« 完成しました!  | トップページ | むかしの私。 »

2018年4月25日 (水)

自分の過去世をぜんぶ知る、の続きです。

[きょうのびっくり]。

本日、訪ねてくださったクライアントの女性の質問です。

「毎日、ご先祖様や夫に感謝をしていればいいのではないでしょうか?」

「???」 

(この女性の過去世を明かして、処方箋を伝えていた)。

「(過去に)問題があっても、感謝をしていればいいのでは思ったのですが、」

「それは、マチガイです」(ときっぱりのわたし)。

「? (クライアントの女性は不審げ)」。

「感謝の矛先が、あなたを陥れた(現実の生活からはみえない、過去に縁があった人)犯人にむかっているとしたらどうしますか?」

「あ、(と気がついた様子)」

「気づいてくださって感謝です。自分の過去世を正確に知らないと、見当違いの感謝になって、来世も似たような人生を歩むことになります」。

帰りは深々とおじぎをして、笑顔でお帰りになられました。

(よかった、よかった)と神様に感謝するわたしです。

たとえば、過去世のとつだけでもひ知ると。

ひどい肩こりの原因が今世にあるのではなく、ゆうべの寝ちがいにあるのでもなく、ン百年も前の[ある出来事]に由来しているとしたら、そのン百年前の事情を受け入れ、手当をする(当苑で出す独自の処方箋)。すると、単純な事情なら10分ですんでしまう。それをしなかったばかりに仕事の運をあげられなかった方があります。(体調不良の場合は必ず医師の診察も受けていただきます)。

自分の過去世を正確に知る、は仕事運を上げる。

この続きは、まだまだ続きます。

お読みくださり、感謝です。ではまた。 ひろよ拝。

|

« 完成しました!  | トップページ | むかしの私。 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522736/66650775

この記事へのトラックバック一覧です: 自分の過去世をぜんぶ知る、の続きです。:

« 完成しました!  | トップページ | むかしの私。 »