« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月28日 (金)

新総裁安倍晋三さんを九星気学で占う

自民党の新総裁に選ばれた安倍晋三さんを九星氣學四盤掛け+傾斜法で占います。

テレビ新聞などには早くも新総理大臣誕生かのように扱われています。人間の軽重を問うならやはり重い存在なのでしょうか。近場のマスコミ界の某氏の話しでは反日応援団長朝日新聞の論説委員某氏は「安倍の葬式はウチで出す」と宣言をしてくれているそうです。葬式は・・・!! とは、暴力団が使えば暴対法違反で逮捕される危ない脅し(恐喝)言語ですけれど、安倍さんの今後は、はたして、どうでしょうか。ちなみに葬式という言葉は念の強い言霊(ことだま)を発します。怨霊ことばです。自分の身に必ず返ってくるので敵封じには使わないでください。スピリチュアル業界の神明な世界では禁じ手です。

安倍晋三・1954年(昭和29年)9月21日生まれ。

本命星一白水星 月命星一白水星 宿命宮 離 空亡申酉 干支・甲午

うわ~っ! 本命と月命一白のダブル、一白の裏数字は「9」です。宿命宮離の数字は「9」です。誕生日9月の「9」。新総裁になった今月は「9」月です。干支の「午」も「9」とみます。「9」は最高位の数字です。山頂、頂上を表す数字で普通はここが頂点と読み、→「0」→「1」の起点から出直しを計るべきと占断しますが、ここまで「9」がならびますと、「9」→「10」へと進みます。たいへん珍しい、希有な、レアケースです。「10」は人智を越えた神さま坐す、高度に霊的な力が入る領域を示します。

ある条件次第で安倍晋三さんは政治的願望を達成をします。

艮→一白○

震→四緑◎

離→七赤◎

艮→一白○

安倍さんの運気はすべて吉でうち二項目は大吉。強気がふさわしい時期に入っています。

占日の日盤は・・・

486
531
972 (南北を逆に置く見方です)

一白が震に回座です。強い吉運です。今後に向かってさらに上昇します。

巳酉未
午辰亥
戌申子

戌寅子
亥酉辰
卯丑巳

辰申午
巳卯戌
酉未亥

午戌申
未巳子
亥酉丑

干支霊盤で観ると笑顔のなかに覚悟を秘しているのが見えます。

・・・秋になれば天皇陛下ともども稔りへの感謝の祈りを捧げる平和な日本を守りたい・・・安倍晋三さんの言葉です。日本を守るために身命を賭けたい。

・・・武力(戦力)を知的な知性(平和力)の要にしたい。その為の憲法改正が必要である・・・。

霊数字「10」は前述のように霊的な応援の入る数字ですが、ただし条件があります。多くの人々、国民の誰の目にもわかるような霊的な参拝がその条件となります。

反日系が目の敵にする「靖国神社」への参拝はその条件を一発でクリアします。前回首相(2006年9月~2007年9月)の時は小泉純一郎総理とは異なる政治手法をとろうとして靖国参拝を抑制しました。しかし小泉さんが長期に及ぶ総理職をまっとうしたのは顕界を支える霊界とのコンタクトに成功していたからです。・・・え? そんなことないだろう、この現代に、、あの軽々そうな小泉さんが・・・まさかと思いたい人は多いでしょうね。郵政民営化騒動では反対派が小泉封じ(禁じ手)を使いましたが、逆に反対派陣営に死亡者が出ました。目に見えない霊的な力を軽々に扱っては怖いのです。

政治ショーとしての参拝は効果薄いが、本心での靖国神社参拝は安倍さんの政治的目的達成への大きな裏方サポート力になります。

夫人の安倍昭恵さん( あきえ、1962年6月10日 生まれ。父は森永製菓元社長の松崎昭雄氏 )の裏方サポート力も霊界応援を戴く方向へのサポートに徹するスタンスをとるべきというのが九星氣學四盤掛け+傾斜法による占断です。安倍晋三さんの弱点は夫人の表向きの行動です。今後は夫唱婦随(夫の意見や方針に妻がそのまま従う)方向で支えてあげれば健康面での強い支えになります。

| | トラックバック (0)

2012年9月22日 (土)

甘いものは”愛”を育てます

きょう22日は秋のお彼岸(19日~25日)の中日ですね。あ、どうも、平和と愛に幸せを感じて生きる^^ 鎌倉kamakura佐助hiroyoでございます。以前に書きましたが、お彼岸の期間におはぎをお供えし、お下がりを戴くと守護霊さまとの絆が強くなります。甘いお菓子は平和と愛の素といえそうです。反日デモテロ暴徒の一人一人の口に甘い角砂糖を一つづ入れてあげれば滅茶苦茶な暴力沙汰にはならないかもしれませんね。さはさりとて、

Cimg53691

写真は”甘いものに魂を抜かれて佇(たたず)む人”だそうです。(東京西銀座を散策中の大こども「X」撮影)。ウエストの洋菓子ですから・・・動けなくなるのも・・・。むかしむかし縁日の駄菓子屋さんの前で動けなくなった幼児hiroyoを想い出します。

ところで、当処鎌倉佐助へお越しのAさん(30代女性 関東圏)のお話です。朝、出勤前に体の異変に気づいた。妙に疲労感があり、足元がふらつき、目まいもする。わけがわからない。霊障かしら、病気の予兆かしら。会社へ大幅遅刻の連絡をし、すぐに最寄りの綜合病院へ行った。総合検診の常でまずは血液検査からです。その結果は・・・

「血中糖分の不足です」
「毎朝のコーヒーや紅茶に角砂糖一つを入れて飲めば、こんなことにはならない」
「はい、ごくろうさま。甘いものを口にしてご出勤ください(笑)」

もちろんAさんの体調はたちどころに回復しました。・・・ダイエットの天敵は糖分、お砂糖の取りすぎは糖尿病、肥満の原因などとの思い込みすぎから、逆に極端な糖分不足におちいる女性がこの夏バテ時期には増えるそうです。糖分は脳内には不可欠の養分です。脳内は全身の健康の司令塔ですので時々は甘いものを補給しましょう。もちろん甘いものによる幸福感の絶頂は癖になりすぎますと体重増加となって現れます。どっちに転んでも過ぎたるは及ばざる如しには違いありません。

甘いもの好きな人は笑顔が多い。

甘いもの好きな人は愛を育てる。

  (個人の感想です。個人責任ですので摂取過多には注意)

この関東圏Aさん(女性)は、過去生での恋人にまつわる霊的現象と現在、向き合っておられます。

| | トラックバック (0)

2012年9月19日 (水)

尖閣を占う。支那人に強盗させては支那人の為にならない

日本国のみなさま、そう、そこの君、あなた。スピリチュアル(霊的)なあれこれが好きなぼくや君たちに告ぐぅ !! 「X」です。尖閣問題をスピリチュアル方面から研究中です。

明らかに100%日本領土の尖閣を支那領土と言い張る。

支那の政治家官僚は狂っています。隣の家の庭に入ってきて、ここは昔昔その昔から俺の所の敷地だからあなたは立ち去りなさい・・・土地謄本名義は日本ぅ? ダメダメ、手を上げて降参しなさい・・・極端に程度の低い暴力集団でも日本人の暴力団体なら、この手には出まい。法治国家に住まうかぎりはね。あ、支那は法治じゃないのかぁあ。共産主義をよそおった金治(金治・お金で治める)なのだああああ、ね。でも、お金の力だけしか信じない人々は善悪や正義不正義の尺度、基準、アイデンティティが一定しないので厄介です。

・・・・・・・「ヤバイで、オレ、こんな真っ昼間から社会の秘密バラしてしもうて」。大富豪アニキの教え(ダイヤモンド社 丸尾孝俊著)のセリフ借用

そういう支那人民タイプの弱点は、武の”力”です。

・・・・・・・「ヤバイで、オレとんでもない秘密をバラしてしもうたわ」 ガハハハとアニキ風に笑うぼくです。

自己の弱点はより弱いものに徹底して向かいます。武の力に弱点があると、自分より弱いと判断した対象の者をを力で抑えたいという願望が募ります。いわゆる”いじめ”っ子になりたい。

日本のみなさま、ぼくを含めたみなさま、目を覚まそう。

盗っ人したくて猛々しい支那、チャイナ(中国)の悪辣犯罪を止めよう。このまま彼らを犯罪者にしては霊的にも彼らのためにもなりません。では、どうすればいいか。簡単です。日本は武の”力”を実力行使すべきです。戦争? はい、戦争です。強盗団を排除する力を戦争というならば戦争です。すでに支那は領海侵入、領土侵犯の戦争を仕掛けているのです。ま、ま、ま、穏やかに、冷静に、などと逃げては、ここで負けては末代までの恥です。戦争は国民の覚悟がなければ勝てません。逆に覚悟さえあれば覚悟だけでも強盗国家の侵入侵犯を防止する戦に勝利することが可能です。

戦う覚悟です。外つ国、あっちの国、こっちの国などなどに支那は悪いです、助けてください、お願いします、と訴えても訴えても、こっちに戦う覚悟がなくては誰も本気で味方などしません。これ、覚えておいてください。日常の出来事、ビジネスでの揉め事でもこのスピリチュアル法則、公理は変わりません。戦う現場では戦う。

スピリチュアル(霊的)なものに癒し効果ばかり期待しては人生しくじります。なぜなら、癒されてばかりでは勝負には勝てないからです。・・・・おおっ、「ヤバイで、オレとんでもない秘密をバラしてしもうたわ」。大富豪アニキの教え(ダイヤモンド社 丸尾孝俊著)のセリフ借用。う~ん、二度と言わんからメモしてもええよ。戦わずして癒しを求めては心も体もふにゃふにゃの柔な人間になってしまう。癒しなどを求めてスピリチュアルヒーラーのところへ通わなくても、この日本に居るなら、空を見なさい、雲を見なさい、木を見なさい、山を見なさい、川を見なさい、海を見なさい、月を見なさい・・etcあらゆる存在があなたの心と体を癒してくれるでしょう。・・・・あ、”母”hiroyoもヒーラー、ですが、でもhiroyoヒーラーはあなたの欲望を叶えるお手伝いをするのが本務だそうですので”人生の勝ち方”、つまりどう戦うかに力点を置いているように思えます。「わ~、これ、完全に間違いないで」「オレ、とんでもなく、ええこと言ってもうたわ」大富豪アニキの教え(ダイヤモンド社 丸尾孝俊著)のセリフ借用。

では、また。情勢の変化に合わせて、つづく。

| | トラックバック (0)

2012年9月17日 (月)

尖閣を占う。安倍晋三氏・・・

風雲急を告げています。チャイナ(中国)が尖閣諸島が欲しくて強盗に来ています。あ、大こども「X」でございます。”母”hiroyoは平和が好きです。ぼくは戦争が好き、なのか。戦争と聞くと、ううっとエキサイトします。歴史小説なら戦国時代の戦争シーンに息をのみます。CIAとかKGBとかダブルOセブン(007)などの単語を耳にしますと!!興奮します。戦う忍者モノも好きです。テレビアニメ忍たま乱太郎(なかでも”母”hiroyo脚本家時代の作品)はハラハラドキドキ面白い。”母”hiroyo愛読の忍者無芸帖(いしいひさいち作)の戦争にいたっては大笑いできます。・・あ、・・話し、ズレてきたか。元へ。

尖閣諸島です。

自民党総裁候補の石原伸晃氏は「尖閣に中国は攻めてはこない。島には誰一人いないのだから」と言っておられます。そうあって欲しいのですが、

チャイナ(中国)漁業監視船六隻は日本の領海内に平然と侵入し、「ここは中国領海内である。あなたちは退去しなさい」と日本の海上保安庁の巡視船に向かって警告しています。まともな神経とは思えないのですが、それが人類の戦争という愚かしい歴史の愚かしい一面でもあります。愚かしさが頂点にいたると殺し合いの戦闘、暴力での決着となります。そして、ことの善悪、正義不正義は、勝者側の国家が決めます。これはいつの世でも歴史の公理です。

尖閣諸島をチャイナ(中国)が戦闘武力で制圧強奪できれば、尖閣はチャイナ(中国)領土だった!!となります。勢いに乗ったチャイナが沖縄を目指せば否応なくアメリカ軍が出てくるので、さすがそこまではしない。しかし尖閣なら、日本政府が戦闘に入らない限りオバマ政権下の米軍は中立の立場をとると読みます。日本政府が自衛隊で戦闘配備に入ればアメリカ軍も日米安保を発動し、日本の味方になる。なぜなら日米が組めば「絶対に勝てる」からです。そうなればチャイナ(中国)は攻め込んでは来ない。なぜなら絶対に負けることがわかっているからです。

問題は、日本人の大多数がチャイナ(中国)との戦争も覚悟できるか、どうか、です。尖閣諸島に陸上自衛隊の対戦艦ミサイル88・・88式地対艦誘導ミサイル(SSM1対艦誘導弾)・・を地上配備すればチャイナ(中国)の戦艦はことごとく撃沈可能とアメリカの専門家筋は分析しています。政治のリーダーがその覚悟で大多数の日本人を引っ張ってゆけるか、どうか、です。この場に及んで日本は内戦? ま、自由民主党も民主党も党首選です。内々の戦い真っ最中ですね。願わくば強力なリーダー(首相)の登場が望まれますが、どうでしょうか。

お~い^^ お母さん~、hiroyoせんせい~ ちょっと九星氣學、観てぇ~ください 

・野田佳彦 1957年(昭和32年)5月20日生まれ。本命 七赤金星 月命 五黄土星 宿命宮 兌
・石原伸晃 1957年(昭和32年)4月19日生まれ。本命 七赤金星 月命 六白金星 宿命宮 乾
・安倍晋三 1954年(昭和29年)9月21日生まれ。本命 一白水星 月命 一白水星 宿命宮 離
・石破茂   1957年(昭和32年)2月4日生まれ。本命(六白金星&七赤金星) 月命(五黄土星&八白土星) 宿命宮(乾&巽)
・町村信孝 1944年(昭和19年)10月17日生まれ。本命 二黒土星 月命 三碧木星 宿命宮 巽
・林芳正   1961年(昭和36年)1月19日生まれ。本命 四緑木星 月命 六白金星 宿命宮 震

この6人の内で「戦闘」できる人は、誰でしょうか~あああ、お願いします。

はい、はい、はい。・・あ、ハイは一回でいいのよね。ほ~、う~ん。1957年、昭和32年生まれがご三名さまですね。性格は野田さんの七赤金星 月命 五黄土星は 不言実行タイプ。石原伸晃さんの本命 七赤金星 月命 六白金星は 石橋を叩いて叩いて慎重に渡るタイプ。石破茂さんの本命(六白金星&七赤金星) 月命(五黄土星&八白土星)は プライドを傷つけられると戦闘するタイプ。

町村さんは二黒土星ですね。町村さんは調和をとりバランスよく穏やかに知的に解決したいタイプ。林さんは四緑木星、和を大事に何度も挑戦して解決をはかるタイプ。安倍晋三さんは・・おや、一白水星のダブルに離(南・頂上)ですよ、おお、戦闘できる石破茂さんは戦闘の同調者を求めますが、安倍さんは一人でも戦えますね。戦闘という一点に絞れば安倍さんが最も強いリーダーです。

現在の運気ベスト3は
1位 安倍晋三
2位 野田佳彦
3位 石破茂   ・・・以上ですね、もういい?

は~^^い ありがとうございます。

元寇以来の風雲急を告げる時代の風は「朝日新聞」の敵、天敵、「安倍晋三さん」を求めていると占断します。(文責「X」)。ただし情勢は変わることもあります。

 
 

| | トラックバック (0)

2012年9月11日 (火)

恋教え鳥 鶺鴒鳴く・・・七十二候 9月12~16日

鎌倉駅西口から鎌倉市役所の先、御成トンネル手前に坐します”お諏訪さま”「諏訪神社」にお買い物帰りに寄らせていただくと不意に、わたしの前にハクセキレイが舞い降り、チィチィチュチュイチィと鳴きつつ挨拶してくれました。

9月13日~16日の頃は明治以前、江戸時代に使われていた旧暦、七十二候(一年を72に区切って季節の変わりを示す)では、「鶺鴒鳴く」に当たります。なぜこの時期に鶺鴒鳴くと呼称したのかはよくわからないそうです。当、鎌倉佐助・寳生苑をふくめこのあたりでは一年中いつでも鶺鴒は鳴いています・・・ま、それはともかく。

鶺鴒(セキレイ)は幸運、幸福を知らせる縁起の良い鳥としてあがめられてきました。記紀(日本書紀、古事記)にも登場します。イザナギ命イザナミ命に恋の交わりを教えたことから恋教え鳥とも伝えられています。つまりわたしたち日の本に生きる命の誕生はセキレイさまのおかげといえるのかもしれません。ありがとうございます、鶺鴒さま。

むかし当家にはみけちゃんという名の三毛ニャンコがいました。みけちゃん大病後に鎌倉源氏山公園へピクニックへ出かけました。頼朝公銅像横でのんびり横たわっていたみけちゃんの前に不意にチィチィチュチュイチィと鳴きつつハクセキレイが一羽がやってきました。やんちゃ盛りのみけちゃんなら大騒ぎになるところですが、このときは、優しげな目目をハクセキレイに向けたまま動こうともしません。彼らの間には会話が成立していたと感じます。

鶺鴒鳴く・・・みけちゃん鳴く。

時は移り、季節は巡り巡り。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「今月のあなたの運勢」メルマガで配信しました。ごらんください。

 

| | トラックバック (0)

2012年9月 6日 (木)

尖閣諸島を石原都知事を騙して民主党政府が横取り・・を占う。「X」です

Cimg53251


↑ 尖閣ではありません(笑って)。

大こども「X」です。9月6日午前6時30分、鎌倉由比ヶ浜です。夏が過ぎ去ろうとしています。宴の跡です。ご用とお急ぎの方も一息お入れください。”母”hiroyoはきょうも東京です。昨日とは別件ですが、きょうも学問の世界の学者先生の研究室へ(お勉強ではなく)お邪魔に出かけました。ぼくはお留守番ですが、人見知りはげしいので来客があっても電話があっても聞こえません見えません出ません(笑)って許して。トンピンシャン。

Cimg53291 「夏の終わり」・・・丸山健二。昭和42年、当時最年少の23歳で芥川賞を受賞・・・あ、訂正、”母”hiroyoさまの愛読書書棚で確認しましたら「終わり」でなく「流れ」、「夏の流れ」でした。死刑囚と看守の日常が電信文体ともいうべき乾ききった暑い夏をおもわせる短文の文体で淡々と描かれています。

あ、話しを元へ。

Plt1209051811008p1 尖閣です。

尖閣諸島問題を占う。まずは問題のおさらい・・・日本の領土である尖閣諸島をチャイナ(中国)が横取りしようとしているのに日本政府が何の手も打ってこなかった。尖閣地主のK氏側と石原慎太郎東京都知事とが「日本の国土を愛する」という感情を共有し、K氏は東京都に売却する意志を示してきた。が、そこへ民主党政府が割って入り、20億5000万円の即金支払いで購入することにK氏と合意した。きょう現在は契約終了はしていないのですが大旨このような事だと伝えられています。ありていに言えば、札束の威力で横面を張って買い取るのです。

割って入った民主党政府側は先客の都知事と野田首相が会談し、知事側から漁港建設などの条件を許諾するなら国有案に賛成しても良いと提案あったが、返事は一週間後にと言っておいて、返事はせずに放っておいて、その間に、野田政権側は、都知事はは政府に譲っても良いと言っていると都よりも多額の金額を提示しK氏側との合意を得た。

民主党政府側は石原都知事に「勝った」と内々で大喜びです。浅ましいです。

そりゃあ、土地の売買ですから、売り主は札束の多いほうに向かって笑うのがこの世の常かもしれないのですが、これってやはりヘン! という感覚を失っては邪道鬼道の罠にはまります!! 注意。

なぜか。

土地の取引を持ち主(K氏)と買い主(国あるいは東京)の二者だけの都合で決めては土地神さまの怒りを招きます。土地には土地土地の神さまが坐します。購入にあたって価格を値切りに値切ったり、あるいは今回のように価格をつり上げて札束(現金)至上で買い取っては、お金だけが価値ではないとされる神代の方々までさかのぼっての怒りをかいます。産土神さまに見放された人がどうなるかは数多の悲惨な結果の例があります。今回の尖閣諸島売買がK氏側と民主党政府(野田政権)でこのままの経緯でまとまれば、K氏側にも政府側にも苦しいこと悲しいこと辛(つら)いことが連続て起きます。そんな先のこと、どうでもいいんだ、価値あるのは今この瞬間だ、バカバカしい・・・と思う方々はどうぞご自由になさってもよいのです。選択の自由はあります。でも覚悟はしてください。土地神さまの怒りは容赦ないですからね。以上です。あなたも足下の土地の神さまに今一度思いを寄せてあげてください。ご先祖霊とも関わりがありますよおおおおぉぉ。

あ、追加、

もっと心配なのは民主党政権が手に入れた尖閣諸島に関する問題でチャイナ(中国)の主張を次々と受け入れる事態にならないかということです。

民主党初代首相、鳩山由紀夫氏は首相当時に「日本の土地は日本人だけのものではない」と語り、その当時鳩山政権を支えた最高ブレーンの元外交官、元防衛大学校教授、評論家の孫崎 享(まごさき うける)氏は「尖閣諸島は日本固有の領土ではない」「14世紀には尖閣を含めた沖縄は中国の配下にあった」と主張しています・・・日本人が、ですよ、民主党を支えている文化人が、ですよ。14世紀・・・、中国領土を制圧していたモンゴル帝国はヨーロッパまでを制圧していたのに・・・。アホな話しですが中共チャイナが喜ぶ体質を民主党政権は備えている。日の丸を強奪遺棄されても盆踊りの丹羽宇一郎氏を中国大使に任命したのも民主党政府でしたね。野田首相は自民党野田派で保守・・・というイメージ定着は自民党を巻き込む仮面なのか、あるいは消費税増税という三党合意成立で政治的元気さはもう失せてしまい、誰かの操り人形になっているのか。

・・・・・・『夏の流れ』より

 仕事を終え(X注・死刑)、皆は処刑室を出た。雨はあがり、雲は切れ切れに吹き飛ばされていた。蝉が鳴き始めた。ときどき吹く風がヒマラヤ杉を揺らし、しずくをパラパラ落とした。
 私と堀部の前を肩を並べた所長と神父がゆっくり歩いて行った。
「まずまずってとこだな」と堀部が言った。
「うん?」
「今日の仕事さ」
「そう考えればな」と私は答えた。
陽が照ってきた。

・・・・・Cimg53461

・・・・・

・・・・・Cimg53421 本日のランチ、私の好物、手作り

・・・・・・・・・・・

顔写真手配公開停止。ご協力ありがとうございます。

 2,3日限定指名手配公開----発見した方は鎌倉寳生苑までご一報ください。

| | トラックバック (0)

2012年9月 5日 (水)

中国人による丹羽大使公用車日の丸強奪テロを占う。「X」です。

393a(NHK)

「X」です。その①です。”母”hiroyoに成り代わりましてチャイナ(中国)人による日の丸強奪テロ事件を占います。うん? Xって誰かって? お酒は全然飲まないしカラオケは嫌いで人見知りは、はげしいが、ネはアカるい(?) という矛盾に満ちた人格および霊格ですので、友だちがいません・・・? 神さまに以前打ち明けましたら、木や草花や鳥や犬やネコちゃん、岩や山々、諸々いっぱい話しが通じる友が居るじゃないか、と諭されました。^^ ヤッホー♪

さはさりとて、

丹羽大使(1939年、昭和14年1月29日生まれ)、八白土星(2月4日以前は前年度年盤になります)、月命九紫火星は、う~ん。これは難しい、ぼくの手には負えないかもしれない。”母””母”、母はどこかぁ、お~い。おっ、母さん。どこへ行ったか。東京へ、いっちっち、か。大学の名誉教授先生の研究室に伺うとか言っていたな、学校時代は良く遊んでばかりだったらしい”母”なのに学者と言語が通じるだろうか。う~ん、きっと肝っ玉で会話するんだろう。あ、おや、物音が・・・あ、まだキッチンに居るみたいです。アイスクリームの一人食べかもしれない、追撃し、奪い・・・。いえ、ま、あの。

まずは、日の丸強奪テロ事件のおさらい・・・

丹羽宇一郎中国大使の乗った走行中の公用車(8月27日、現地時間午後4時)を二台のクルマ(BMWとアウディ)で挟み追走、追撃し、あげく停車させ「日の丸」を強奪した中国人4人は、刑事訴追されず数日の勾留微罪で釈放されることになりましたね。

ジュネーブ条約違反という国際的重大犯罪に、軽い処分ですます中国政府、それを「罪の軽重は問わない」(日本外務省)と追従笑いですます日本政府です。ああ、笑えます。1958年九州は長崎での右翼団体による中国国旗の毀損事件では中国はただちに日本との貿易を2年半にわたって断絶しました。怒ったんです。でも今回の日本政府(外務省)は怒りません。抗議書ではなく「親書」を手渡し受理されたと喜んでいますね。五日後の9月2日に丹羽大使は北京での「中日友好40周年」で日本の盆踊りを披露し

Chn12090220370004p1_2

”難しいことは忘れて、日中仲良く踊れて良かった”と満面笑みを浮かべた。笑顔は百人の味方を呼ぶといいますが、中国人の味方ばかり増やそうとしても、それはこの際は違うとおもいます。

以下のようなショートコントが中国のネットで大受けしているのですね。日本を笑いものにしていますが・・・う~ん、まいった、ね。

所は北京での六ヶ国会議、日本代表がトイレに立った。他の国が我慢強い日本をどうしたら怒らせることができるか、という話で盛り上がった。

・・・

北朝鮮代表「国民が拉致されても怒らない国ですから」

韓国代表「独島(竹島)を不法占拠されても攻めてこないよ」

ロシア代表「そっちは一つ、こっちは島を四つ、北方領土とったけれど」

中国代表「反日デモで大使館に石投げても日中友好と言っている」

北朝鮮代表「さすがに核ミサイルを撃ち込めば怒るだろう」

するとアメリカ代表が、「ダメダメ、それは俺がもうやってみたから」

・・・

いじめても、いじめても弱々しいので、図に乗ってますますいじめる。

・・・

丹羽宇一郎大使を占う・・・でした。”母”hiroyoをリビングテーブルまで追撃し、つきまとい聞き出しました。以下はリアル母の言葉お伝えでございます。

「はい、はい、ああ八白土星ですね。月盤はえ~(左手の平に右手指先をゴニョゴニョ移動させる)、九紫火星。巽宿命宮、ね。四緑木星。五黄土星が回座・・・自分の器が試される年ですね。あ、兌に・・・口に注意、発言で失敗もありますから注意です。

八白土星の人を見るときは”継承””引き継ぎ”を観点の軸に据えるのです。引き継いでそれを次の世代に渡すものは何か・・・この方(丹羽大使)は”日本国家経済”を引き継ぐ宿命の元に生まれ育った。しかし出世の階段を上がるうちに日本国家経済の日本国が消えてしまい、家経済、になった。丹羽大使を任命した鳩山由紀夫首相と気脈はいっしょですね。鳩山さんも日本国という具体よりアジアという抽象に傾斜した。現代の地球、世界はオリンピックが象徴して見せているように国家単位で競い合っています。なのに国の帰属を消してしまっては負けます。

日の丸を奪われたのは、この方(丹羽大使)が元々は何を引き継ぎ何を次の世代に引き継ぐべきかを、何を背負って生きてゆくべきかを、神さまが示されたのです。日の丸、日本という国の為に働いていたつもりの大使の間違いを神さまは示された。日の丸強奪テロ事件の今生での罪は中国人4人にありますが、霊的には大使本人の罪であることを神さまは示されています」

-----

うっ・・・そうか、なるほど。わたくし「X」、口答えできず・・・沈黙は金か、?。一つだけ、良いですか・・・世間一部に・・・強奪日の丸事件は中国筋関係機関が伊藤忠(日本)への金銭(賄賂)要求サインではないか・・・という情報もあります。丹羽大使を拉致し命を奪うことも出来た・・・このサインを無視すれば大使以外の日本人対象に本気で実行する・・・。

| | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »