« 富士山パワー神さまのご利益にあずかる心得 | トップページ | ごめんなさい。ご迷惑をおかけして・・・。 »

2017年7月17日 (月)

自民党安倍内閣ピンチ説を九星気学で占う

このところ安倍総理の運氣を占ってくださいというお願いが増えています。「えぇ、どうしてぇ?あなたが、そんなことを?」とたずねると、東京都議選で自民党が歴史的大敗をした、安倍内閣の支持率が30%を割ってしまった、支持率調査はマスコミ各社で異なりますが、比較的に標準データーとして使われるNHK「政治意識月例調査」では、安倍内閣支持率は35%(7月7日8日調査)。ですから、心配です、日本がどうなるのか・・うんぬん。

でもあなたの毎日の暮らしにどう関係あるの?と問い返すと、あらまぁ、きつい目でにらまれました。

ま、つまり、わたしはそれくらい政治的には無知というか、わたし自身が力をこめても動かせないことは二の次三の次という感覚で生きています。ま、そんなわたしが占うということは、ま、なんといいますか、政治的にはなんの色もついていない公平無私、あ、へんな自慢はいけませんね。自慢、驕りは占い師の大敵ですからね。

ごちゃごちゃ前置きは止めて占います。自民党安倍内閣ピンチ説を九星気学で占う。

安倍晋三さんは1954年(昭和29年)9月21生まれ、

本命星 一白水星 月命星 一白水星 宿命宮 離 空亡 申酉

日盤占から入ります(占日・7月16日・五黄土星・辰の日)

上が北で観ます

618
753
294   日健4(大吉) 日破6(大凶)

なるほど、リーダーの星(6)が日破大凶にあります。これは、現状をあらわしています。弱い運氣です。弱り目に祟り目あり。

しかし一方、安倍首相の宿命宮・離(9・九紫火星)は南の頂点に坐(ましま)す。人気運は根強い。政権維持も「粘り強い」運氣にあると示しています。「粘り強い」・・根ばり、根を張る、根張りが強いので揺らがない。大丈夫です。

聞くところによりますと、野党代表のはずの民進党も歴史的大敗をきっしており、つまり国政選挙をいま行っても安倍自民は安泰です。都議選で圧勝したのは小池百合子さん率いる「都民ファースト」の面々ですが、小池さんは元々自民党の国会議員でした。都議選の前には赤坂の料亭で自民党の二階俊博幹事長、元総理の小泉さん、山崎拓元副総裁、武部勤元幹事長などお歴々が小池百合子さんを激励しているそうです。同じ日の同じ時間、同じ料亭に安倍総理もいたそうです。

このあたりのお歴々の水面下での政治的「根ばり」の粘り強さはさすがですね。

安倍総理の葬式はウチで出すという朝日新聞など、その他の毎日新聞東京新聞などなど日本の国力は弱いほうがうれしい各社およびテレビワイドショーなどが大喜びしている安倍内閣支持率の急落の原因は、これらマスコミ各社がそろって反安倍自民党キャンペーンを行ったからだそうです。ペンは剣より強し・・? 言論の自由の勝利・・?

だって、わたしのような無知ではない賢い人たち、一般大衆は毎日毎日、マスコミが伝える報道で世の中の動きを知ろうとされます。そこで知る、知った情報での流れに乗って生活してゆこうというのが多くの人びとの生きる知恵です。 

では、このまま反安倍キャンペーンはつづくのか、安倍内閣支持率は落ちて行くのでしょうか?

8月、9月、10月の各月盤を観ます(上が北)。

8月

375
429
861

9月

264
318
759

10月

153
297
861

8月に安倍総理の運氣は持ち直します。宿命宮。離(9)が震、成長宮に入り、リーダーを示す(6)が南の頂上宮・・運氣強し・・に坐(ましま)す。宿命宮。離(9)が9月は開花宮、10月が頂上宮です。8月に持ち直した支持率は浮沈をくり返しながら10月には安定すると観ました。さあ・・どうでしょうか?

どっちにしても国政レベルでは自民党が強いということのようですね。自民党に勝ちたければ自民党お歴々の「根張り」の根張り強さを学ぶべきかもしれませんね。わたしたち個々の人生も、かくありたい、粘り強く。かくあれば、奇跡もありますからね。

Img_0jpg 硫黄島の滑走路で戦死日本兵の霊に膝まついて祈り捧げる・・安倍総理。

|

« 富士山パワー神さまのご利益にあずかる心得 | トップページ | ごめんなさい。ご迷惑をおかけして・・・。 »

コメント

良かった、安心しました。本当に良かった。ありがとうございました。

投稿: 通りすがりのファン | 2017年7月24日 (月) 09時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自民党安倍内閣ピンチ説を九星気学で占う:

« 富士山パワー神さまのご利益にあずかる心得 | トップページ | ごめんなさい。ご迷惑をおかけして・・・。 »