« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月23日 (金)

梅にウグイス ホーホケキョ♪

Cimg41571 湯河原幕山

一ヶ月遅れで梅の花が咲きましたね。上の写真は神奈川県湯河原町の幕山公園・梅林です(思い立ったら飛んで行く大こどもX撮影)。わたしhiroyoは出かけるいとまをいただけなくて鎌倉佐助のお庭で梅の花(写真・下)をウグイスの歌を聴きつつ鑑賞させていただいています。梅にウグイスとむかしから言われていますが、例年は梅の花咲くころは枝に止まってはしゃいでいるのはメジロばかりです。でも今年は梅の開花が一ヶ月遅れとなったおかげで、梅にウグイスの歌、ホーホケキョが重なり、幸せです。ホーホケキョ♪ホーホケキョ♪

ウグイスの囀(さえずり)りは雄の縄張り主張と辞書や図鑑にありますが、人間外の命とのコンタクトが楽しみのXによりますと、もちろんウグイス同士のケンカの時もあるが、大抵はそうではなくあれはウグイス間の歌のやりとりによる会話だそうです。スイスのヨーデルが会話なのと似ているのだそうです。なるほど、そういうえば、わたしが朝、外へ出ると、すかさず即、ホーホケキョと間近で歌ってくれます。今頃、起きたの、遅いわよ~~♪と言われているような気がして、おはようございます、と挨拶を返します。Xの場合は未明に起き出して灯りをつけたとたんに挨拶のホーホケキョ、ケキョ♪ となるそうです。ウグイスはけっこう人に関心が大ありだそうです。

Cimg41731 鎌倉佐助寳生苑

ところで、

梅の花にまつわる少しいい話を一つ。

梅の花に近づいて声をかけてください。・・かわいい・・かわいい・・声に出しても出さなくてもどちらでもいいので花弁(はなびら)をみつめつつ・・かわいい・・と。結果、因果はめぐる。あなたの花、あなたの顔が、みるみる「可愛い顔」に変容します。梅の神さまのほほ笑みがあなたに影響をおよぼします。どんなお化粧よりも、どんなフェイシャルマッサージよりも効果のすごく高いビューティマジックになります。春はあなたをうつくし変える季節でもあります。

| | トラックバック (0)

2012年3月19日 (月)

お彼岸での大切な、とっておきの話

今年の春分は3月20日。春分の日の前後三日間、(3月17日土曜日~23日金曜日)の間がお彼岸です。春分の日は太陽が真東から出て真西に入ります。この太陽移動のレイライン上には神社仏閣など霊的なスポット、聖地が多々あると伝えられています。

・お彼岸の期間に真東、真西のラインにおもいをめぐらせ
て感謝の祈りを捧げますと神仏さま直の強烈なお力のめぐ
みが体幹に入ります。

・祖先霊さまに「ぼたもち(おはぎ)」をお供えし、家族
そろって感謝の祈りを捧げ頂戴(食べる)と一家に守護霊
の働きが強くなります。

Cimg41491

-注意すべきはお彼岸の期間は絶対にマイナス思考やマイナスの行動をとってはいけない。-

-この期間の悪事は天に露見しお仕置きの罰が倍増して下ります。苦悩はさらに倍増し、窮乏に陥ります。-

・お彼岸期間には、どんな小さい事でもいいので「善事」を行えば、その善は大きな善、大善になって招福となる。日蓮宗開祖日蓮上人が述べられています。

以下、日蓮上人『彼岸抄』より

・・・・・

 梵王・釈王・閻魔王の三人の計(はからい)として三巻の帖帳あり。 善悪無記に各一帖也。 是の帖を勘定の為に欲色二界の中間、中陽院と云う所に冥衆集まり、各々の帳を談合し、八度これを校し三度これを覆す。治定再治して印判を押し、善悪を定判し決断する時節也。 若しこの時衆生有って一善を修すれば、仮令(たと)え衆罪の札に著く可きも善根の日記に著くるなり。 悪業を作れば善の筆を留めて悪の札に定む。

●是(ここ)に知んぬ、善悪決定の時節なり。二季の時正、
此の時に小善は大善となる也。小悪を作ればまた大悪となる
者也。●

(春秋の彼岸の時に、小さい善を行うと大きな善を行ったと同じことになり、逆にちょっとした悪事であっても彼岸の間に行うと大悪事を行ったのと同じことになる)

善悪二の道を定むといえども、一善なれども能く菩提の彼岸に到たる故に彼岸と號する也。 若人年々月々の罪業の札をけして善の札に改め、決定して菩提を得んと欲する者、

●此の七日の内に一善の小行を修せば、必ず仏果菩提を得べ
し。●

(お彼岸の七日の内に、小さいことでもいいから一つ善い行いをすると、仏道に励んで得ることで可能なすばらしい出来事が叶うだろう)

余の時節に日月を運び、功労を尽くすよりは彼岸一日の小善は能く大菩提に至る也。 誰の人か、此の時節を知って小善をも修せざらん。彼の極熱の日に藍を曝し、極寒の水に錦を洗うに色変ぜざるが如く、又蜀川に錦を洗うに其の色を倍し、楚山に玉えを練るに光をはくが如し。此の日時に善根を修すれば永く改転無く能く増益せん。(昭和新定御書2270頁)

・・・・・・

そもそもお彼岸は天皇陛下の詔(みことのり・直々のおことば)が起源とされています。現在は「春分の日」ですが、アメリカに先の大戦で敗北し占領される以前は「春期皇霊祭」で歴代の天皇・皇后・皇親の霊を祭る宮中祭祀のひとつでした。天皇陛下ご先祖霊の大祭に合わせてわたしたちもわたしたちのご先祖に手を合わせる幸せに感謝したいものです。ありがとうございます。

お彼岸の七日間は、あなたの人生の基礎、土台をよりいっそう固めて強くできる好機、チャンスです。うれしいですね。

 

| | トラックバック (0)

2012年3月16日 (金)

金運を招く大切なお金の話

この道(霊的治療)30年の○○先生がしみじみとおっしゃいました。「○先生、お金はもらってあげておいおたほうが、その人の為には良いですね、絶対に」(○先生はわたしのことです)。「○先生にこのことを教えていただいて・・・」。・・・。

○○先生の友人に億万長者Y氏がいます。

ン十年前のむかし、貧乏だったY氏は商売をはじめた当初、○○先生にお金を貸してと必死になって頼みました。若かった○○先生はお金をかき集めて全財産200万円をそっくりY氏に用立てました。さらに彼に憑依している負の霊を無料で除霊浄霊を施した。それを転機にY氏は成功への階段を駆け上がります。いわゆる億万長者にのし上がったのです。しかし驕(おご)る平家ではないですが、Y氏は大儲けのはずの投資話に乗り、それまでに得ていた全資産は抵当に差し押さえれ、無一文になりそうになります。○○先生に顛末を打ち明け助けを求めてきました。苦境をおもんばかった○○先生はまたもやお金をもらわずに霊魂こめて霊的な祈りを実施します。Y氏は、こう言ったそうです。

「○(○○先生の呼び名)は、心がキレイだから、お金は取らないよね」

やがてY氏は再起します。倒れても倒れてもあきらめずに起き上がる闘魂は億万長者への道の条件の一つです。才覚もあった。もちろん、わたしhiroyoからみると○○先生の霊的作業が無ければY氏の挑戦は失敗に終わっていた。しかし、霊的なものへの報恩の念がない一般の人は、この目には見えない力を看過(軽く見すぎ)しがちです。もちろん霊的なものへの関心がない人は敢えて近づかなくてもよいのです。現実は現実で解決すると信じる人はそれも生き方です。霊能者は表のプレイヤーではありません。現実界の方々の暮らしを豊かに実らせるようにサポートする役割です。裏方といえるかもしれません。しかし・・・。

数年後、事情あって1000万円のお金が必要となった○○先生は億万円お小遣いのY氏に借金をしたいと頼みました。ところが、話しを聞いたY氏は、首を縦には振りません。あげく、こう言ったのです。「○には、むかし200万円、借りたことがあったよな、わかった」。・・・そう言い、現金200万円を差し出しのです。Y氏は200万円を返済しましたが、それで○○先生の借り入れ申し込み話しを打ち切ってしまったのです。「心のキレイな」○○先生は恨みも憎みもしません。すべてを受けいれ感謝する生き方です。でも、そのキレイな心のある部分に少しの哀しみの泣きが入ったとわたしは読みます。

現在のY氏は、脊髄上部損傷の重病です。

まっすぐに歩けません。手術もできない部位の損傷ですから不治の病です。ここまでに至っては○○先生も手の出しようもないし、心のキレイな○○先生は日々新たな心のキレイなお客人との応接に全エネルギー(霊魂)を注ぎ込んでおられます。わたしhiroyo姫玉籤にはY氏再、再、再起の方法がみえます。きっと○○先生にもみえているとおもいますが、億万長者に成り上がった人が、150億円のすべてを○○先生に差し出すとはおもえません。それも人生です。人生の結果はすべて、ありとあらゆる結果が自分の行為が起因しているのです。

 このお金の話し・・・ハウツーでなくてごめんなさい。

| | トラックバック (0)

2012年3月11日 (日)

3月10日、11日、あまたの霊へ

3月11日・・・一年が経過しました。改めてあまた諸霊のご冥福をお祈りしましたところ、次のようなご託宣が畏れ多くもございました。

あまに

おおとりいの

しるべあり

翻案しますと....あまに(天空に)  おおとりい(大鳥居) しるべ(標・・道しるべ)....天空高くに大きな鳥居が見える、そのはるかな大鳥居を標として舞い上がれば、その向こうに天照らす神さまがお待ちしておられる。

身は没しても心(霊)を信じる方々の心(霊)は不滅です。その動かぬ身をいまだ愛おしむ心(霊)に、

------

あまに

おおとりいの

しるべあり

------

と念じ祈り捧げてください。声に出しても出さなくても良いのです。そして忍ぶ手(音を出さずに)二拍手し、一礼し、祈ります。言霊は心(霊)にとどきます。「あとは、おまかせください」と祈れば、祈るあなた、わたしたちに天霊の妙なるお力がとどけられます。お力を味方に夢や希望にむけて歩んでください。

Img011津波去った海辺に、ありがとう、の文字。

099d9ad5f1b7b23d221476fb9dc39c1b

こちらは67年前の東京。3月10日、です(浅草界わい)。大空襲で一夜で10万人の身が没しました。しかし旅立った10万の心(霊)のお力がわたしたち日本人に再びの力を奮い立たせました。 あまにおおとりいのしるべあり....ありがとうございます。

| | トラックバック (0)

2012年3月 3日 (土)

小さい奇跡、奇跡、ありがとうございます

鎌倉佐助の山々の神さま、お使いさまが、3月3日、3,3並びの日の朝早く夜明けの山の稜線にお出ましになられました。・・・ぁ、寝とぼけていた、ぅ・・・いえいえ、はっきり起きていました、hiroyoです、ほんとですよ、きらびやかでうつくしいお姫様とごいっしょに白き複数のお使いさま方々でした・・・。夢? いえいえ、真実です。

Cimg41381

-

うれしいお便り、小さい奇跡の報告、いただいています。

・右足付け根激痛で歩行困難が突然、痛みが消え、歩けるようになりました。ありがとうございます。うれしいです。(50歳代・女性)

・悩んでいた社内の人間関係が解決しました。一時は辞職も考えて悩んでいたのが嘘のようです。引きつづきご指導をお願いします。(30歳代・女性)

・腰痛で動けなくなって寝ていたのに2日後に起き上がり、駅の階段をトントンと上がり、さらに翌日にはハイキングに行きました。信じられない。ありがとうございます。感謝です。これからも継続してお願いします。次回は願望実現の方法を教えていただきます。(30歳代後半・男性)

・ひろよ先生おつきの神さま、ありがとうございます。男性との交際に良い運がめぐりますように、さらにさらにお願いします。心わくわくしています。(40歳代・女性)

・頑固な肩こり首こりの痛みで夜もうなされていた主人が今では毎夜毎夜ぐっすり眠ってくれています。ありがとうございます。(40歳代・女性)

・離婚したくない。ありがとうございます。(30歳代)

・きれいに離婚できました。新しい人生を歩んで行きます。(30歳代・男性)

-

Cimg41371

みなさまの願いは様々です。

願いを叶えたいなら、その願いを心からお願いすれば良いのです・・・と、佐助の山々つらなりの美しき神さまからのお伝えです。3,3並びの3月3日、3の日の「3」は、実りを示す稲穂の神さまの数字です。豊受大神、天照大神、稲荷神、、、。ありがとうございます、日本の神々さま、土地土地の神々さま。

 

| | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »