« 夜の守り。日の守り。 ご神霊のお力 | トップページ | 漫画(マンガ)で読む「高野聖(こうやひじり)」  »

2010年10月19日 (火)

世襲への非難には反対です

Dscf16411_2

いっとき世襲への非難がかまびすしかった。いまでも世襲批判を繰り返す人もおられるようですが、とんでもありません。畏れおおくも皇室を仰いでもわかりますように、うつくしき世襲は日本という国の文化文明の底に立つ、うつくしい心のみ柱です。世襲は継承です。継承が切れ切れになると文化文明は基部から砂崩れを起こします。この国のかたちの存続、”おほおみたから”(国民)の健やかな繁栄を希求される方はぜひ世襲という苦労多い継承をご理解ください。お願いいたします。

継承する資産はない、物はない、子がいない・・と無関心にならないで。たとえ文字通り裸一貫であっても、引き継ぐ子どもがいなくても、あなたは遠い親、祖先のその先の先の神々さま仏さまの「霊」の分け御魂です。霊はかならず、どこかでだれかに引き継がれる霊となります。その霊(命の素)を悲しめたり怒らせると障りになります。

鎌倉kamakura佐助のHiroyoでございます。四日間留守不在でご迷惑お詫びいたします。その間は生家のお寺で行われた「住職継職奉告法要」・・院主(いんじゅ・住職)引き継ぎの儀式・・に参加していました。わたしの実父住職(八十六歳)から甥(故・兄の長男二十七歳)への引き継ぎです。世襲です。実兄長男が若く亡くなりましたので86歳と27歳という年齢の開きがたくさんの引き継となりました。よかったとつくづくおもいます。

かつて継承まぎわだった実兄が不意に亡くなって二十年たちます。父や兄嫁や甥の姉妹、その他たくさんの人たちが、この日の来るのを待ちに待っていたのです。十年前、ふいに旅に出て戻らなかった甥・・あの甥が・・。兄の霊が泣いてよろこんでいました。わたしも、もちろん、です。老爺になった父の声もかなしみを越えた嗚咽を含んでいました。

Dscf16431

奉告法要は読経に始まります。

①まず、旧院主(父86歳)が阿弥陀如来さまの前でお経を奉ります。
②次に、旧院主が阿弥陀如来さま、ご先祖の住職方、参列の方々に、新院主に引き継ぐ旨のご挨拶を申し述べます。「・・四十年間つめさせていただきました・・」。
③次に、新院主(甥27歳)が引き継ぎ宣言します。「・・がんばります・・」。
④次に、新院主(甥27歳)が阿弥陀如来さまの前でお経を奉ります。

⑤さらにこの継職法要に併せて五十年に一度の「蓮如上人遠忌法要」。村内を色あでやかな七条袈裟の僧侶や門徒役員一同や家族、稚児が練り歩きます。
⑥さらに翌日、年に一度の「親鸞上人報恩講」が行われました。

Dscf16261

Dscf16401

なんのために生まれてきたのか。答えは一つではありませんが、その一つはこの世の次の世代になにかを引き継ぎ渡すために生まれ生かされています。

|

« 夜の守り。日の守り。 ご神霊のお力 | トップページ | 漫画(マンガ)で読む「高野聖(こうやひじり)」  »

4 事件 話題」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世襲への非難には反対です:

« 夜の守り。日の守り。 ご神霊のお力 | トップページ | 漫画(マンガ)で読む「高野聖(こうやひじり)」  »