« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年2月

2019年2月20日 (水)

2019年 最大のスーパームーン 満月の霊的意味

写真をどうぞご覧ください。2月20日午前2時45分撮影、於・鎌倉佐助山

Cimg8367 今年最大のスーパームーンです。
Cimg8368  満月のオーラ、赤い玉が映り込んでいます。
意味も意義も考えずに、おだやかな笑顔で見つめてくださいね。この二つの写真のオーラがあなたの回りにも降りてきます。運気を上げます。

| | トラックバック (0)

2019年2月 5日 (火)

2月5日のお正月、新春おめでとう!

Cimg8347

きょうは、お正月♪ 新春お祝い♪ おめでとうございます。

 鎌倉佐助・寶生苑です。

あ、旧暦お正月です。お祝い行事として深刻なお悩みをおもちの方々への 九星気学祈祷 をおこないます。あなたの波動を今、この瞬間でいいので鎌倉佐助寶生苑の元まで飛ばし寄せてください。ただしヘンな人恨みや嫌悪の怒り悩みの飛ばしは禁止します。それは幸福をのぞむ神々さまのお正月恩恵を遠ざけてしまうからです。

お正月の神々さまは「おめでとう」の語句が大好きな神さまです。招き寄せたい、ですよね。ならば、きょうは・・おめでとう・・を何度か、つぶやきでもいいので、くり返しましょう。

A0960_005696

きょう、2月5日、七赤金星です。ちょっぴりお酒をいただくと、お財布周りの縁起がすこし良くなります。もちろん呑みすぎはマイナス効果になりますよ~~。ほろ酔いはOKです。

それと少額のお買い物、それも自分の為だけのお買い物もおすすめです。買ったモノにむかって「おめでとう」の言葉かけもあなたの運気上げになります。

九星気学祈祷ではきょう2月5日から、運気運勢が今年2019年、平成31年盤に切り替わります。

己亥(つちのとい)・・・猪(いのしし)の年・・猪突猛進で突っ走ると災難に遭う・・などはあまり気にしなくてよいです。猪突猛進で切り開く必要のある方もおられますからね。ケースバイケース、人に寄りけりです。

亥は、核、です。核になるもの、芯になる伝統的なものを継承、引き継ぐと上昇運に乗れます。核は種、種の発芽というおめでたい年でもあります。

ちょうど60年前の己亥(暦は60年周期。還暦の語源は暦です)には今上陛下と美智子さまが結婚され、翌年2月に現在皇太子、次期陛下が誕生さました。今年の己亥は陛下が退位されます。平成時代がおわりますが、新しい年がはじまる年です。九星では「八白土星」ですね、八白土星の年は、世の中が大きく変化改革されます。

時代の変化に乗り遅れてはいけません。大きな変化改革の波をとらえれば次の時代の成功者になれます。ビ.ッグチャンスの年でもあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 1日 (金)

奇跡をおこす写真 いよいよ2月、お正月?!

2月になりましたね、いよいよ新年です、お正月です。うん? あ~! はい、もちろん旧暦旧正月ですね。東南アジア国々のほとんどは今年は2月5日が元旦です。日本だけですよ、1月1日を元旦お祝い日として、2月5日は知らん顔するのは・・・知らん顔はやめて、もう一度お正月すれば・・・おめでたさも2倍3倍の幸せが降りてくる 笑

Cimg8351_2  am 7:50 佐助山からご来光を仰ぐ

↑ すごいエネルギーです、浴びてください。誰かを呪ったり嫌悪したりの強いマイナスの思いがある人は感応できないのでいったんはそれを捨ててください。フワ~とした霊力(スピリチュアルパワー)を感じることができればミラクル(奇跡)を引き起こす力の累積、増量、貯金が増えはじめます。必ず。。この写真を撮ったのは、緊急外科手術前に、

「このままお亡くなりになるかもしれません」

と医師の説明を受けました。本人も薄れゆく意識の中で聞いていたそうです。「助けて・・」の依頼をうけていた私hiroyoも聞きました。・・・それが今や、この界隈をときおり小走り、ジョギングまでできるようになった。ありがとうございます。医師のみなさま、看護師のみなさま、医院のみなさま、血縁者のみなさま、神々のみなさま・・・。微力ながらお手伝いさせていただきました。

あ、話、ものすごく逸(そ)れました。元へ。

「もうすぐお正月~」の話でした。
私のような暦を媒体につかう占い師必携の本があります。定価10,000円。

Cimg8356


明治30年~平成75年。 平成75年、、、この本、どうなるのでしょうねえ。それはともかく、

Cimg8359

ね、ほら、今年の1月(写真左端)は平成30年の項目に記載されています。暦気学ではまだ今は平成30年なのです。ですので、平成最後の年は2月5日から・・・というわけです。むろん、こだわりすぎは保守的すぎます。こだわらずに、受け入れる、旧お正月の2月5日にお正月気分を再現しましょう。できる範囲内でOKです。おめでとう、・・という気分だけでもいいのです。小さな波動でもその波動は大きなおめでとうの波動につながりますからね。 忘れないでくささい、2月5日、おめでとうの波動送りを。
・ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »