« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月

2015年4月25日 (土)

平常業務に戻りました

返信など遅くなりご迷惑おかけしました。

本日(25日)より「スピリチュアル相談&占術鑑定セッション」等等、平常業務に戻りました。なお、四月枠の鑑定セッションなどは満席受付〆切りとなっています。緊急を要する方はお電話0467-24-5162/5164 ください。

Cimg4629


Cimg4653

願い事を声でお伝えください。嬉しそうに楽しそうに、良いお顔の表情(笑顔系)を日本の神々さまは大好きだそうです。・・・・

| | トラックバック (0)

2015年4月21日 (火)

臨時休業のお知らせ

21日(火)、22日(水)、23日(木)、24日、スピリチュアル(霊的)所用あり鎌倉佐助での受付業務(電話での受け付け・メール返信など)を臨時停止させていただきます。

メールへの返信は25日以降になります。

以上、ご迷惑をおかけします。よろしくお願いします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Cimg4625 五郎神社神殿(湯河原)

Cimg4626

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




| | トラックバック (0)

2015年4月15日 (水)

シャクナゲの花が咲いた、あぁうつくしい、一礼二拍手

シャクナゲの花が咲きました。

Cimg4569_2


うつくしいです。気品があります。おもわず一礼二拍手^^)、いえ、ま、あちこちでつい一礼して(デパートでも)大子どもに、「も、も、またぁ、、、」と恥ずかしがられております寳生苑hiroyoでございます。

シャクナゲの花言葉は「威厳」「荘厳」・・・本来は高い山の高いところに自生の植物です。高嶺の花・・・あこがれを意味するこの言葉の由縁はシャクナゲだそうですよ。そういえば何年か前に行った信州北アルプス鹿島槍ヶ岳(2889m)赤岩尾根の高千穂平(2043m)あたりにシャクナゲがいっぱい咲いていました(大子ども「X」のガイドで行きました)。地名がいいです、高千穂、、、天孫降臨の地、、、シャクナゲの花、、、うつくしい! だけではない神秘の気高さがあって当然ですね。もしかして「神さまの木」・・・はい、そうです。

じつは日本国では古来、シャクナゲは高嶺に咲く「ご神木」であり、伐採や移植はタブー視されてきました。伐採や移植を習俗的に禁じられた樹木は「忌み木」と呼ばれています。下手に触ると罰があたる。シャクナゲの花言葉「威厳」「荘厳」、さらに「危険」「警戒」という花言葉も加わります。神さまの木を無礼に扱えば、危険、という戒めですね。さらに、シャクナゲの葉は・・有毒植物である。摂取すると吐き気や下痢、呼吸困難を引き起こすことがある・・Wikipedia・・。うつくしいものには必ずその反面に危険警戒な一面もある。ああ、なるほどぅ、そういえば、、、hiroyoも^^)、あ、は、冗談、わかっているよぉ、、も。

それは、さておき。

上の写真のシャクナゲはお庭用、園芸用の改良品種ですのでお気軽に愛でてあげてください。少しは敬意をもち愛でればさらに霊験もあるやもしれません。フラワーエッセンスの世界では、シャクナゲの花の香りはスピリチュアルな道を歩む人へのガイド、感情の浄化に効能が高いとされています。このシャクナゲは世界の地球の屋根棟ともいわれるヒマラヤ山脈の麓、ネパール国の国花でもあります。ありがとうございます。

| | トラックバック (0)

2015年4月12日 (日)

今月4月・・運気の流れを占う

あちこちから嬉しいお便りいただいています。○○さん、ご懐妊、おめでとうございます。嬉しさがhiroyoにも伝わってきます^^。Kさん、彼と二人で、二人の幸せをコア(核)にお二人と繋がる方々にもプラス運気を伝えてください、あなたには周りを明るく照らす大きな力がついています。○○クン、お勉強、頑張る力が上がっていますよ、「やるぞう~!!」と叫んでみよう! お母さんは日本という国家のお仕事を頑張っておられます。○ちゃん、遠いところから通ってきてくれて、ありがとう、○ちゃんが来てくれると、お庭に可愛いお花が咲いた・・・そんな気がします。ウグイスさんも機嫌良く歌っていましたよ。

○○○さま、大規模面積の土地建物の売却おめでとうございます。土地不動産、ビル、家屋敷などの取引成功の知らせが□□さま、Yさん等々からも届きました。ありがとうございます。嬉しいです。今年、年始めのわたしhiroyoへのご神託・・・・玉籤(hiroyoの霊名)つながりの方々に喜悦の事が増えるようご奉仕しなさい。自分の事はさておいて人の為になるような事をしなさい。その祈りは効くよう差配するゆえ・・・・ありがとうございます。世の為、人の為になる幸福感に目覚めたhiroyoでございます。わたしの祈りから漏れた方がもしおられたら、ごめんなさい。まだまだ未熟者ですので、さらにさらに頑張りますのでよろしくお願いいたします。

春です。いまさら言うまでもない^^、でも春です♪ 春♪ 4月、春。各個人の4月運勢はメルマガ配信しましたので、ここでは社会全体の運気の流れを占いますね。九星気学月盤は三碧木星中宮です。今年の年盤、三碧木星中宮とピタリ重なっていますね。三碧木星は定位盤では東、成長宮です。東、朝日が昇ってきます。芽を出した双葉がすくすく伸びてきます。心ウキウキ、元気。人によりけりですが、嬉しい話しが増えます。苦しみの中にある人でも、明るい光が差してきます。今月月盤ではこの位置に一白水星と同会(重なる)しています。一白水星と三碧木星は相生、大吉、水によって木は育まれます。

三碧木星は神霊は龍神さまです。震の象意があります。震える・・・マイナス面では事故障害をも意味します。そういえば列車のダイヤが大幅に遅れる事象があちこちで見えます。飛行場での管制ミスであわやの事故寸前もありました。ご注意ください。このような大事にはいたらない事故によって大災害が祓われています。ありがとうございます。天の神さま、地の神さま、そして人々の魂にましますうつくしき神々さま。これからもよろしくお願いもうしあげます。 バカかおまえ、アホかおまえ、などと言われても世のために人のために見えない霊的ワールドとの接触を願い占います。hiroyoでございます。

  皆さまに仕合わせの花束を。

| | トラックバック (0)

2015年4月 4日 (土)

うれしい、たのしい、気持ちいい・・運気アップの三要素

何を見ても何かを思い出す、、、ヘミングウェイ短編集のタイトル・・いいですねぇ。何か行き詰まったなぁ、と思ったら、このタイトルをつぶやき、あなたの視界にある何かをジッと見てみましょう。戸外の風景、風に揺れる木々や花々だと、不思議と雑念がクリア(澄み切る)されます。クリアのあとに希望という名の明かりが差してくるときもあります。

あ、話し飛びますが、Iさん、お写真メール、ありがとうございます。

Photo うれしい、たのしい、双子卵。双子卵に当たるのは1%の確率といわれています。奇跡の確率ですね。

卵を二つ割ったら、こうなったそうです。手前がお母さん、奥が可愛い双子ちゃん^^。このお写真を見て、何を見ても何かを思い出す、ヘミングウェイ、とつぶやいて、わぁ、うれしい、たのしい、、と反応が来た人には吉祥運がつきます。え、うそぉ、、? いえ、ほんとうです。吉運は吉運に乗る人に集まるのです。こんなのときたまの自然現象よ、とシニカル(皮肉っぽい)なお利口さんにはシニカルな冷ややかな運気(霊気)が寄ってきます。

ほら、グループによっては、良運つきまくっているグループ、良運に見放されたかのようなグループ・・・成功者があつまっているお金持ちのグループ、何をやってもうまく行かない貧乏人のグループ・・・などなどは、あつまる運気の差にほかならないのです。少し、霊的な話しをしますと・・・吉祥運の力がひときわ強い昇り運気の人の守護霊、指導霊が、そのあつまりの他の人々を霊的に巡回なさる場合もあるからです。霊的ぃ? そんなアホな話しとおっしゃる方々には霊魂否定派のまま亡くなった人々のおもいが寄ってきます。

あ、お断りしておきますが、貧乏人とかお金持ちとかの価値判断とは別の話をしています。貧乏でも幸せな方もおられるし、お金持ちでも苦悩を抱えておられる方もいます。いずれの場合でも、吉祥運の力が欲しいときは、どこかの誰かでもいい、うれしい・たのしい・気持ちいい・・・という悦びの感情を発している方に気持ちを合わせましょう。Iさん、ありがとうございます。双子卵ちゃん、ありがとう、うれしい、たのしい、気持ちいい!! 拍手ぅ^^ 感謝。

ところで、双子卵については、鶏卵・関連食品の製造・販売メーカー・イセデリカ株式会社のHPにi以下の解説がありす。

-------------

Q:卵を買ったら全部双子たまご。ラッキー?それとも?
A :
皆さんも一度は経験があるのでは・・・?
お料理をしようと思って卵を割ったら、黄身が2個の双子ちゃん!? “今日はいいことありそう”なんて、ちょっと得した気分になりますよね。
実はこの双子たまご、養鶏のベテランならひと目で見分けがついちゃうんです。その秘密とは・・・?

通常、鶏は産まれて150日目くらいから卵を産みはじめます。
最初のうちは とても小さく かわいらしい卵しか産みませんが、だんだん大きく安定した卵になっていきます。ちゃんとした卵が産めるようになってから、熟女になるまでの約1~2ヶ月の間、たま~にちょっと大きな卵を産むことがあります。しかもその卵は細長くて独特の形をしているとか。(プロにはわかるそうです・・・)
これが 双子たまごの正体。若い鶏が、たまにしか産まない 双子たまごに巡り会えるのは、やっぱりラッキーな証拠。

最近見かけなくて残念というお話を良く耳にしますが、これはたまご屋さんが最初からパックにいれないようにはじいているからです。 それでもなかには紛れ込んでしまう双子ちゃんもいます。その子を見つけることが出来たら・・・ すっごくラッキーな証拠ですね。

-------------

うん、うん、そうね ぇ、うら若いニワトリ、ぴちぴちギャルのニワトリお母さんしか産めない双子ちゃん卵なんですね。おぉ、その元氣エネルギーいただきましょう。

| | トラックバック (0)

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »