« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月26日 (水)

日本タンポポです、ご神託です、タンポポ咲く日本の春が

あ~~、おはようございます、呑気(のんき)な大子どもミスター「X」でございます。呑気にひらがなを付けたのは呑の字に剣呑(けんのん・危険な感じがするさま)のイメージがあり、また相手を滅ぼすという意味合いもふくむので~、わたしの場合は単にノーテンキなおめでたいアッポちゃんです、と言いたかった。あ、ああ~、話しは春!

昨日、鎌倉佐助寳生苑近くの山を、せっせっせ、

Cimg2328

Cimg2329

歩いて、 発見、もう春!

Cimg2330

タンポポ。春の花。これは日本タンポポです。 西洋たんぽぽが増えて、いまや貴重種とまでいわれている和たんぽぽ、日本タンポポ。西洋たんぽぽは夏でも秋でも咲いたりしますが、和たんぽぽは春の草花です。

Cimg2333

和たんぽぽは萼(がく・花を支えている緑色)が真っ直ぐです。西洋たんぽぽは萼が自己主張^^しているかのように反り返ります。萼がイナバウワー^^します。和たんぽぽはわたくしの性格のように真っ直ぐでございます。西洋たんぽぽは時に巨大化もして、それはそれなりに見事です。きれいです。でも日本タンポポ咲く春のうつくしさを、どうぞ。

以上、”母”hiroyoに報告いたしましたら、

「たんぽぽは、ご神託、という意味ですよ」と申しました。どういうご神託か? と聞きましたら、うううう、と瞑目し、手元に白紙を引き寄せ、手に筆をもち、三つの約束とタイトルを打ち、、~~~とすらすら三項目、書きました。ほ~、さすがですね。「あ、三項目、内容、これは、ブログに書いてはダメ」だそうです。個人的なご神託は一切、表に出さないのがこの世界とあの世の世界と神さまの世界の合わせ契りだそうです。なるほど。

 

| | トラックバック (0)

2014年2月25日 (火)

どこかで春が・・一筋の光、希望の光が

だれにも見えるはず・・・希望の光が

Cimg23221

2014/02/25/am7:31 鎌倉kamakura佐助

一筋の希望 勁い明るい その光がお待ちしています

どこかで春が
作詞:百田宗治
作曲:草川信

どこかで春が
生まれてる
どこかで水が
ながれ出す

どこかで雲雀(ひばり)が
啼(な)いている
どこかで芽の出る
音がする

・・

 

2月の鑑定セッション受付は終了です。三月分受付始め。

 

| | トラックバック (0)

2014年2月18日 (火)

大雪被害、死者23人..・・・お詫び。

大雪で被害にあわれた方々にお詫びいたします。鎌倉kamakura佐助の山峡にいますと広範囲の世間に疎くなり、降る雪にも、つい情感を込めて眺めたりはしゃいだりしてしまいがちです。もうしわけございません。

・・

大雪の影響とみられる死者は、14日の降り始めから群馬、埼玉など7県で計15人に上った。雪の重みで車庫などの屋根が崩落し、下敷きになったケースが目立った。

 山梨県では県外とつながる国道の通行止めや鉄道の不通が続いている。群馬県南牧村のほぼ全域や東京・多摩地区と静岡県小山町の一部も、停電や道路の不通で孤立している。

(産経新聞・2/16)

・・

きょう早朝はは玄関石改段前の急傾斜な路面が凍結しておりました。

現在(午前11時55分)、凍結は融けて、濡れ路面となっています。道の端、中央には残雪ありますが、轍(わだち)は普通の路面となっています。一般の革靴などで歩けますが、本日お越しの方は足元にご注意ください。

追記:

2/18am4:15 死者23人

| | トラックバック (0)

2014年2月15日 (土)

雪の精霊・・・オーブ (和名:玉響 たまゆら)

雪やこんこん、降っています。こんこん、、いい響きの和音ですね、、こんこん降る雪って、これは日本の風土にぴったしの言霊が乗っています。雪(ゆき)の語源はいろいろありますが、「ユキヨシ(斎潔),ユキヨ(斎清。いみ清める」、あるいは「神の〈御幸(みゆき)〉・・神の降臨・・」というあたりが相応しいように感じますね。この世の万物へのお清めと霊的お祝いごととしての雪がこんこんと降ってくる。うれしいですね。

犬は雪の中をなぜ、駆け回るのでしょうか。それは・・・ワンちゃん達は降り積もる雪の精霊さんに反応してはしゃいでいる。霊的反応の速い人(動物)は雪にはしゃぎます。そういえば、大子どもミスター「X」もなにやら深夜に起き出してはしゃいでいます。犬的キャラ(性格)の人は雪にはしゃぐ・・でも、ネコは炬燵(こたつ)で丸くなる♪・・炬燵で外の雪景色をみながらチーズケーキとかイチゴパフェもすてきですよ、hiroyoはネコ派ぁ^^

鎌倉kamakura佐助の庭にも雪はこんこん降り積もりました。

Cimg23051 2014/02/14pm9:50

Cimg23121 同、pm10:10

・オーブ (和名:玉響 たまゆら)が映っていますね。「たまゆら」、、これもいい和音の響きですね。写真の左、やや真ん中下の一部を拡大してみますと、

Cimg23122

うつくしい玉響(たまゆら オーブ)。ありがとうございます。鎌倉kamakura佐助寳生苑には、ユキヨシ(斎潔),ユキヨ(斎清)の自然霊さま、神さまの 御幸(みゆき)が、真白き雪の結晶となりてこんこんと降り積もりました。この今の幸福のきわみをあなたさまと共に感じたいとおもいます。ありがとうございます。

 

| | トラックバック (0)

2014年2月11日 (火)

「道」・・・雪道、”三歩”の奇跡、哲学?・・・「X」

Cimg2271   2014/02/09 am8:12 鎌倉佐助

鎌倉 朝 雪 振りかえり たどる足跡

雪道 雪道は幸道(ゆきみち)

幸せの道  三歩 一、二、三、

誰も 責めない  もう誰も責めない  ”三歩”の哲学 

島崎三歩 生きろ 生きて帰ってこい

ウフフ あ、「X」でございます。島崎三歩はコミック『岳』のヒーローです。ついに、エベレストで消息を絶ちました。・・・hiroyo”母”元氣です。「X」、なお元氣です。雪をみるとはしゃぐ「X」です。45年ぶりの大雪・・とテレビがはしゃいでいましたので”母”に「お~45年、45年も前かぁ、45年も前、母はこの世にいましたっけ?」と訊くと・・「いました!」と睨(にら)まれました。いましたよ、とっくに・・だそうです。

鎌倉雪景色、参上。

Cimg2272

きょうの佐助稲荷神社、雪景色です。

Cimg2274

おぉ~ ”母”の本名が掛かっていました、よ。

Cimg2275

わぁ~、本殿の赤い鳥居が、昨夜、倒れた。また、新しく成るから、良い良い。神様は大らかでごきげん麗(うるわ)しいでした。

Cimg2276

磐座(いわくら)・・昔、昔、神社に建物がなかった遠い遠い 、昔、昔、ここが神様とわたしたちの出会いの場、神聖な場であった。

Cimg2284

Cimg2286 かがやく陽

Cimg2289

鎌倉 佐助の山々 雪景色 

Cimg2296  銭洗弁財天神社

Cimg2300

銭洗弁財天神社 上社。 このお社の鏡(神鏡)に写る自分の顔を拝むと良い事が起きる。ご神鏡に映るあなたの顔に曇り、陰り、厭味がないか、どうか・・もしあれば思い切りの笑顔をしてみてください。これを自霊拝という。自分の霊、自霊。神様の分け霊(みたま)である己、自分、その内なる神の存在に報恩感謝いたしましょう、ね。・・・おっ、いいこと言うでないか・・と自慢、いえ自霊、拝でございます。

Cimg2302

銭洗弁財天神社 七福神社 おぉ~、七つの福がいっぺんに戴けるのです、ね。・・♪ 山には可愛い七つの子がいるからよ・・の歌は、山には七つの幸福があるからよ、という意味合いも含んでいるのだ。さて、ここを出て、急坂を少し登り、源氏山頂上(標高93㍍)方向へ散歩しますと、

Cimg2291_2 源頼朝公

わたくし、わたくし、生まれも育ちも葛飾柴又ではなくて帝釈天の産湯ではなくて、しかして幼少のみぎり 、この地に坐すこの頼朝公の膝に抱かれたのでございます・・この事実をしっているのは・・この世ではhiroyo”母” だけでございます。あ、本気にしない人は、忘れてください、ね。ジャン! おっと、そのhiroyo”母”が、

Cimg2294

おだやか、にこやか、きょうも豊かに元氣に明るく、ね。そして膝に抱かれた、あの子は、こんなに大きくなりました。ジャン。

Cimg2292

山岳救助コミック『岳 』(がく/石塚真一)の”三歩”(島崎三歩)のようにたくましく育ちました。”三歩”は責めない 誰も責めない 遭難者を責めない。・・動かぬ遺体には「よくがばったね」と声をかけます。負傷し打ちのめされ憔悴しきって搬送される人には「また、山においでよ!」と声をかけます。ぼくも、そういう人になりたい。

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 8日 (土)

「道」・・・道はこれでいい! ②つづき(笑)

目覚めたら、雪、まっしろ。わ~い^^。

Cimg2258  天狗さまぁも大喜び!

Cimg2248  寳生院 2014/2/08 am6:35

あ、ああ、あ~。雪、雪。

あ、どうも久しくご無沙汰しております、”母”hiroyoの魔術が効いて幼き少年の日々まで若返った(精神年齢^^)子どもミスター「X」でございぃ。hiroyo母の得意技「若返りダイエットの術」の効能が一段とすごいです、おすすめ、とCM(笑)になってしまう。母、自ら48㌔の体重を3日で44㌔に痩身し、リバウンド無し。あ、ただいま母は雪中記念の水ごり(冷水かぶり)をやっております。これは僕には真似できません。子ども、か弱い女さまetcは水でなくても熱めのお湯かぶりでも邪霊お祓いの効果はあるそうです。

あ、雪、雪です。

Cimg2254

これは ぼくの歩いた道

たしかに 僕の道

そうだ 幸福への階段への

一歩 一歩

うれしい一歩のその先に

「道」・・・道はこれでいい! ②つづき(笑)

| | トラックバック (0)

2014年2月 6日 (木)

神占九星気學 今年(平成26年)の運気運勢

うれしいですね。新暦のお正月気分も早、遠くになりましたが・・旧暦のお正月が2月4日からですものね。九星気学での今年の運気運勢の切り替わりは2月4日です。改めまして^^新年、

「おめでとうございます」

おめでとうございます。言える機会には何度でも言いたい、おめでとうございます。

「おめでとうございます」は寿ぎの言霊(ことだま)です。うれしいこと、楽しいこと、勇気、元氣の寿ぎの息吹(いぶき・生気や活気)があたりにひろがる幸せ言の葉(ことのは)。

Cimg22461

寿ぎの絵、花車。

幸福を運ぶ花車ですね。じつは、これ、わたくしhiroyo絵。クリック拡大で見ていただけたら、うれし、はずかし、この絵を画きつつ託したおもいが伝わるかもしれない。いえ、伝わらなくても良いのです。 ありがとうございます。おめでとうございます。

ところで・・九星気学です。

今年(平成26年。2014年) の日本全体、国民のすべてにおよぼす運気運勢を神占九星気学筆運びで伺ってみました。さてさて、お立ち会いぃぃ。 。

Cimg22471_2

甲午(きのえうま)四緑木星(しりょくもくせい)の平成26年・・・良いですね。青萌え出でる神馬八方へ飛ぶ。これが九星ご神託です。この神馬のラッキー運に乗せていただくには・・神霊への感謝奉仕は不可欠と出ています。

 暗
597
642
183破
 午

感謝奉仕とは、感謝は心の思い、奉仕とは思いを形にする。「ありがとうございます」と感謝し、その思いを形ちにする。形は人さまざまです。神社仏閣への拝礼参拝に日参すされる人もいます。みそぎ払い(水行)を実践される人もいます。あなたの思いのままで良いのです。功成り遂げた(現実に豊か)昔の方は神社やお寺を丸ごと新設寄進し、さらに登り詰める。清貧を旨として生きる方よりは富貴を求める本能に忠実な人の方が得てして感謝奉仕のスケールが大らかで大きいようですね。いえ、富貴の方が良いと言っているのではありませんよ。清貧は清貧の気品を得るにはそれはそれで一生涯の大仕事です。選択は自由ですが、選択した方向への日々の暮らし方は、それなりの違いはありますね。

 

| | トラックバック (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »