« 自分の過去世をぜんぶ知る、の続きです。 | トップページ | むかしの私② »

2018年7月11日 (水)

むかしの私。

Cimg3243_2

 上の写真は、'07年5月1日メーデーの日に、生まれて最初で最後の(亡き)実父とのin

京都於の、初デート! でした、が、なぜか、亡き実父は 「げんなり」 しています。

なぜでしょう?

京都では有名な、かの、勝海舟どののお妾ではない本妻、の『幾松どの』の名残りの料亭

、その名も【幾松】という名前のゆかしい(亡き父は、自分の亡き妻の形見の着物はみたく

ないらしいお顔)お店です。 邸内(店内)には、幾松どのが隠れたとされる大きな長持ち

や、幕末動乱の鉄砲傷の欄間や、あれこれ、歴史の雄大な名残をみることができます。

ではまた。






|

« 自分の過去世をぜんぶ知る、の続きです。 | トップページ | むかしの私② »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522736/66927767

この記事へのトラックバック一覧です: むかしの私。:

« 自分の過去世をぜんぶ知る、の続きです。 | トップページ | むかしの私② »