« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月

2014年12月30日 (火)

夜明けだ、朝だ、太陽の御力がすごい

日に日に明るい時間(日照時間)が伸びてきていますね。「気」が陽に向かって動き出しています。写真は、今朝、30日am7時16分、鎌倉佐助。当処寳生苑からです。お日さまの御力(おんちから)がすごいです。

Cimg41631 am7:16

鹿島さま(鹿島神宮)方向からの日の出です。日本の夜明けは鹿島さまからです。広大無辺な計り知れない力を発する鹿島灘をおもいだします。

Cimg4164 am7:17

今年は思い通りに過ごせた人も、悔しい思いをした人も、喜びに満ちた人も、悲しみに打ちひしがれた人も・・・すべての方々にも、今、陽の気が降りそそぎはじめています。 ですので、今、ここで、頬笑んで(頬で笑う)ください。頬に太陽です♪ あなたさまの運気がその瞬間に動きます。頬で感じます。

あ、こちらは3776㍍、日本一、(3776/皆なろう日本一に)富士山です。

Cimg4151 丹沢 塔ノ岳頂上から

当処、大子どもミスター「X」が「ちょっと、行ってくる~」と一人で出かけた折の、ほらぁちゃんと登ってきたよ~のアリバイ(証拠写真)だそうです。24日午後1時09分だそうです。あ、そういえば、キュートで可愛いN子さん、この大倉尾根経由で塔ノ岳頂上に立たれた。この風景を見たんですよね。おめでとうございます。平成27年、2015年、次は「あの山」目指して、「日本一」ですね。

では、また、来年!! みなさぁん、よいお年をお迎えください。


| | トラックバック (0)

2014年12月23日 (火)

より良い日本をつくる努力を---天皇陛下81歳

きょう12月23日は天長節(陛下誕生日)です。祝日です。81歳になられました。

「常により良い日本をつくる努力を続けることが、残された私どもに課された義務であり、後に来る時代への責任である」 陛下の御言葉です。

Lif1412230008n1_2


天長節 

けふのよき日は おほきみの
うまれたひし よき日なり

けふのよき日は みひかりの
さしいでたまひし よき日なり

ひかりあまねき 君が代を
いはへもろびと もろともに

めぐみあまねき 君が代を
いはへもろびと もろともに

   作詞黒川真頼(くろかわまより) 作曲奥好義 (おくよしいさ) 

天長節・・・天地が永久に不変であるように、物事がいつまでも変わらずに続くこと。天地長久。大辞泉(小学館)・・・奥ゆかしい言霊を感じますね。誕生日にはちがいありませんが、陛下にはやはり天長節の言葉がふさわしいと感じます。アメリカ占領軍GHQが使用を廃止させた言葉です。すでに自主国家日本ですので復活させたほうが「よりよき日本をつくる」コア(中心軸)としても力がこもるようにおもわれます。ありがとうございます。

きのう(22日)は冬至でした。それも19年ぶりの朔旦冬至(さくたんとうじ)・・・冬至と新月が重なる日・・・です。冬至は、この日から日照時間が長くなる日、新月はこの日からお月さまが満月に向かってゆく日、つまり太陽と月のエネルギーが同時にプラスに転じる日でもあるわけです。次の朔旦冬至(さくたんとうじ)は35年後だそうですから、もうこの世にいない方もおられるかもしれませんね、あの世での朔旦冬至(さくたんとうじ)はこれまた稀な趣があるやもしれませんが、どうでしょう^^。

ところで、この冬至と天長節にさいして、

もしも、あなたさまが、何か期することがあれば、大きく飛躍したい、沈滞ムードを振り払いたい、プラスに転じたい、などのおもいがあるなら・・・今、この数日の間にそれを心に(ハートに)に強く念じてください。その念に太陽と月のプラス肯定エネルギーが乗ります。え~、そんなあ、(笑)などとふて腐れシニカルはやめましょう、ね。すなおに強く意識をこの数日の折々におもいを、願いを、念じましょう。太陽と月のその気配を感じてください。間違いなくその気はあなたさまに届きます。願いはこの世の現実となります。

12216_00jpg 出典:wikipedia・月 The Moon

冬至をすぎても当処玄関前のブーゲンビリア(熱帯性)は元気よくて、来られたお客さまが・???・「ふしぎぃ!」とおっしゃいます。花は「あなたは魅力に満ちている」(ブーゲンビリア花言葉)とささやいています。

Cimg4116 あなたは魅力に満ちている

Cimg4115Cimg4112


↑ 23日 寳生苑御来光 ありがとうございます。おめでとうございます。

 

| | トラックバック (0)

2014年12月 2日 (火)

国連調査で「世界一の豊かさ」 日本1位

国連が行った「世界各国の豊かさ調査」で一人あたり指数はダントツで日本が1位だった・・・と立教大学教授福島清彦氏が現在発売中の『文藝春秋SPECIA 2015冬号』に寄稿されています。2位アメリカ、3位カナダ、4位ノルウェー、5位オーストラリア、6位ドイツ、7位イギリス、8位フランス、9位サウジアラビア、10位ベネズエラ、11位ロシア・・・etc。

すごいですね、日本。

日本は奇跡の国、キセキの国、とよろこんでいますと、ほら、日本書紀1.神代.上に登場の可愛い小鳥、セキレイ(鶺鴒)さんが当処、鎌倉佐助の斎庭のシークレットスポット^^に飛来です。鶺鴒のなかでも「奇跡霊」鳥、ほんに、うつくしいキセキレイ(黄鶺鴒)さんです。ほら、奇跡をおこすキセキレイ。日本神話の鳥。

Cimg3849

Cimg3845

Cimg3853

Cimg3856

当処に、ちょくちょくお見えになります。今年の元旦にも見えました。日本神話、日本書紀の国産み神話によりますと、伊弉諾尊(イザナギノミコ)と伊弉冉尊(イザナミノミコト)に愛の交わし方を教示したのが鶺鴒(セキレイ)さんだった。おかげさまで私たちの居ますこの日本国が誕生しました。ありがたいですね^^。感謝です。

あ、

ところで冒頭の「豊かさ調査」は、国民の教育水準・業務遂行能力、生産した資産の価値の高さ、などなどの調査でした。日本のデータは、2008年(平成20年)、福田首相、麻生首相(自民党)時代です。

「つまり、ヒトが充実した人生を送るのに役立つ教育力と、経済が高い生産性を維持するのに必要な企業設備や道路港湾などの諸設備の水準が、日本は他の国のいかなる国よりも高いのである」(前掲書22ページ)

ありがとうございます。ニッポン! ありがとうございます。キセキレイ!

| | トラックバック (0)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »