« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

2015年1月14日 (水)

幸せは・・二人で手に入れると大きな力になる-霊査

幸せは・・二人で手に入れると大きな力になる。---大山津見命(おおやまつみのみこと)の新年お伝えです。そらあそうよぅ、わかってますと聞き過ごしたり、見過ごしたりしますと臍をかむ(ほぞをかむ・どうにもならないほど後悔する)ことになりそうです。ご注目くださればうれしいです。ありがとうございます。大山津見命の御父と御母は伊弉諾尊(父いざなぎのみこと)伊弉冉尊(母いざなみのみこと)です。大山津見命は木花開耶姫(このはなさくやひめ・富士山に鎮座まします)の御父です。

Cimg4401 至る鎌倉山神社への山道で撮影(2015/01/13)

神話によりますと大山津見命は御母伊弉冉尊の死因となった我が子、火之神を御父伊弉諾尊が剣で斬られたさいに誕生されたのです。御父の大いなる怒りと悲しみと御母の深い無念と苦痛と父に斬られた火之神の絶望からの再生などなど感情のマグマを秘めたとても大きな力をお持ちの神さまのようです。そのお伝え、

幸せは・・二人で手に入れると大きな力になる。

これは、人の世をおもしろたのしく豊かに力強く生きるコツの核心のようです。核心部分というのは奥の奥、目には見えない最奥のゆえについつ見過ごしたり、はたまた指摘されても軽く視(み)てしまいがちですね、今さらそんなこと言われても、そんな平凡なこと・・などと・・わたしも反省。

幸せは・・二人で手に入れると大きな力になる。

二人です。一人ではない。「わたし今、幸せ」と何かの折にふとおもうことは誰しもあります。その折りの「わたし」は言語としては一人称ですので他の人の介在は頭の中にないかもしれませんね。しかしその時、わたし幸せ、のさなかに誰かもう一人の存在、つまり、わたしの幸せに一緒に並ぶもう一人の人を意識できたときには、その幸せは、「わたしたち二人の幸せ」となり、その力は大きな力となり、二人の願望のレベルを引き上げます。連鎖反応を引き起こす核になるのです。つまり、あなたの周りに幸せな人が増えてゆきます。

この二人は、わたしとあなた、恋人かもしれない、夫妻かもしれない、母と子かもしれない、父と子かもしれない、祖母とわたし、祖父とわたしかもしれない、社長と専務かもしれない、わたしと相棒のことかもしれない・・・二人にはありとあらゆるパターンがあるとおもいます。肝心なのは二人です。一人でもないし、三人でもないし、もちろん四人でもない。核の核は二人です。極端な話しでは、今、向かい合って座談している者二人でも良いのです。

その二人のうちの一人が、その一人の幸せになることだけを考え、その一人が幸せになるようにのみの行いを為しつづけます。そうなったときの力はとてつもなく威力の大きいパワーとなるのです。もう一人へのおもいはこの世の見えないダイヤモンド、お宝といえます。二人の幸せは幸せのマックスを引き出します。人生を変える根源のようですね。

「お金がもっと欲しい」「恋人が欲しい」「難病を治して欲しい」「成功を手にしたい」「もっと美しくなりたい」「より強い人になりたい」・・・これらの生きる欲望を抑える生き方よりは抑えない生き方の方がわたしは好きです。しかしその欲望をかなえたい、望みを達したいならば、わたしともう一人、二人の幸せを意識することからはじめるように大山津見命さまのお伝えです。このことは今後もくりかえし述べたいとおもいます。ご相談や座談に見えられた折にもお伝えの詳細を実感的にお話させていただきます。

Cimg4402

Cimg4403

・しあわせになろうよ・ ♪

作詞 長渕剛 
作曲 長渕剛
唄 長渕剛

出会った頃の二人に

も一度戻ってみよう

そして二人で手をつなぎ

しあわせになろうよ  https://www.youtube.com/watch?v=BMQWEHAbZlc

----------鎌倉佐助から鎌倉山神社への道中でタンポポを見ました。例年より早いです。

Cimg4395 2015/01/13

Cimg4397 萼が反り返らない「和たんぽぽ」ですね。

| | トラックバック (0)

2015年1月 6日 (火)

鎌倉八幡宮、霊鳥(トンビ、鳩、カワセミ、鵜)が空を祝い舞う

5日、鶴岡八幡宮さま、快晴、暑いくらいでした。並びました。

Cimg4240

長蛇の列ということばがありますが、蛇というよりは太いツチノコ、長ツチノコ^^の行列のようなすさまじくもお目出度い列です。並んでいるだけでいいことがありそうでした。

Cimg4253

大石段上の本宮上宮社殿(應神天皇・比賣神・神功皇后をお祀りする社殿)まで並びはじめてから、2時間はかかるかもとおもったのですが、・・いえ、じっさいは45分で到達できました。寒さ冷たさをまったく感じない良い日和でした。上宮参拝のつぎに本宮の左、小高い場所の本宮よりふるく祀られていたと伝わる丸山稲荷さまにお詣りします。

Cimg4265_2 お稲荷さまご威光

Cimg4267

明るくも霊的な独特の雰囲気をいつもいつも感じさせていただきます。ありがとうございます。本年もよろしくお願いします。

参拝後は屋台の並びを楽しみ、運勢鑑定所のテントでは、おもわぬ絶賛のおことばを頂戴し、うれしくなりました。ありがとうございます。赤い大鳥居のすぐにある喫茶風の杜で昼食お休み中にはトンビ、鳩、カワセミ、鵜が共に空を祝い舞うめずらしい奇跡的な祝い演武?をみることがかないました。鳥さん、ありがとう、ありがとう。

Cimg4268

川鵜がトンビさんの後をトンビ風に滑空する姿なんてはじめてです。トンビは羽を静止したままゆったりと舞いますが、鵜さんはそうはいかず慌てて羽をばたつかせる図などはとても愉快でした。窓の外の源平池の木の枝に、あれ? あ、カワセミさんが止まりました。

Cimg4275

あぁ、でも遠すぎてズームしてもきれいな色がでない。もっとこっちへ来てと、つぶやくと、ありがとう、きてくれました。ほら、

Cimg4276


とても良い日、うれしく、たのしい、鎌倉。










| | トラックバック (0)

2015年1月 4日 (日)

佐助稲荷神社さま、ありがとうございます、書き初め

山つづきの佐助稲荷神社へお参りしました。初午祭、月次祭、女人講などなどで数々の霊験をいただき、ありがとうございます。

Cimg4228

Cimg4226

古色蒼然(古めかしく趣のあるさま)とした山神社の雰囲気に人気があります。山神社の原風景をおもわせるお社があり、山々の神々がまさに降臨されるさまに満ちていますね。

え~? どこにぃ? よくわかんない・・でも良いのです。お正月の神々さまはいたってご機嫌が良いのです。願い込めれば、答えはいただけますよ。こめる願いがおもいつかない幸せまん真ん中の方々は、その幸せ感を身にあふれさせて美味な甘酒など頂戴すれば神々さまは大喜びなさいます。

書き初めは、わたしは「子」と書きました。子は宝、子だから・・今年も大きな宝をみなさまの元に届けるよう努めますので、本年もよろしくお願いします。ユニークな書き初めをなさっている若者さんの姿が上の写真に写り込んでいました。「血糖値管理」「発酵」「自炊」「秘伝のタレ」!!!わ、おもしろい、愉快ですね、ご本人たちの心のはしゃぎように拍手です。日本の山の神さまは愉快なことごとがお好きです。

以上です。

あ、おまけ、おめでたい「X」が・・お雑煮のダイヤモンド富士(富士山頂に朝陽が)!・・と、おおはしゃぎのお雑煮写真です。

Cimg4180

たなびく紅色の雲は、鰹節ぃでございます。美味はわたしが保証いたします。これでも、うら若い乙女のころには自然食品会社に勤務(月刊誌担当)させていただいておりました。ありがとうございます。




| | トラックバック (0)

2015年1月 3日 (土)

鎌倉由比ヶ浜で新年日の出御来光

新春おめでとうございます。

Cimg4202_2
 

2015年平成27年 鎌倉・由比ヶ浜での新年ご来光です。1月2日 am7:21です。サーファーの皆さんは朝早くから海に浸っておられます。ナチュラルに禊(みそ)ぎ業となっているのかもしれませんね。元々、サーフィン発祥の地、太平洋ハワイやポリネシアの島々では波乗り(サーフィン)は海の神との交信(チャネリング)を開く神事でした・・・。

幾久しくのお目通り、ありがとうございます。本年もよろしくお願いします。

ありがとう、元旦、一日には、温暖地鎌倉に雪が降りました。

Cimg4188 1日 pm 1:47

Cimg4190

元旦に降る雪は吉兆とされています。・・雪国の方々は何を寝惚けたことを・・とおもわれるかもしれませんが、ま、そこはそこ、積雪と降る雪は別ですので・・。それは、ね、

万葉集にあります。

・新しき 年の初めに 豊(とよ)の年 しるすとならし 雪の降れるは

       葛井諸会(ふじいのもろえ) (万葉集巻一七・三九二五)

・新しき 年の始の初春の 今日降る雪の いや重(し)け吉事(よごと)

       大伴家持(万葉集巻二十の四五一六)

年の初めに降る雪は♪ 良い事が重なる良い年になります・・・と詠われているのです。すなおに、肯(うなず)いて頬笑(ほほえ)めばほんとうに吉事が重なる年になります。もちろん、この世には、つらいこと、かなしいこと、くるしいこと、などなどは誰にしも、ついてまわりますが、けれども、頑張って鎌倉佐助寳生苑のこのわたしについてきてくださればあなたさまの願い夢は必ずかなえてあげます。な、な、まかせてぇやぁ おまえ! 笑 と、ブラックガネーシャ調になってしまいました。しかしそれは、わたしhiroyoの年頭宣言でもあります。ついてきてください、な、な、本気だして、やで! ご期待くださいませ。

あ、これを記している窓の外で小鳥の群れが、がやがや騒いでいます。水場の水はどこもかしこも氷っているぅ・・・と言っています。はい、はい・・・で、カチンカチンに氷っている氷の面の上に水を満々と注ぎ入れましたら、ほら、

Cimg4234_2

Cimg4235

Cimg4236

Cimg4237

山雀(やまがら)と目白(めじろ)仲むつまじく一緒に、禊ぎ、かな?

良い事 吉事が重なる2015年平成27年 おめでとうございます。

佐助稲荷神社での初詣・書き初め神事については、明日に。




    

| | トラックバック (0)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »