる妖怪変化、魔界と現界の混然とした生命の力を謳歌している、ようにわたしにはおもえます。おもしろいです。

”人間の欲望を否定しては人間の力は萎える”

・・煩悩積極肯定の愛染明王さまのお伝えです。

パワフルに活き活き生きたい人はどんな類の欲望でもいいですから欲望の炎を燃やしつづけて生きましょう。ただし、その欲望が刹那(せつな)せつなの、手短な直近の目の前のごはんばかりでは、「高野聖」にありますように、欲望入手のあとは、山深い孤屋(こや、一軒だけの家)の周りで野孤や狸や馬や蛙やフクロウや蛭(ひる)に変化し、人間として活き活き生きることはできなくなってしまう。わ、こわい? それとも・・それでもいい?。

活き活き生きたい人にお伝えします。あなたの欲望の糸をぐんぐん伸ばし天界の神さま仏さまに繋(つな)いでください。そうすれば、あなたの願い(欲望)は、世のため人のため、あなたのためになる甘露の雨、あまねく降り注ぐあなたへの快楽の雨となって降りてきます。

杲栄順(ひのでえいじゅん)さんの漫画、おもしろいです。

|

« 世襲への非難には反対です | トップページ | 奇跡の実話・・世にもふしぎな”母”へ感謝。 »

有名人スターを占う」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 漫画(マンガ)で読む「高野聖(こうやひじり)」 :

« 世襲への非難には反対です | トップページ | 奇跡の実話・・世にもふしぎな”母”へ感謝。 »