« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月28日 (火)

片山右京さん復活を九星気学で読み解く(占う)

さすがです。片山右京さん、南極大陸最高峰ビンソンマシフ(4892m)の登頂に成功されました。27日午前2時(現地時間26日午後2時)だそうです。うれしくて、居間キッチンで一人で拍手しました。

昨年12月http://z-hiroyo.cocolog-nifty.com/blog/2009/12/post-d86f.html、仲間2人を失った痛手からの再生復活のメモリアル登頂です。おめでとうございます。

今回の南極では、一週間つづいた暴風雪を高地テントの中で耐えての成功です。すごいですね、F1レーサー現役時代は”カミカゼ右京”と呼ばれた反射神経の塊のような彼がひたすら動かずに我慢する。わたしだったら・・(笑)、三日も閉じ込められたら、四日目の天候回復では”それっ”と一目散に下山、逃げ帰り、脱出成功をお祝いします。

1963年(昭和38年)5月29日生まれ、片山右京さんの南極大陸最高峰登頂を九星気学で読み解きます。

本命星・一白水星  月命星・五黄土星  宿命宮・坎  空亡・戌亥

昨年12月は月盤では吉方位なしの凶づくしで坤(幽霊)の気配も出ていました。アドベンチャー(冒険家)には凶の気を吹き飛ばす巨大な力を持つ鬼神さまの応援を得る方法もありますが、それはさておき・・・。登頂成功のこの12月は本命星・一白水星が真ん中、中宮に回座しています。市販の九星気学暦(こよみ)などでは今年12月は運気後退などと解説されていますが、これは一般論です。

わたしhiroyoはこれを吉凶分かれると読みます。

中宮は玉座です。玉座にふさわしい人物にとっては、あるいは玉(帝王、王様)のような行動、軽挙妄動せずに周りを動かせる振る舞いが出来ると大吉と読みます。一週間の暴風雪に動かず・・片山右京さん、さすがです。玉の座にふさわしい動きでした。おめでとうございます。おせっかいな老婆心でつけ加えますと、祖神さまとのご縁を今少し心がけて欲しい、と右京さんにまつわる幾人かの女性霊が心配されています。祖神とは、片山家のはるかなご先祖の出生でもある氏神さま及び産土(うぶすな)神さまの系統ですね。右京さん叩き、右京バッシングを狙っているマスコミもいます。ヒーローは持ち上げるより叩くほうが売れるからですが、困ったものです。でも右京さん、ますます頑張ってください。右京さんの”目立ちたがり”な性格が右京さんの霊的な短所を現在のところ見事にカバーしています。

右京さんのビンソンマシフ登頂成功を昨年富士山で亡くなられた仲間お二人の霊が泣いて喜んでおられます。

登山趣味の当家大こども「X」も感動きわまってアマゾンで片山右京著書を2冊連続でワンクリック注文していました。お祝いのつもりかもしれません。・・でも、ン? その一冊「女性に贈る運転上手へのコツ」(片山右京)・・女性? Xはまぎれもなく男の子のはずですが・・ま、いいか、深くは問わないことにしましょう。お祝いのつもりでしょうから。

ところで2011年(平成23年)版、九星気学を九星気学メインのHPで公開しました。
http://homepage3.nifty.com/tomohiro-z/index.html

あくまで一般的な傾向ですが、ご参考までに。けっこう当たっているとの評価も多数いただいております。もちろん複雑な問題は専門家におまかせください。では、また。

| | トラックバック (0)

2010年12月21日 (火)

ありがとうございます、○○さま

ありがとうございます。hiroyoです。○○さまからのうれしいお便りです。30代女性です。病院婦人科で子宮筋腫治療中に腫瘍マーカー数値が急に高くなり、右側の卵巣が腫れてきてご本人は不安高まり、hiroyoに相談されました。幾つかのアドバイスを○○さまに実践していただきました。

以下、お便りです。

福乃神葦原中津国媛玉籤 先生

拝啓 落葉の候いかがお過ごしですか? 私はとても元気です。

さて、先日 婦人科の定期検診に行って参りましたが、右側(卵巣)は正常の大きさに、血液検査では数値が正常という結果でした。素晴らしい結果です。

日々の奇跡を目の当たりにし感動と感謝に涙がこぼれました。本当に嬉しいです!

この結果を得られたのも媛玉籤先生の日々の全力でのお導きのお陰です。心から御礼申し上げます。これからも精進して参りますのでご指導の程よろしくお願い致します。

お仕事もお忙しいとは思いますが、お体ご自愛下さい。 敬具

銀座鳩居堂のシックな葉書です。居住まいただして書かれたようすが伝わります。文中の「正常の大きさ」「正常と」の横に小波ぎざぎざ赤線が引かれています。

気持ちを落ち着かせていねいな文章を書いたけれど、押さえきれないうれしさが小波の赤線となって現れた・・・。hiroyoもうれしいです。

何よりもうれしいのは○○さまの継続性のあるがんばりです。このがんばりは彼女の陽性な明るさ、楽しさが引き出すもの(雰囲気)への神々さまからの賜りものなのです。

ありがとうございます。

Cimg13731 天国寿二歳

| | トラックバック (0)

2010年12月 7日 (火)

中国製は、もう”やめチャイナ”!!(笑)

”母”hiroyo集中ニコニコ笑顔中につき (こういう笑顔で何かを誰かを一所懸命に祈っていることが多々あります) 、いつも夢のなかアッポな大こども「X」(ペケではないエックス)がしずしず登場です。鎌倉の大船に上質宣言「ファンタス」という上質品主体の家具店があります。展示場に向かうエレベータに貼ってある宣伝ポスターがおもしろくて笑いました。

中国製家具は、やめチャイナ。

やめチャイナ、やめチャイナ(笑)、口癖になりそうなフレーズというか、キャッチコピーですね。こんなどぎつい大文字で書いてはいません。よく見ないと見落とすくらいの小さい小さい小文字ひかえめ明朝ですが、ぼくの視界にはとても大きく写ってしまいました。爾来(じらい)、どこのお店でもどのような商品でも原産国表示で「中国」とか「チャイナ」をみると、

もう、やめチャイナ!

中国製○○を買うのは、もう、やめチャイナ!

もう、やめチャイナ!

というフレーズがぼくのアッポな頭の中をかけめぐります。芭蕉先生の「旅に病んで 夢は枯野を かけめぐる」ではなくて、「もう”やめチャイナ”が深層心理をつつきまくる」ようなのです。おかげで鎌倉駅前島森書店隣接の登山用ウエアなどの専門ショップ「ノースフェース」で気に入った冬用のあったかパンツのタグに「中国」とあったので買い損ねました。カメラの○○でデジカメケースを買おうとしましたら、わ~、ぜ~んぶ~、メイド イン チャイナ、中国産じゃないですかぁあ。・・・しかし、ウエルカム・ジャパン、つまり中国人観光客さま御用達、歓迎コーナーの

真横についにありました。日本産のデジカメケース。中国人観光客さまが日本産を買い、日本人が中国産品を買うのは、もう”やめチャイナ”!!(笑)。いえ、ま、あのその、中国産品ご愛用の方々は、どうぞ、気になさらないでくださいね。ただ、その、あの・・・チャイナが日本の領海内にある島(尖閣諸島)を盗りに来て、あげく中国国内では反日デモをパトカー先導で行ったり日本製品不買運動デモをチャイナ共産党があおったりという時局緊迫にかんがみますと、まことにタイミングの良い、”もう、やめチャイナ”でございます。

お断りしておきますが、上質宣言「ファンタス」家具がこのコピーを小さく添えて宣伝を打ったのは8月のようですね。

http://www.francebed.co.jp/weblog/fantas-k/

最近のホームページには出てきません。先見の明というか・・チャイナが尖閣や沖縄に手を出すという情報はこの春先から流れてはいました。その理由は・・・おっとと、ここは霊能コンサルタントhiroyo先生のページですのでこれ以上の出しゃばりは控えます。「母」hiroyoさまは非難の応酬というマイナスの応酬は不毛だと嫌いますので、ね。でも、

でも、

ぼくは知っています。「母」が嬉々として上質宣言「ファンタス」で家具を二つ買いました。小さい小さい家具、書類整理タンスを二つ。国産の楢(なら)材です。きれいな楢です。がっしりした楢です。角かどがうつくしいです。柔らかみがあります。やまとの香りがします。製品に作り手の丹精がこめられています。よろこびの波曲線が醸しでてきます。ありがとうファンタスさま、新しい社長さま、従業員さま。「午後4時までにお届けします」の連絡をいただきながら「母」は自宅を留守にしたまま・・・いったん従業員さま2名は製品ごとトラックでお帰りになり、夜、もう一度トラック便で2名でお届けに来てくださったのです。

しかも親切丁寧だった。家具の置き場所にあわせて家具保護テープ(滑り移動兼用)をきりぬき貼り付け、その新品家具だけを置いて、ひも類をふくむ一切の梱包品はすべて持ち返ってくださったのです。さすが、です。

当処の一員となった楢材家具もうれしそうです。

| | トラックバック (0)

2010年12月 4日 (土)

お知らせ

土曜日・4日、日曜日5日、月曜日6日は、不在です。

メール、留守電などへのお返事は7日(以降)になります。

申し訳ございません。よろしくお願いします。

             鎌倉佐助 ぜんとうひろよ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年12月 1日 (水)

秋篠宮殿下 同妃殿下 ありがとうございます

29日に開かれた「議会開設120年記念式典/参議院議場」で天皇陛下、皇后陛下のご登場を起立したままお待ちの秋篠宮殿下、同妃殿下に対して「早く座れよ、こっちも座れないじゃないか」と民主党の前国家公安委員長中井洽(ひろし)現在衆院予算委員長(68)がヤジを飛ばしました。

・・・え? まさか?  

秋篠宮殿下 同妃殿下 ありがとうございます。お二人は議場に入られてからおよそ五分ほど起立されたまま両陛下のご登場をお待ちになりました。式次第ではいったんご着席になり、その後また起立される手順になっていた。だから、つぶやいた・・と民主党の前国家公安委員長中井洽(ひろし)衆院予算委員長(68)は弁明しているそうです。許せません。

そも、この式次第が疑問です。

天皇皇后両陛下を式典会場で座ってお待ちなどはしたくない。秋篠宮殿下 同妃殿下はそうおもわれ、口にはもらされずに、御自らのその態度でわがやまとごころの礼節を国民の前でお示しくださったのです。そのお姿、秋篠宮ご夫妻のお二人の柔らかなお姿をこうして仰ぎみられる日本人であることの幸せをわたしは感じます。ありがとうございます。

当日の式次第は次のようなもので国会議員すべてに配布されました。

----------------------

「式典の進行について」

記念式典の進行につきましては次のとおりとなっておりますので、ご参列の皆様にはよろしく御協力をお願いいたします。なお、式典進行のための場内放送は行いませんので、お含みおき願います。

秋篠宮同妃両殿下が式場にお入りになります。皆様には御起立を願います。

秋篠宮同妃両殿下が着席されます。皆様には御着席を願います。

天皇皇后両陛下が式場にお入りになります。皆様には御起立を願います。

国歌が吹奏されます。吹奏後、皆様には御着席を願います。

衆議院議長が式辞を述べます。

参議院議長が式辞を述べます。

天皇陛下のおことばがあります。皆様には御起立を願います。

衆議院議長が天皇陛下からおことば書を拝受し、元の位置に戻ります。

このあと、皆様には御着席を願います。

内閣総理大臣が祝辞を述べます。

最高裁判所長官が祝辞を述べます。

天皇皇后両陛下が御退出になります。皆様には御起立を願います。

秋篠宮同妃両殿下が退出されます。

これをもって式典は終了といたします。

--------------------------

この式典会場でもう一つの不調和音は自民党の逢沢一郎国会対策委員長(56)の携帯着信音が粛々とした会場に流れたことです。やってはいけない、ふつつかな失敗です。しかしこれは、わたしやあなたも、やってしまいかねない、やってはいけない恥じ入るばかりの粗忽(そこつ)です。バカ者です。日本の神々さまは時代がつくりだす新しいものものを愛(めぐ)され、よろこんでおられます。携帯ももちろんです。自民党の逢沢一郎国会対策委員長の失敗は場が場だけに大失態ですが、これは、うかつなミスといえます。恥じ入る旨の謝罪は必要です。神社神殿での謝罪をおすすめします。

一方の民主党中井洽(ひろし)衆院予算委員長のヤジは、うかつではすみません。わたしやあなた、多くの日本人なら100%犯さないはずです。自民党の逢沢一郎国会対策委員長の着信音うっかりミスは即日マスコミでも報道されましたが、この民主党中井洽(ひろし)衆院予算委員長のヤジはすぐには表面化しませんでした。

不敬なヤジが明るみにでたのは、みんなの党の桜内文城参院議員(45歳)がご自分のブログで「学級崩壊とはよく耳にしますが、これでは「国会崩壊」ですね。同じ国会議員として、とても恥ずかしく思います」と犯人の名前を伏せて書いたからです。これを産経新聞が当初はやはり名前は伏せ、ついには実名報道をし、明るみにでました。

皇室がからむことはできるだけ口にもしないという高貴なものへのタブーは日本人のなかにはあります。日本に住む人の日本精神を支えるパラダイム(思考の枠組み)にもなっています。この沈黙のなかでみんなの党の桜内文城参院議員はあえて勇気をもって書かれた。それがなければ式典は着信音ミスという以外は大きな失態はなにもなかったこととして終わったでしょう。

桜内文城参院議員の勇気は尖閣ビデオを公開した海上保安庁職員の勇気とおなじです。海保の職員さんの勇気を心から祈り支えたようにみんなの党の桜内文城参院議員の勇気を心で祈り支えたいとおもいます。みんなの党、渡辺代表、ほか党員のみなさま一致して桜内議員を支えこの問題をうやむやにさせないでください。自民党ほか野党のみなさんもお願いします。また民主党のこころある方々にも、この一件に蓋(ふた)をしたり、姑息な逃げを打たないようにがんばっていただきたい。

それにしても、

秋篠宮殿下 同妃殿下 ありがとうございます。

| | トラックバック (3)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »