« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

2015年8月27日 (木)

”鎌倉市防災訓練”・・スピリチュアル夢占い

Cimg5201 物陰からパトカーが現れました。

Cimg5224 すわっ! 大事故か大災害か?

これは防災訓練(鎌倉市)です。なんだぁ・・とパスしないでいただけるとありがたのですが、あなたの興味を引き寄せるために、これが夢だったらスピリチュアル的にはどのような判断となるのかを紹介しますね。夢占い”防災訓練”です。ワクワクしながらの夢、気分の明るくなる防災訓練の場合は「吉夢」です。あなたが未解決の問題を抱えているなら間もなく問題解消の道筋が神降ろしで知らされます。良かったですね。逆に恐怖を感じたり逃げ出したくなるような、気分の良くない防災訓練の夢なら、あなたの思考や行動が積極的でなくなっている現状を示しています。いや、積極的に動いていると言われるなら、その手法が間違っているという神知らせです。現実からの逃避をしないでください、という貴重なメッセージです。凶夢には現状打破、現状を乗り越える秘策が示されていることが多いので喜んでくださいね。よろこべるかぁ! あぁ、そのお怒りパワーも善事方向に切り替える術もありますのでご安心ください。

Cimg5199 防災訓練開始の宣言です。

8月26日、午前10時、地震の規模はマグニチュード(Mw) 9.0・・・東日本大災害クラスです。陸上自衛隊31普通科連隊(横須賀市の武山駐屯地)、神奈川県警大船警察署、鎌倉市消防団、東京ガス、東京電力、湘南鎌倉総合病院、湘南獣医師会などなど多くの団体の参加で緊迫感は盛り上がります。

スピリチュアル占い鑑定・・上の情報にさらに追加しておきます。

・・もしも、あなたが問題解決の方法を思案中か、何かふっきりたいもやもや感があるなら、このような大がかりな防災訓練の参加、または見学をおすすめします。大規模な防災訓練には公(おおやけ)を軸にした公民一体のプラス方位、困難な局面を力を合わせて乗り切ろうとする大いなるパワーが渦巻きます。いわば、とてつもない大きなパワースポットが、その場に生じていることになります。その臨時の磁場のプラスエネルギーを浴びてください。防災訓練はあなたの運気を押し上げます。本当です。・・では、また、、。

あ、追加。

Cimg5204 防災訓練参加の湘南獣医師会ワンちゃんです。河川氾濫 大津波を想定し、背中には救命ライフジャケットを着けています。裸足の保護用履き物も着用です。リードは長さ固定のみの使用です。

Cimg5206

| | トラックバック (0)

2015年8月11日 (火)

作家、阿川弘之氏のご冥福、帰幽を九星氣學で占い、そして思い出す事・・・。

文化勲章受章 日本芸術院会員 大日本帝国海軍提督を描いた3部作『山本五十六』『米内光政』『井上成美』でご高名な作家阿川弘之氏94歳がこの8月3日に帰幽された。ご長男、尚之氏は慶應義塾大学教授、慶應義塾常任理事、ご長女はテレビなどで有名なエッセイスト阿河佐和子さんです。弘之氏帰幽日の日盤です。

 北
831
975
426
 南

ご本人の本命星は八白土星、月命一白水星、宿命宮震です。日盤にご冥福の時の有様が現れます。八が北西・神仏宮に回座し、亥(いのしし)・火伏せ・猪目(ハートマーク)=この世とあの世の境界。六が南東(水の神)で日破(凶)に位置します。つまり、

・・・阿川家は「水の神」(地の神)と仲良しに戻れなかったので、阿川家ご守護神の思いを受け入れ、自分が「火伏せの神」(天の神)と成り、阿川家を守りたいと決めて逝かれた・・・と読みます。さすがのご覚悟には頭がさがります。

この阿川弘之氏のご生前、1991年(平成3年)のことですから、すでに23年も前になりますが、一度だけ親しく声をかけていただきました。わたしhiroyo、32歳、まだまだ恐れを知らない戯け夢中で第一回菊池寛ドラマ賞に応募し、ドラマ”墓場で花見”佳作入選、その受賞記念パーティー(大倉ホテル)で舟橋和郎先生に紹介いただいた折に「あのタイトル、”墓場で花見”・・落語みたいで、いいですね」と阿川弘之氏にお褒めいただきました。あのお姿、お声を思い出すとあの頃の嬉しさがよみがえります。ありがとうございます。

Cimg5188 記念品の時計

魂胆も思惑もない、恐れも知らない夢中、精一杯のジャンプ、そして嬉しければ嬉しがる・・・この明るさだけが取り柄・・・天の神さま仏さまが一番好む人柄が明るさですね。そうだわ、明るく生きよう。明るい人には明るい福が次々と来ます。むろん、明るいキャラクターの人でも怒り、憎しみ、悲しみなどなどの感情は抑えなくてもいいのです。

阿川弘之氏は何十年も以前から偏向「朝日新聞が大嫌い」でした。「朝日新聞」が心底に嫌いですので、ある朝、散歩中、朝日新聞配達員が向こうからやって来るのを見つけ、とっさに路地に身を伏せ、やり過ごされたのです。おもしろいですね、愉快ですね、大作家ですよ、思わずフッと笑えませんか、明るくなります。感情の発露お姿が明るいのです。大江健三郎(ノーベル賞受賞作家)嫌いでも知られていました。隠さないのです。明るいのです。

明るい人に明るい運が押し寄せるのは、この世あの世の鉄壁の公理かもしれません。阿川弘之さん、尚之さま、佐和子さま、阿川家のご先祖含めての皆さま、ありがとうございます。

| | トラックバック (0)

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »