« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月27日 (水)

超能力スポット「ラゾーナ出雲神社」での霊的お作法

豊かな生活への祈念。

常在神々さまを信じ、作法に通じますと豊になります。BさんGさんKさんYさんEさん・・うれしいお便りありがとうございます。○さん、Sさん、がんばれぇ、大丈夫。

祈念の実現には生活態度(言動)の変革向上にともなう霊格のステップアップが条件です。霊格のステップアップとは、霊法に基づく礼法、お作法に通じることですね。

面倒なことは嫌だから、念じたのみで叶えて欲しいとは・・・

残念ですが、それは、当処ではお断り、というか、そのような悪魔の秘術的な超能力は使いません。ごめんなさい。時間をかけて本物の豊かさを実現していただくのです。願いは必ず実ります。結果が多々示しています。

・・・お知らせ・・・27日(水)、28日(木)、両日は霊的遊行の為、電話応答やメール返信はできませんのでお許しください。

Cimg6319

JR川崎駅前の「ラゾーナ出雲神社です。

Cimg6307_2

Cimg6308_2

ラゾーナ出雲神社

この神社は、縁結びの神として有名な島根県の出雲大社から1916年(大正5年)頃に分祀されたものです。当時は東芝の前身である東京電気の川崎工場(後の東芝堀川町工場)の安全と繁栄を祈念して分祀されました。
2006年(平成18年)9月の「ラゾーナ川崎プラザ」完成を機に現在の地に遷座され、この地を訪れる「人と人」「人と自然」の「縁・繋がり・絆」を見守っています。
また、この池の金魚は工場で飼われていたものを放流しています。
なお、この地は1908年(明治41年)に東京電気の川崎工場として、電球・蛍光ランプ・受信管・X線管ブラウン管、半導体など様々な新製品を世の中に送り出してきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このお社ではこの地、日本を支えてくださった数多(あまた)の過去の御魂(みたま)に、ありがとうございました、とお伝えください。

寛容と互譲の幸福が脳内を洗浄します。

| | トラックバック (0)

2013年2月23日 (土)

最高の誕生日を迎える方法は・・・。

もうすぐ春です、よおお♪  YさんHさんSさんKさん、あなたの願い、さらに一段上のレベルで盛大に叶います。元氣ぃ出してぇええ! 寿ぎ祈ります。

Cimg6259_2

 朝陽。

今月、2月はわたしhiroyo誕生月です。神々さまお計らいで日々いそがしく過ごさせていただいております。このブログ更新、飛び飛びのありさま御寛容くださいませ。例年、誕生日月の2月はお暇休暇をもらえる程度に余裕もって暮らすのですが、今年は真逆の過密スケジュールで神々さま応接連日昼夜問わずの嬉しさです。なかでも誕生日には、とてもとてもとても高貴な、やんごとなき天女のような女性さまとのご邂逅(かいこう・思いがけなく出あう)いただき、お陰さまでhiroyoの心身すべて力は満々です。

ところで誕生日を最高に有益に過ごす方法は、何なのだとおもわれますか。

はい、ピンポン、当たりの方にはプレゼント進呈です。お手渡しいたします。鎌倉kamakura佐助までご足労ください^^。

・・・・

答えは、あなたの肉体をこの世につくる為にお力あった、この世、あの世、すべてのご縁にふかくふかく心から喜びの祈りをささげることです。

・・・・

なんだぁ、そんなことぉ・・・早まらないでください。当たりまえのこととみえる中に人生の秘伝、秘訣が仕込まれているのです。パナソニック、松下電器創業の松下幸之助氏の著書はどこを開いても当たり前のようにみえる事が書かれています。一つ一つ、ごく日常的にみえる事を実践したあげく松下幸之助氏は1862社を経営トップとして管理なさいました。1862社です。1社、2社、3社ではなく、1862社です。その秘訣は社長と従業員との”信頼関係”という、これまた当たり前のようにみえる事柄ですね。あぁ、話しを元に戻します。今回は誕生日を有益に過ごす秘訣でした。

誕生日を家族や相棒や恋人や友人が祝ってくれたとしたら、ありがたくお祝いを受けてください。そのうえで上記の「あなたの肉体をこの世につくる為にお力あった、この世、あの世、すべてのご縁にふかくふかく心から喜びの祈りをささげること」を実践し、こみあげてくる喜びを、目には見えない世界の方々、神々さま、仏さま、ご先祖様にも見せてあげてください。あなたの喜びが伝われば喜びのご褒美がかならずや何層倍でもたらせられます。

以上です。

Cimg6266

母の誕生日を祝って、母の代わりに人生の”重荷”を背負ったbokuと主張しております。重荷ではなく遊びツール(ロッククライミング用の舶来マット)なのをわたしは知っています。

| | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »