« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月31日 (火)

丸山健二『ブナの実はそれでも虹を夢見る』・・②

あひょ~、「母」hiroyoが読んで感動の『ブナの実はそれでも虹を夢見る』丸山健二著をぼくも読みました。大こども「X」でございます。あひょ~、最後の最後の一行でぼくの霊能記憶がぼくの霊”脳”原体験チャンネルに繋いでしまったのです。ぼくはぼくの産声、うぶごえを脳内に聞いて泣きそうになりました。幻聴かな、と「母」に聞くと、それは記憶よ、と言ってくれます。『ブナの実はそれでも虹を夢見る』はこう閉めています。

・・

ブナの実はそれでも虹を夢見る。

なぜとならば、

ひとたび七色の光を浴びるや、

雨後にあげる自分のちっぽけなうぶ声が

命のこだまとなって全宇宙(おおぞら)に響きわたることを知っているからだ。

・・

自分のちっぽけなうぶ声が

命のこだまとなって

おおぞら(全宇宙)に

響きわたることを知っている

丸山健二さんはそう締めくくって命誕生への歌をうたいます。「うぅ~ふぅ、ぎゃあぁ、おん、ぎゃああん~」とちっぽけなうぶ声が・・・あなたの”霊脳”にも聞こえてくるかもしれません・・それは、命のこだま、となってあなたの命とも響きあいます。少しばかり思い入れの強い文章を書いているような気がしないでもありません。なぜならそれはぼくの誕生秘話(^^)と絡んでいるからだとおもいたい故かもしれません。じつは「母」hiroyoはぼくの育ての母、育母、養母です。生母、生みの母はじつはぼくを生みたくなかった。犯された、強姦された子だったから。しかし父(ぼくの祖父)と配下の人々などを加えた家族監視の下で堕ろせなかった。結果、生母の体内からぼくは出ましたが、生きてはいない、ぼくは無呼吸でした。ぼくはぼくでこの世に生きるのか、このまま天に帰ろうか迷っていた。その刹那に大きな存在が、ぼくの全身を強く強く打擲しました。痛い痛い痛い・・感覚が先か、呼吸が先か・・、ぼくはちっぽけなうぶ声をあげた。

あぁ、どうもぅ、個人的な記憶を吐露してごめん。以上です、では、また。

あ、

それから、

おもしろいです、丸山健二『ブナの実はそれでも虹を夢見る』。庭のブナに止まったオオタカを丸山さんはパチンコで追い払おうと懸命になります。オオタカは一日に20羽の小鳥を補食するのです。里に下りてこないイヌワシは良いがオオタカは・・小鳥がいなくなってはと焦ります。庭木でモズのヒナ誕生ではネコの追っ払いに忙しくなります。雪の消える春から秋、350坪の庭と作家は格闘します。巨木ブナが主人公の庭なんて世界広しといえどもここだけかもしれません。作家の日本社会への怒りはぼくの脳内にとどきませんが、詩のような、まさに詩文といえる文章による身辺記録はぼくの六腑にも染み入ります・ありがとう、ビバ、丸山文学。余談ですが、丸山文学でぼくの記憶に残って離れないのは短編『バス停』の最後のシーンです。バス停まで見送りに来た母に都会に帰る娘はバスの窓からお金をばらまきます。去りゆくバス。お金を拾う母。記憶の襞(ひだ)に張りついているのは何かの縁(えにし)があるのか、ないのか。たのしいです、人生、ビバ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月29日 (日)

丸山健二「ブナの実はそれでも虹を夢見る」

Cimg39681


自宅にブナの木を植える人は普通はいない。普通ではない・・芥川賞作家丸山健二(69歳)さんは庭にブナの種を撒いて20年かけて巨木に育て花を咲かせた。おそれいりやの鬼子母神、いえ、このような形容を嫌いなさるにちがいないのですが、すごいですね、庭にブナの木です。丸山健二文学の高み上昇について行けず『千日の瑠璃』(1992年著)くらいまでは小走りで、『鉛のバラ』(2004年著)あたりで足踏み停滞のわたしHiroyoです。ひさしぶりに書き下ろしエッセイ『ブナの実はそれでも虹を夢見る』(2012年1月27日発行)をたまたま発行日に駅前の本屋さんでみつけて、”エッセイ”なら、と買いました。庭にブナの木ぃ?! やはりこの人はすごいんですね。あ、お断りしておきますが、別に思想的に全共感を抱いてはいません。

・・この世は地獄そのものにちがいない

・・生きているだけで楽しいとは思えない

・・時代は、原発を廃棄せよと告げている

などなど強烈な負の高みから作家はブログやTwitterを通じてもメッセージを発しています。しかし、こうした発言がどのような位置から声高に出てくるのかをおもわずに「先生のおっしゃるとおり」などと付随しては当の先生から振り返りざまに袈裟切りにされるとおもいます。そうおもいたいのかもしれませんが、そういう印象をわたしは持ちます。作家丸山健二は反文明的に原発への反感情を抱いていますが、原爆と原発のちがいは明確であり、医学(放射能利用)をふくめた科学(電気、水道、ガス・・での死者は放射能の何万倍以上です。火力発電従事者の死者はアメリカ国内だけで年間2万人超。、原発従事者の放射能死者は世界で過去60年間に60人にすぎない)を文明の進化を、肯定するならば、原発廃棄ではなく、まずは、より安全な原発へ、より安全な放射能医学科学への文明進化を試みるべきだとおもいます。わたしたちは文明の進化という良薬を求めて生きて生きて生き抜いてこそ、この天体での最上の天国惑星・・青い地球で生きていけるのです。そういう選択をしているのです。

・・この世は天国ですよぉ

・・生きているだけで楽しいですよ

・・時代は、創造せよと告げている

わたしHiroyoはそう断じます。間違っている?? いえ、間違ってはいない。もちろん人生あれこれ迷い、間違いを選択してしまうこともあるやもしれませんが、何の判断もしないで他者にまかせっぱなしよりは良いのです。

・・・断じて行えば鬼神もこれを避ける

きょうも元気に文明ストーブの暖気の前で『ブナの実はそれでも虹を夢見る』を読む愉悦を味わえる幸福の瞬間をもてた事々を神々さまに感謝します。ちなみに丸山健二さんの自宅はオール電化で庭木への水やりは水道の水です。庭の広さは350坪です。北アルプス山麓、田園、堅牢風なビュティフル戸建てです。

Cimg39671

このままではこの世は滅亡、とは笑止千万、必然あなたは滅亡します、畢竟わたしも。

| | トラックバック (0)

2012年1月20日 (金)

きょうは何の日ですか?

ふりつもる

み雪にたへていろかへぬ

松ぞををしき

人もかくあれ

        昭和二十一年新春 陛下(昭和天皇)「松上の雪」

(降りつもる雪にも耐えて色いささかも変わらない松のように、我らも立派でありたい)

雪です、雪、雪、、、興奮しますと名詞しか出てこない大こども「X」でございます。

Y子さん、おめでとう、別荘(病院)の休暇(入院) にたえていろかえぬY子ぞををしき おめでとうございます。御神霊、ご先祖、ご主人ご家族方々の愛のみ雪 ふりつもっています。

Cimg39061_4
Cimg39081_4


「母」hiroyoが、きょうは何の日だっけ? とふりつもる雪に目線をおよがせつつ、つぶやいています。メモ、メモ、鉛筆、

---------------

きょうは・・八白土星辰の日、ね。

今の時間は・・巳の刻、ほら9時20分。

え~、陽遁、辰の日・・・・。

わかりました。きょうは・・あかるいひかりが差してくる日・・エネルギーの切り返しが起こる日ですよ。うん、そう、そうです。

あ、しかも「庚(かのえ)」の日!、庚はお「母」さんの吉日! わわ、わ、hiroyoうれしい日です。

---------------

とのことでした。ふりしきる雪、雪、雪のなかを「母」hiroyoは鎌倉駅前ホテル・ニュー鎌倉鑑定に嬉々として向かいます。

蛇足1・・冒頭の天皇新春和歌を小泉純一郎首相(平成13・2001年4月26日~平成18・2006年9月21日)が所信表明で引用し、野党(民主・社民)が天皇の政治利用だと文句をつけた。

蛇足2・・米ミステリー作家協会(ニューヨーク)は19日、同協会が主催する「エドガー賞」の今年の最優秀小説賞候補5作品の一つに、東野圭吾氏の小説「容疑者Xの献身」を選んだと発表した。スポニチアネックス 1月20日(金)6時42分配信

  以上「X」でした。

| | トラックバック (0)

2012年1月17日 (火)

浜崎あゆみさん離婚を占う 吉凶?

逢うは別れの始め(白居易 はく きょい 詩)・・とは申しましても、共に白髪とは事が運ばないのはまことに残念です。わずか1年、それにしても1年で離婚となりましたね、浜崎あゆみさん。東洋系占いの専門家は結婚当初に早々の別居、離婚を読んでいました。

さて、改めて浜崎あゆみさん離婚の吉凶を三元四番掛けスピリチュアル九星日盤占術で占ってみますと・・・。

最初に結論を・・・、凶、凶、凶、と凶三連発の卦が出ました。凶、凶、凶、吉・・・です。凶凶、そういう宿命の波に今、浜崎さんが翻弄(ほんろう)されていることを示しています。天運才能きわめて高い彼女にしても・・・。だったら、抵抗しても無駄? 

いえ、そんなことはありません。諦めて流されるに身をまかせていては凶が凶に傾斜しっぱなしになります。打つ手があります。

浜崎あゆみさんは、1978年(昭和53年)10月2日生まれ、

本命星・四緑木星  月命星・一白水星  宿命宮・ごん  空亡・辰巳

2012年の四緑木星は震(しん・東)に入ります。運気旺盛な発展成長期です。ただし、まだ若葉がやっと芽吹いた状態の時期にあるので、強引に物事を進めたり急ぎすぎると裏目に出ます。(占い処鎌倉・九星気学参照)・・・九星気学では2012年元旦は2月4日です。つまり現時点(1月17日)ではまだ2011年の暦です・・・2011年は女性は結婚期の年、と・・・(同、九星気学参照)。浜崎さんのような強い運勢の先端性の高い人は暦の影響もやや前倒し傾向です。

浜崎あゆみさんが打つべき手は何か。それは凶凶凶の原因を知ることです。解析しますと、本日の日盤は五黄「土」星です。本命星四緑「木」星、月命製一白「水」星。「土」「木」「水」の三つは一体となって存在しなければならない。

「木」浜崎さんが育つには盤石な「土」と豊かな「水」が不可欠ですね。木は育った土(場所)で本来動かずに、その地の「水」を得て育ちます。場所・・・産土神、水・・・家系の流れ、を今一度自覚してください、と浜崎さんの守護の方のメッセージです。

「木」(浜崎さん)の移植、アメリカへの「土」への移住は、よほどの覚悟、二度と日本には戻らないという覚悟がが必要だった。彼の国よりも日本の方が良いのなら離婚は当然の結論です。おかえりなさい、あゆみさん、ファンだけでなく守護の日本の神さまがおっしゃっています。こうしたことを身にしみて感じ、伊勢神宮に正装で拝殿参拝を行ってください。産土神社へも参拝してください。あゆみさんの祈りは届きます。守護の方々の力が弱くなっています。早く気づいてください。打つ手を打たないと、凶凶凶は、長引きます。運命、宿命にまかせるのも方法です。が、打つ手を打ってほしいと切におもいます。

| | トラックバック (0)

2012年1月12日 (木)

鎌倉駅前鑑定は1月20日(金)於・ニュー鎌倉

寳生苑・鎌倉kamakura佐助の朝、お日さまはゴールドフラッシュです。

Cimg36171

螺旋回りの黄金の光でした・・・妖しいぃ?。きれいです。空の気は凛(りん)として澄みきっています。天地人、三合、三元九星九宮の神さまありがとうございます。

1月の鎌倉駅前、ホテル・ニュー鎌倉での鑑定セッションは20日(金)です。申し込み受付中です。よろしくお願いします。(電話、0467(鎌倉)-24-5162)。

Cimg35131


ところで、

新年早々、皆さまからうれしいお声の便り届いています、ありがとうございます。

・・関東Yさん・・

家の中のラップ音が消え、孫の異常が消えて落ち着いたお正月を過ごすことができました。ありがとうございます。

・・東京Kさん・・

人生、路頭に迷っていましたが、おかげさまで目標が定まり、ゆっくりした正月を迎えられました。感謝です。

・・埼玉Aさん・・

今年の「壬辰(みずのえたつ)」の壬、辰の字に女偏をつけると、「妊娠」--hiroyo先生、おもしろい話ありがとうございます。不妊症、あきらめずに希望をもってがんばります。

・・兵庫Bさん・・

離婚できました。弁護士さんも無理と言われた「親権」も勝ち取れました。うれしくて、うれしくて、ありがとうございます。近くお礼に伺います。

・・・・・その他、たくさん、こちらこそありがとうございます。うれしいお便りの一つ一つこそがわたしhiroyoの人生のご飯です。本年も元氣にうれしく楽しく、感謝します。

 

| | トラックバック (0)

2012年1月 6日 (金)

まだまだ、お正月ぅ♪ 六白金星の今年は・・「X」です。

Cimg38131


うおおぅぉ。

いきなりお見せしますは”母”hiroyoが元旦に直筆の九星気学年盤です。あ、失礼いたします、大こども「X」です、hiroyo母、もっか外出につきブログジャックです、うふふ。この筆書き年盤から判定しますに今年は、どうなるか、・・・本命星六白金星の有名人は、・・麻生太郎さん、菅直人さんの元総理大臣のお名前。権威、権力をシンボライズしていると言えそうですね。モデルの小雪さん、女優の綾瀬はるかさんも六白金星ですね。「金」です、きらきら光るうつくしい存在なのです。あっ、宇宙探査「はやぶさ」クンも・・・本命星は六白金星^^)と2010年6月14日のブログに書いてありますよ。なるほど、そうですか、今年は大きな存在への畏怖があなたのテーマになるのです。宇宙、天、大自然、神仏、偉人を仰ぎ見ましょう。さすれば天からお告げが下りてくるかもしれないのです。・・・あは(笑)・・・年盤のどこにもそんなことは書いていませんね。・・・あは(笑)・・・門前の小僧の見立てにつき信じないでください。あなたはあなたの見立てで生きるか、あるいは”母”hiroyoの元へお越しに・・・あるいは、お近くの信ずべき偉い人にでも訊いてください。

そんなことよりも、

あっ、カチャン、とロックの開く音がしました。・・・シーンと静まりかえる寳生苑スピリチュアル屋敷に金属的な響きの音です。もしかして、霊的存在さま、、ゴーストさまか、、どうか、、、と、、、「ただいま、ま~」の涼やかなお声ではありませんか。”母”が帰ってきたのです、わおお。スピリチュアル九星気学鑑定士です、プロフェショナルです、ねねね、ななな、あたふたと駆け回る母につきまとい、プロとしてのご意見を聞き出しました。つまり・・・あ、はい、はい、そうね、六白金星の定位は北西です、北西は神仏宮ですね、ああ、あ、今年は突出して良き年となる人、目立って落ち込む人の差が激しく出るわね、良し悪しは時の運気ですから仕方がないとあきらめてはさらに落ち込みます。打つ手はいっぱいあります。いずれにしても、まずは家の中の北西に位置するところをよくよくきれいにお掃除してください。北西は神仏の居ますところ、すなわちご先祖の霊にとっても居ましやすい位置です。ここが汚れていては、神仏系ご先祖系の守護が入らないと心得て行動してください。・・・ふ~ん、なるほど、なるほど、わかりました。みなさんもわかりましたか? ぼくはこういう天からの通信のよう真実の声を聞くと眠くなるからふしぎです、(笑)、あは。

急に倒れ込んで昏睡。20分後にすっきり目覚め、、気がついたら寳生苑スピリチュアルの庭、「北西」で竹箒でお掃除をせっせとせっせと勤めていました。ふしぎです。これが噂の”母”マジックのワザなのかもしれませんよ。びっくりです。ああ愉快です。それはともかく、

そんなことよりも、

Cimg38081小町

まだまだ鎌倉はお正月気分いぱいです。

Cimg37921_2寳生苑

本年もどうかよろしく時折のブログジャックの失礼をお許しください。「X」でした。秘蔵の写真を正月気分に乗って(・・20日に削除しました)数日間だけさらします。”母”によりますと、兌宿命宮のぼくの今年の課題は「おしゃれ」だそうですが・・・、。では、また

「X」です。


| | トラックバック (0)

2012年1月 1日 (日)

新年、明けましておめでとうございます

新年、おめでとうございます。

Cimg36161

あなた様のご多幸を祈ります。

本年も引きつづきよろしくお願い申し上げます。

↑写真は「寳生苑・ほうしょうえん・鎌倉佐助」です。ご来訪お待ちしています。

| | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »