« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013年12月29日 (日)

安倍首相靖国神社参拝の吉凶を占う(気学日盤)

安倍首相が靖国神社参拝をされて以来マスコミの安倍非難批判はしゃぎが止まらないそうですね。現実社会、現実政治むきに不案内なわたしhiroyo(寳生苑)は霊的繁忙のさなかでもありとりたての反応はひかえてきましたが、近場の「X」がこれを(安倍首相靖国参拝)を占って欲しいと朝早くから白紙をわたしに差し出して迫ります。

アメリカもEUも豪州も安倍首相の靖国神社参拝を非難している。・・・と日本の朝日新聞毎日新聞東京新聞、その他共同通信、時事通信配信の地方新聞などなどが今とばかりに政権非難の総攻撃を展開中だそうです。ですので安倍首相支持派の中にも動揺という名の不安を覚えはじめた人たちがいる。時事通信は「安倍首相、靖国参拝見送り」の記事を全世界に配信したのに、その直後に「参拝」の大誤報へのつらあてもある。

そのようですね、では、まいります。朝日新聞の幹部記者が言う「安倍の葬式はウチ(朝日新聞)で出す」という品のよくない願望は成功するのか、どうか。

 北

729
864
315

 南

これは占日(12月29日)の北を仰いだ九星氣學日盤です。現状と未来が数字に置換されて表れていますね。安倍首相は本命一白水星、月命一白水、星宿命宮九紫火星(1-1-9)ですので、1,1,9の位置を観ます。

すごいですね、安倍さん!! 強い。「1」(本命月命)は南(頂上宮)に位置しています。ここは九紫火星の正盤位置です。天の気を受けて頂点に立っています。精神力体力充実です。この位置の人への非難攻撃は仕掛けた側が根負けします。

「9」安倍首相宿命宮は正盤で8の位置(変化改革宮)にいます。日盤「8」は西の悦楽宮、喜びの位置にいます。この「西の8」現金は、蓄財や財産ではなく、回るお金、その時々が嬉しくなるお金、つまり有効につかえるお金が回る、潤沢になる。一国の首相がつかえるお金とは、公、国の為につかうお金を意味します。靖国神社参拝は表面的に(マスコミ報道)失点のように非難されていても、じつは内在の真実(見えない世界の取り仕切り)では日本という国家、国の経済をもさらに豊かに磨き上げる。

国のリーダーは「6」で表します。中央(帝王宮)に回座です。神仏が国の為に一体化しています。神仏の位置に「7」悦楽、喜びが回座しています。九星氣學学を学ばれたことのある方なら、「ちょっと、待った、そこは日破、暗剣殺の重なりで「大凶」! と安倍内閣暗雲説を言いたくなるでしょうが・・・ここは最上級鑑定の一部を明かしますと、安倍首相の現況「1」「9」「6」の強さは、「破」「暗剣」を被るのではなく、真逆になります。つまり被るのではなく、周囲の敵に「破」「暗剣」を及ぼすと読みます。本人(安倍首相)が周りの邪をつぶす、邪を破るという強い「気」が出ています。

靖国神社参拝によって霊的大軍隊が安倍首相率いる国、国家、日本の為に動き出したのです。ご安心のうえ、あなた個人もこの国の為に何かを為してください。祈りでも良い、参拝でも良い、あなたさまの無理のこない方策で良いのです。以上です。

↑このような安倍首相、安倍内閣への占いなど信じない!! 

^^それはそれで結構でございます。朝日毎日新聞が好きな、そういうあなたにも益をもたらす安倍首相の政策です。不平不満をつぶやく無益をつづけるよりも、あなたの幸福に目を向けてくださいね。いいお正月になりそうです。では、良いお年をお迎えください。

 

| | トラックバック (0)

2013年12月26日 (木)

「いいお正月になりそうです」

しばらく霊的多忙というか霊的幸福の波に助けられての繁忙でブログ更新ご無沙汰つづきです。ごめんなさい。邸内社寳生苑hiroyoです。「体をこわしていないか」「元氣ぃ?」などなどお便りありがとうございます。もちろん元氣です。寸暇をぬって所縁ある神社参拝、登拝をこの最中でもきちんと実施しています。貴嶺宮T先生ありがとうございます。

Cimg19991

住吉大社(大阪)の朝です。この写真の左、虹色をみつけてください。良い事がおきます。急ぎ旅につき付近の人さまへのご挨拶はかないませんでした。

Cimg20471

こちらは大山神社(神奈川・伊勢原市)です。ケーブルに乗らず、

Cimg19911

歩きで頂上(1250㍍)上社へ登拝しました。ほら、

Cimg20552

・・・・・・・

年の暮れ、あと数日でお正月。「いいお正月になりそうです」・・・この言葉、声に出して言ってください。寿ぎの言霊が乗っています。

| | トラックバック (0)

2013年12月 8日 (日)

年の暮れ、12月の運勢を観(かん)じる

個々人、各九星別の12月運勢はメルマガで配信しました。ここでは今12月の全体的な運気運勢のあらわれようを紹介します。

 北

264
318
759

 南

これが12月の寳生苑・九星氣學「月盤」です。あらゆる運気運勢を1~9の数字に置き換え現実に目に見える形で露呈されています。運気運勢はふつうの人々には目には見えない。それを数値化し目に見えるよう計らってくださっているのです。わたしhiroyoは九星盤にはいつも感謝の一礼をしずかに捧げます。

いえ、あなたに一礼を求めているのではございません。な^んだか、よくわからない^方々は苦笑でもいいですから笑ってリラックスしてください。あ、それから、世上の九星氣學の盤は「南」が上で「北」が下、つまり上記の月盤とは方位が逆ですね。なぜわたしどもでは「北」を上の盤を使わせていただくのかは・・・じつは深い意味がありますが、・・・緊張を強いる結果になりますので、ここでは止めておきます。

以上、前置きが長くて^^。では、さて、12月の運気運勢・・。

12月は、一白水星、甲子(きのえ ね)、子(ね)・「北」が月健・・・大吉で、この北に「6」六白金星が入っています。本命星六白金星の人にはとってもよい月ですよ、、、しかしじつは、九星氣學を学ばれた方ならご承知のように、南に「5」があり、その真反対の北は暗剣殺・・・大凶です。六白金星の人には12月は大吉でもあり大凶でもある。どっちっか決めてくれと叫びたくても、叫んでも、どうにも止まらない。特殊な吉事招きの伝がないわけではないのですが、ま、一般的には、運気運勢は受け入れて感謝(凶事であっても)の心こそが人生好転の勘どころの極上教えです。

以上、それはさておき、寳生苑hiroyoの月盤観じを特別にお披露目すると・・・。1~9,すべての人に言えることは・・・。

------------------------------------

「1」一白が中央の月盤ですが、その1の正位置(5が中央の正盤)に「6」六白が坐す。6は神仏の力を意味します。

つまり今12月は、神仏の力(智恵)の立ち現れる力が大変に強い。それを上手に受け入れる人は大吉、そうでない人はいつもの12月という月が通りすぎてゆく。神仏の力とは「智恵の力」です。ふと思いついたり、あぁ、こっちへ行こう、こうしよう、などと考えつく。それが神仏の力ですが、それを自分の力、自分の手柄と思うと・・神仏からの信号を減らすことになり、信号が途絶えがちになってゆきます。思いついたグッドアイデア、得意になりたいのはわかりますが、自分の力は2,3割で大部は目には見えない世界からの信号だと感謝することで大吉はさらに大吉を呼ぶ。

---------------------------------------

大きく「成功」する者、尊敬にあたいする人々は例外なく目には見えないお力を知っています。今、ここからでも良いのです。神仏の力を智恵の力と観じとる生き方をおすすめします。豊かに生きるあなたの為にも。俺こそが、わたしだから、自己表現がすべて・・・とはいかないのが、この世あの世ふくめての大きな世界の現実でもあります。

| | トラックバック (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »