« 漫画(マンガ)で読む「高野聖(こうやひじり)」  | トップページ | 奇跡を呼び込む方法 その1  »

2010年10月30日 (土)

奇跡の実話・・世にもふしぎな”母”へ感謝。

「X」です。ご無沙汰いたしております。いえ、はじめまして、とご挨拶するべきなのか、いえ、数名のお人さまやもろもろの霊さまにはお見知りおきいただいています。やはり、いや、ま、えい面倒な、あ、大こども「X」でございます。ひろよ”母”の説では、ぼくのお父さんは神さまだそうです。”母”は神さまとのお子を懐胎?ムニョムニョですよ、ね? ですから、奇跡の数々も当たり前というべきなのでしょうか。

数日前のことです。ぼくは”母”ひろよの お奇跡のお力 を目の当たりにしました。目の当たりとは「目の辺り(広辞苑)」「目の前で(明鏡国語辞典)」ですが、このたびの奇跡はぼくの「目」に起きた世にもふしぎな本当の話、実話、目の当たりにした「ぼくの左目」の奇跡です。目を開いてお読みください、目。あ、話、長くなりますので、この手の話に目の暇をとりたくない皆さまは、さようなら、お元気で。いつか、また、お会いしましょう、目。

さて、それは・・・

秋の長雨の晴れ日ねらいで富士山へ一人遊びに出かけました。10月27日水曜日です。朝8時ごろにクルマで富士宮ルート五合目到着。残念ながら雲厚く、風強く冷たく向かい風で息が詰まり呼吸困難、体が風にもってゆかれ浮き上がったりの愉快な一人登山でした。登山路はあちこち凍っていましたが、標高2800メートルで雲を抜け、天空は澄み切った青空です。もちろん山頂(写真)は氷点下です、大好きな山頂昼寝はできませんでした。

Cimg09941_2

五合目に降りてきたのは午後3時過ぎです。朝の雲は消え快晴です。山全体の木々に付いた水滴が氷結し、山全体が夕日を背に白く白くひかっています、冬景色への変化がはじまっていました(写真)。強い夕日を避けるためにクルマに置いてあったサングラスをかけました。わ、わぁ、まぶしい、なんだぁ、これぇ、わわ、まぶしい、

Cimg10031

異変が起きたのはこのときです。

夕日に向かいクルマを発進させた、そのときです。10数メートルで急ブレーキをかけクルマを車道隅に寄せました。左目がよく見えないのです。左目のサングラスに何かの汚れがついたのかと、サングラスをウエットティッシュでぬぐいハンカチで拭き、再び発進させましたが、またまた急ブレーキです。左目がヘンなのです。サングラスをとり、右目を閉じてみましたら、ありゃありゃ・・左目全体に白い紗(しゃ。うすぎぬ)をかけたような感じになっています。きちんとは見えなくなっていたのです。左目が、突然の白内障?! まさか、でも、見えない! 突発性、急性白内障!? じわじわ進行していたのに気づかなかったのではないか。う~ん、どうしよう。

迷わず帰宅です。幸い右目は見えていました。右目だけで急坂、ヘアーピンカーブの連続を下るのは刺激的でしたが、ぼくにしては慎重に慎重に下り、御殿場インターを目指します。途中で急に不安になったのは、このまま左目が見なくなったら、運転免許の更新が不可になってしまうのではないかと考えたときです。クルマは生活の足、ではないにしても、遊びの足であることはたしかです。遊びなくしてなんの人生哉、嗚呼(ああ)。いやぁ困ったな、弱ったな。思い立っての富士山お山遊びができなくなるぞ悲し、嗚呼。わわああ、こうなったら、も、やけくそだ、失明の秋ふかし、嗚呼。・・などなど煩悶のうちに1時間少々で御殿場インターを入ります。夕暮れです。夕闇が近づいてきます。

左目に眼球の底の方から痛みが上がってきます。痛い。左目が痛い。痛いのは苦手です。痛さには弱いのです。御殿場インターからあっという間の足柄サービスエリアにクルマを入れて一休みします。ああ、どうしよう。いや、しかし人生は繰り返す絶望との闘いである、うん、そうだ、困難にくじけては成功はあり得ない、ここは現状を受け入れて早くお家に帰ろう、そして明日の朝早くには全館リゾート風のおニューな鎌倉湘南病院に行こう、うん、そうだそうだぁ・・・痛みこらえて♪~、そのときです。お家に電話したら? あれ? うん。そうだ、そうしよう。幻聴のような幻想のような夢想のような夢想ではないリアルな感覚がやってきました。

買ってもらたばかりのdocomo携帯ソニー・エクスペリアを取り出します。

「もしもしぃ。ぼくです。左目が見えないんだぁ、痛くて痛くて」
「はいはい、どうしたの?」
「コレコレ、かくかく、シカジカ、ああなって、こうなって」
「夕日、きれいだったでしょう」
「いや、まぶしくって、なんだこりゃあ、とにらみつけたんだ」

「ま、それよ、それ! あやまりなさい」
「?? 」
「夕日さん、きれいです、うつくしいです」
「??」
「にらむのは失礼です夕日さんに。だから、”ごめんなさい、夕日さん、夕日さんはきれいです、うつくしいです”と今すぐに言いなさい」

「夕日さんはきれいです、うつくしいです! きれいです、うつくしいです!」

「そう、そうです。だいじょうぶですよ、もう」
「だいじょうぶ?」
「よくよく夕日さんに謝り感謝しなさいね。・・あ・・それから。。インタ-でゆっくり休みなさいね。ね」

”母”との通話を切ってから大声で言いました・・「夕日さん、ごめんなさい。憎くてにらみつけたのではないのです、あまりにうつくしくてきれいだったので、目がくらんで目を閉じてしまったのです。ごめんなさい。うつくしくてきれいな夕日さん、ありがとうございます」・・。

おやぁ、気分が軽くなります。痛みがやわらぎます。速効です。おや、おや。さらに”母”の言うとおりに休憩を長めにとります。ついでに足柄肉うどん600円をいただきます。これが美味しかったのです。そしてクルマに戻ります。もう日没です。夜です。エンジンキーをひねり、発進です。フロントガラスの向こうに目を向けます。びっくりです。

目が、左目の白濁が消えています。

左目が見えた。くっきり見えた。
左目が見えた。くっきり見えた。

足柄サービスエリアから厚木インターまで約30分、ずっと右端の走行車線を浮かれ浮かれですっ飛んで走りました。お”母”さん、ありがとう、ありがとうございます。心の底から愛の花束をささげますぅ。一生涯かけての御礼献金を申し入れましたら、きれいな100円玉一つ貯金壺にいれてください、と。わ、ありがとうございます。

|

« 漫画(マンガ)で読む「高野聖(こうやひじり)」  | トップページ | 奇跡を呼び込む方法 その1  »

8 霊能力 スピリチュアルヒーリング」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奇跡の実話・・世にもふしぎな”母”へ感謝。:

« 漫画(マンガ)で読む「高野聖(こうやひじり)」  | トップページ | 奇跡を呼び込む方法 その1  »