« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月26日 (月)

「居酒屋もへじ」(水谷豊・松坂慶子)う~ん! スピリチュアル!

TBS日曜劇場「居酒屋もへじ」(水谷豊・松坂慶子)をみました。この10年間テレビのリモコンチャンネルに自らの意志では触れたことのないわたしですが、たまたま大こども「X」(ペケではないエックス)が、おお「相棒」警視庁杉下警部が居酒屋さんの主人に転職なさったよおお、とはしゃぐ声につられ画面をみてしまいました。当の「X」は、ものの一、二分ほどで「セリフの運びが予定調和すぎてぼくにも先が読めるなあ、昔っぽいなあ、」とチャンネルを切ろうとリモコンを握る手の親指を、す、すっとOFFへ滑り伸ばします。

「あ、ちょっと、わ、すごい」とわたし。

水谷 豊 松坂慶子 桂 文珍 川﨑麻世 松村雄基 角野卓造 奈良岡朋子 石坂浩二 高田 翔 

なに、これ、この豪華キャスト。

プロデューサ石井ふく子、脚本が大ベテラン黒土三男(くろつち みつお)。

なんの予備情報もなしのテレビだったのでこの豪華メンバーにはたまげました。先の読めるセリフと展開・・・とクレーマーもどきになっていた「X」ともども豪華キャストの演技をたのしませていただいた2時間ドラマでした。むかしは、こんなドラマがあった・・・そういう狙いがあっての予定調和方式だったのかもしれません。

ドラマのミソとなる話は、「人は一人では生きて行けない、死にたいほど悲しくて苦しくたまらないときでも、誰かのために生きようとすれば生きて行ける」でしょうか。絶望の淵を歩く松坂慶子とかつて10年前に死のうとおもった過去のある水谷豊のかわすセリフが象徴しています。こんなラジオの声が  

---もう死のうと食べ物もとらなくなっていた老婆に、「貧乏で着る物が無く寒さに震えている人がいる。セーターを編んであげてください」と編み針と毛糸の玉を手渡すと、老婆はうなづいてセーターを編み始めた、食べ物も口にするようになった----

深くて透明感のあるエピソードです。

誰かのために、人のために、世のために・・・そうおもわなくても、そういう行動をしたとき、人は底力を出してきます。底力は絶望や憤怒や悲しみの落とし穴からその人を引き上げます。自己本位を離れます。それは決して他人や他の何かに振り回される類の行為ではありません。それは、その人が生きる場所と生きる価値をおのずと教えてくれます。それは、その人を強い人に変えます。それは、その人を勇気のある人に変えます。

ところで、話変わりますが、水谷豊さんと松坂慶子さんは「居酒屋もへじ」で初共演だったそうですが、同じ児童劇団出身で血液型も生年と生まれ月(1952年、昭和27年7月)も同じだそうです。昭和27年7月・・・九星では本命星・三碧木星、月命星・九紫火星・・・ですね。ああ、お二人とも三碧木星の欠点(怒り)を月命星でうまくカバーしておられます。二人ともどもに守護神は「古事記」でいう宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ・稲荷)のお筋です。さらなる上昇運が来年以降に現れます。たのしみです。松坂慶子さん、稲穂にまつわる神事に祈りを捧げられると健康にも良いです。・・・と、ま、テレビドラマをみてもいつのまにか我が田に引き込むhiroyoでございます。

あ、も、一つ。

歌手の佐良直美さんの歌が流れて驚きました。、1967年「世界は二人のために」・1969年「いいじゃないの幸せならば」の大ヒットをおもいだします。周囲が口説き落としての27年ぶりの歌手復活だそうです。ご本人は、二,三曲で終わりにしたいそうです。

| | トラックバック (0)

2011年9月20日 (火)

四谷のお岩さま本当は怖いお化けではない

お元気ですかぁ^^。hiroyoです。所要ありひさしぶりに大都会へ出かけました。

東京って、すごいですね。8000年以上も前の日本人、縄文人のスピリチュアル記憶が今も生きて動いていますね。現在都内でお稲荷さんが祭られているところは縄文時代に縄文人がサンクチュアリ(聖域)としていたところです・・・人類学者宗教学者の中沢新一さんが著作でそう書いておられますね。

鎌倉佐助のお稲荷さま(佐助稲荷神社)も元々の由来は縄文文化です。

ところで、

東京・四谷のお岩さん稲荷といいますと大抵の方々は名高い歌舞伎、東海道四谷怪談に出てくる怨霊と化すお岩さんを連想しますが、とんでもない。真実ホントは、とてもけなげで明るい美しい奥さまであり、夫の伊右衛門さまも亭主のかがみのようなお方でした。二人ご夫妻はお家(田宮家)の再興を財運の面でもみごとに成し遂げられたのです。もちろん生涯仲良く添い遂げられました。

Cimg31091

そのお二人の招福縁にあやかりたい人たちが夫妻の家、田宮家がお祭りしていた屋敷神(お稲荷さま)の参詣をお願いした。ひとたび承諾すると噂が噂を呼び、つぎつぎと参詣の人々が詰めかけるようになった。田宮家の屋敷神スピリチュアル霊験が多くの人に幸せを運んだ。屋敷神は小さなお社です。小さくても信仰心と日々おこたらない実践力がマッチしますと大鳥居をかかげた大きな神社のお社にも負けないくらいに神々から素晴らしい霊験をもたらされます。(・・・この逆で扱いを間違えると凶事の原因にもなりますが・・・)。100年たっても200年たっても招福の霊験はつづき、江戸市中では知らない人はいない「四谷のお稲荷さん」と評判になってゆきます。

では、なぜ? 

四谷怪談一家15人みな殺しの怨霊話に・・?

じつは、この招福四谷稲荷の名声を使って、本当は美談はウソで怨霊話こそが事実・・・というホラのウソ話をでっち上げた人がいたのです。美談の裏の真実、美談よりも醜い裏話、スキャンダル大好き・・・テレビのワイドショー人気の秘訣・・・昔も今もわたしたち庶民の好みは大差ないようですね。現在ではいくらなんでも実在のお社をモデルにそこまで真逆の話はできないとおもいたいですよね。しかしニュース、虚偽を事実につくり変えることは”できる”そうですが、つまり今も昔もそれほど変わってはいないのだそうですが・・・それはともかく。

でっちあげたのは、四代目 鶴屋 南北(よだいめ つるや なんぼく)、戯作者、歌舞伎作者、現在でいうところのディレクターも兼ねた大物脚本家です。かつては若気の生意気の至りで映画やテレビの脚本を書かせていただいていました不肖hiroyoとしましては鶴屋南北先生の構想力のすさまじさには完全に降参いたします。南北先生は、源平合戦で壇ノ浦の急流に身を投じわずか8歳で入水された安徳天皇を鯨が食べてしまうという大胆でかなり風変わりな趣向の芝居も書いておられます。嘘は大きいほど面白くて良い、嘘は大胆すぎるほど面白くて良い。なるほど、そうなのかもしれませんが・・・凡人技ではこうはいきません。大嘘で話を膨らまされた当事者は、田宮家はたまったものじゃあない。

田宮家が抗議にゆくと・・・

芝居のタイトルを指さし、こっちは東海道四谷ですよ、・・・江戸のあなたんちの江戸四谷じゃあないんです、と言い切ります。下町の切った張ったの興行の世界と山手お屋敷の神々の世界では住む世界が違います。話が通りません。そのうち、東海道四谷怪談の空前の大ヒット歌舞伎の影響で、田宮家お稲荷さまにもさらにさらに参詣の人が増えてゆきます。痛し痒しだったのか、どうか、すべては時の流れ風のままに移ろいゆきます。

今では「東海道四谷怪談」のお岩さんゆかりの神社としてのほうが有名となりました。歌舞伎役者や関係者の方々の奉納も多々あります。身障者や顔に負い傷のある方々へのリメイクメイクで有名なフェイシャルセラピスト、リハビリメイクの提唱者 かづき れいこ さんのお名前もあります。

しかし、その一方では、元々の明るく美しいお岩さんご夫妻ご縁の招福縁という物事の真実を知っている方々、あるいは気づいた方々、そして先刻ご承知の地元の方々は、当初からの福縁霊験をもたらす神さま、お稲荷さまとして敬虔な地味な祈りを捧げつづけておられます。

もしも、あなたがここを訪れる機会があれば、なにを祈りますか? 

小さな神社です。大きな神社ではありません。四谷は観光地ではありません。地下鉄四谷三丁目駅交差点の「風月堂」の喫茶食事処も地元ピープルの方々ばかりがしずかに集っておられます。

おだやかな日常の幸福へのご縁を祈るのがいいのかもしれません。

もちろんお祈りの題目はあなたさまの自由です。お賽銭箱の右側の平箱の中には「願い事いろいろ」の小さな4㌢・7㌢ほどの紙切れが重ねてあります。その中から一枚を選ぶのも愉しいです。

Cimg31221

| | トラックバック (0)

2011年9月13日 (火)

神秘の満月スピリチュアル 鎌倉佐助

Cimg30711 午後10:03

平成23年9月12日仲秋  海つなみ山くずれし跡にみつる月

Cimg30751 午後10:07

Cimg30581

Cimg30991 うさぎさん

Cimg30821

夜空煌々に月見おまんじゅう いえ 満月スピリチュアル・ヒーリング

| | トラックバック (0)

2011年9月10日 (土)

ハッピー鎌倉 十月桜

幸せですかぁ通信・その2 ”ハッピー鎌倉”に桜の季節がやってきた。

Cimg30431_2  am6:23

大こどもスーパー「X」でございます。

朝の7時ころ。桜咲く樹のむこうで作業員さん5名が労働前のラジオ体操のような動きをされていました。桜の花々と朝からたのしく働く人々。いいいなぁ。ああ、ニッポンの風景だ。

・・・通りすぎて、は? 桜の花? ぼくは汗だくだく、暑い、まだまだ夏だ。え? ぼくは幻のなかで生きているのだろうか・・・

あは(笑)。わからないことは笑って通りすぎよう。

いや、いや。改めておなじ場所をおなじ時間帯に見に行きましたら、本日は9月10日ですが、やっぱり「桜」は咲いていました。種を明かせばこれは「十月桜」という品種だそうです。「寒桜」は冬に咲く一重咲きですが、こっちは春と秋に二回咲く八重桜のようです。

Cimg30461 am6:25

桜って、いいですね。桜、桜。サクラ。

知っています? 日本初の”X線(放射能)自由電子レーザー”の名称も「サクラ」です。世界最先端科学テクノロジーです。評論家立花隆さんが文藝春秋10月号で”来るべき大革命”のタイトルで書いておられます。日米欧が競い合う最先端科学です。アメリカが一歩先んじたが、最近日本の「サクラ」が追いつき抜いた!

世界が国家の命運をこの技術の成否に賭けている。「X線自由電子レーザーの何がすごいかといえば、その光の強烈さである。それはこれまで地上に現出した光の中で最も強烈な光といってよい」(立花隆)。アメリカと熾烈な1位争いをしているのです。日本もこの五年間で三百八十億円の巨費を投じてきた。名称は可愛い花の「サクラ」ですが、こっちは”X線(放射能)自由電子レーザー”は全長七百㍍の巨大装置です。小惑星イトカワから「はやぶさ」が持ち帰った微粒子の分析を「サクラ」が可能にしたそうです。

いいなぁ、桜、サクラ、さくら。

さくら さくら

やよいの空は

見わたす限り

かすみか雲か

匂いぞ出ずる

いざや いざや

見にゆかん

”ハッピー鎌倉”の十月桜を鑑賞なさりたい人は、早朝六時頃、鎌倉銭洗弁財天さん前に集合・・あの急勾配のあの坂を息も切らさず駆け上がる小天狗さんがいます。それに追いついて走れば、急坂を下りたり上ったりで桜の花の前に到着します。

次は見える人には見える富士大神お姿でございます。(クリック拡大可)

Cimg30531 am6:49

みなみなに

あなたの心に幸せの花が咲きますように

| | トラックバック (0)

2011年9月 6日 (火)

富士大神さま「大吉」おみくじ感謝です

Cimg29701_2

Cimg29841_2

Cimg29951_3 

北口本宮富士浅間神社さまへ急遽の参詣につきお許しください。富士吉田市地元の神官濱さまへのご挨拶もご多忙お邪魔してはと遠慮の次第申し訳ございません。道中、東名高速の神奈川静岡県境あたりは雨でしたが、富士五湖道路で山梨・富士吉田市に入りますと一変、気持ちの良い青空でした。地元みなみなさまがたの爽快な気風がかもしだす土地柄を感じさせていただきました。ありがとうございます。

ところで、

Cimg29931

おみくじ・・です。

・・

 何度でも

      大吉おみくじ

               みて笑う        hiroyo        

このよろこびが更に更にみなさまのよろこびの鈴に共鳴できましたらもっともっとうれしいhiroyoでございます。

♫ HYさんお便りありがとうございます。腫瘍が癒えておめでとう。あなたのご先祖さまのおよろこびがhiroyoの元にとどいています。

♫ Tさん、おめでとう。就職先でのご活躍がみえます。この國のこの先々に思いを馳せてがんばってくだされば、なおうれしいです。

♫ EAさん、良かったですね、男性からの愛の告白!! おめでとう。しかし慎重にことを運んでください。別筋のご縁も可ですよ。

♫ Kさん、職場での人間関係の悩み・・もう少しです。あなたの9月運勢があなたのこれからの動きの強い味方です。ファイト。

♫ Uさん、体力のV回復、おめでとうございます。何でも霊障のせいにしては霊がかわいそうですが、霊の障りというものもあります。おまかせください。

♫ HLさん、彼女との交際に終止符を打つことが叶っておめでとう。一つのピリオドは段落行替えという間をおいて、次のスタートとなります。

悩みは深いほど、辛いほど、それを耐え乗り越えたときのよろこびは、それはうれし泣きの世界です。うれし涙のあの味はふるさとの幼いころの純な世界の匂いがします。

ところで、

おみくじの「大凶」「凶」は・・現状と現状につながる過去をあらわしています。「大吉」「吉」は・・先行き、未来の予兆です。凶から吉への転換はふいにやってきます。かつて「大凶」を三回連続で引き当てた経験のあるわたしhiroyoがいうのですから、たしかです(笑)。「大吉」を三回連続で引き当てたこともあります。

何度でも

      大吉おみくじ

               みて笑う        hiroyo        

| | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »