2015年5月 9日 (土)

幸運を引き寄せる100の方法??

え~! 100も~、幸運を引き寄せる100の方法~、あ~、100もできないかもしれませんね。お仕事もあれば家事もあれば付き合いもあるのに・・・。そうです、その通りです。そもそも100の方法をマジメにコツコツ実行しようと努力すればするほど幸運は叶わない。

え~! そんな、それはなぜですか。

100も実践では日がなそのことに集中することになるからです。つまり、幸運を引き寄せようという自我に熱中のあまり、我のみの幸福という狭い範囲、すなわち自己利益のみに視野がせまくなってしまうのです。

それは、じつは簡単な理屈、いえ理屈ではなく、天の摂理だといえます。天の摂理とは明治天皇が発せられた「五箇条の誓文」にもある、天の公道、それ、宇宙の摂理、自然の趣くままに生きる、人の道、まぁ、もっとはしょって言いますと常識というものですね。

幸運を引き寄せる100の方法に関心を寄せるのはOKです。あ~、なるほど~♪ それで良いのです。いっとき気分が明るくなる。それで良いのです。あなたがマジメにコツコツ実行すべきは、仕事であり、家事であり、子育てであり、付き合いなどなど、今置かれているなたの位置でのウソ偽りのない100%の力を尽くすことにほかならないのです。

たとえば、わたしhiroyoですと、目の前のお客さまが目指すゴール、願望の為に何でもどんなことでもやる、と魂心の力を継続することです。あなたなら、あなたの一番大切な人、その人の為なら何でもやると気合いを入れる・・・これこそが真(神)の幸福を引き寄せるナンバー1の方法,最強の方法です。

・・・なお、心霊お預かり空席一つでました。  では、また。

| | トラックバック (0)

2015年4月 4日 (土)

うれしい、たのしい、気持ちいい・・運気アップの三要素

何を見ても何かを思い出す、、、ヘミングウェイ短編集のタイトル・・いいですねぇ。何か行き詰まったなぁ、と思ったら、このタイトルをつぶやき、あなたの視界にある何かをジッと見てみましょう。戸外の風景、風に揺れる木々や花々だと、不思議と雑念がクリア(澄み切る)されます。クリアのあとに希望という名の明かりが差してくるときもあります。

あ、話し飛びますが、Iさん、お写真メール、ありがとうございます。

Photo うれしい、たのしい、双子卵。双子卵に当たるのは1%の確率といわれています。奇跡の確率ですね。

卵を二つ割ったら、こうなったそうです。手前がお母さん、奥が可愛い双子ちゃん^^。このお写真を見て、何を見ても何かを思い出す、ヘミングウェイ、とつぶやいて、わぁ、うれしい、たのしい、、と反応が来た人には吉祥運がつきます。え、うそぉ、、? いえ、ほんとうです。吉運は吉運に乗る人に集まるのです。こんなのときたまの自然現象よ、とシニカル(皮肉っぽい)なお利口さんにはシニカルな冷ややかな運気(霊気)が寄ってきます。

ほら、グループによっては、良運つきまくっているグループ、良運に見放されたかのようなグループ・・・成功者があつまっているお金持ちのグループ、何をやってもうまく行かない貧乏人のグループ・・・などなどは、あつまる運気の差にほかならないのです。少し、霊的な話しをしますと・・・吉祥運の力がひときわ強い昇り運気の人の守護霊、指導霊が、そのあつまりの他の人々を霊的に巡回なさる場合もあるからです。霊的ぃ? そんなアホな話しとおっしゃる方々には霊魂否定派のまま亡くなった人々のおもいが寄ってきます。

あ、お断りしておきますが、貧乏人とかお金持ちとかの価値判断とは別の話をしています。貧乏でも幸せな方もおられるし、お金持ちでも苦悩を抱えておられる方もいます。いずれの場合でも、吉祥運の力が欲しいときは、どこかの誰かでもいい、うれしい・たのしい・気持ちいい・・・という悦びの感情を発している方に気持ちを合わせましょう。Iさん、ありがとうございます。双子卵ちゃん、ありがとう、うれしい、たのしい、気持ちいい!! 拍手ぅ^^ 感謝。

ところで、双子卵については、鶏卵・関連食品の製造・販売メーカー・イセデリカ株式会社のHPにi以下の解説がありす。

-------------

Q:卵を買ったら全部双子たまご。ラッキー?それとも?
A :
皆さんも一度は経験があるのでは・・・?
お料理をしようと思って卵を割ったら、黄身が2個の双子ちゃん!? “今日はいいことありそう”なんて、ちょっと得した気分になりますよね。
実はこの双子たまご、養鶏のベテランならひと目で見分けがついちゃうんです。その秘密とは・・・?

通常、鶏は産まれて150日目くらいから卵を産みはじめます。
最初のうちは とても小さく かわいらしい卵しか産みませんが、だんだん大きく安定した卵になっていきます。ちゃんとした卵が産めるようになってから、熟女になるまでの約1~2ヶ月の間、たま~にちょっと大きな卵を産むことがあります。しかもその卵は細長くて独特の形をしているとか。(プロにはわかるそうです・・・)
これが 双子たまごの正体。若い鶏が、たまにしか産まない 双子たまごに巡り会えるのは、やっぱりラッキーな証拠。

最近見かけなくて残念というお話を良く耳にしますが、これはたまご屋さんが最初からパックにいれないようにはじいているからです。 それでもなかには紛れ込んでしまう双子ちゃんもいます。その子を見つけることが出来たら・・・ すっごくラッキーな証拠ですね。

-------------

うん、うん、そうね ぇ、うら若いニワトリ、ぴちぴちギャルのニワトリお母さんしか産めない双子ちゃん卵なんですね。おぉ、その元氣エネルギーいただきましょう。

| | トラックバック (0)

2008年4月30日 (水)

イチロー&タイガーウッズ 開運金運

人の失敗は面白い・・ 他人の不幸は蜜の味・・ おぼれたイヌ(=首相)をバシバシ叩(たた)いても、誰もかわいそうだと思わないよ(小沢一郎党首)・・う~ん、たしかに弱り目に祟り目といいますし、、、憂さ晴らしでもしなくちゃあ体にわるい。でも、 もしも、アナタが開運、金運のツキを願掛けしているとしたら、 他人の不幸をよろこび拍手していては間違いなく運は下がり不幸のドアをあけることになります。

あ、不幸もまた人生の一里塚の局面もありますよ。だから不幸がすべて悪というわけではありませんが、あえて不幸の階段を駆け下りるようなことはしたくないとおもいます。

もしも、アナタが開運、金運のツキを願掛けしているとしたら、  心から人の成功を願ってください。人のよろこびを心から祝ってあげてください。結婚披露宴、祝勝会、お祝い事、などなどの慶事はあなたの波動をぐんぐん上昇させる絶好のチャンスです。まったくの第三者のお祝い事をたまたま見かけたりしても、心から祝福のエールを念じてくださいね。

他者への成功を願うと自分のレベルまでをさらに引き上げ高めます。この世を含む宇宙神世界(スピリチュアル)、神さまの絶対法則です。 すごいですね、ゴルフのタイガーウッズ。 TBS系テレビ水曜午後10時「明日使える心理学!テッパンノート」(島田紳助)でやっていたそうですね。 ここで相手がパットを外せばタイガーの優勝が決まる場面で、タイガーウッズは相手のパットに「入れ!」と念じた。普通なら「入るな!」と願うところを「入れ」と本気で願ったんです。すごいです。恐るべしタイガーウッズさん。

・・2005年「アメリカンエキスプレス選手権」でのことです。タイガー・ウッズとジョン・デイリーがプレイオフで対戦しました。サドンデスの3ホール目、デイリーのパットが外れるとタイガーの優勝が決まる場面で、普通なら「外せ」と願うところをタイガーは「入れ!」と念じた。しかしデイリーがパットを外しタイガーの優勝が決まった。そのときタイガーは残念そうな表情を浮かべたのです。・・ 相手の失敗のうえでの成功より、相手の成功のうえでのさらなる成功を目指す。 深いお話ですね。

これを勝負のアヤという視点で見ますと、「入るな」と念じて入ったら、予測外れで心理的形勢は逆にマイナスになり、マイナスのプレッシャーに襲われます。「入れ!」と願って、もし入らなかったら、それはそれで優勝という結果が出ます。入ったとしても心の準備はできているので闘争心が衰えることなく次のプレーに臨める。 じつは野球のイチロー選手もタイガーとそっくりの言葉を残しているんですね。

「自分の技術に自信を持つ前は相手のミスを待っていたんですけれど、技術に自信を持ってからは相手のベストを待っている。本当にベストだったと思うためには自分だけでなく、相手のベストも必要になる」(イチロー)

現状の満足、現状を楽しむという現実の足場にしっかり立ったうえで、さらに上を目指す。勉強になります。タイガーウッズやイチロー選手だからできることだと諦めてはもったいないのです。感動したことは必ず自分でもできることでもあるのです。 タイガーにもイチロー選手にも「超一流のスポーツマンでありたい」という自分のイメージが明確にあり、これはそれに基づいた思考回路なのですね。

じつは、さらに驚くことなのですが、このような思考回路は、アメリカ陸軍特殊部隊・グリーンベレーの教育プログラムの中に存在しているのだそうです。う、う、戦争、、にもおなじことが言える、、う、う・・これ以上の深追い解説は、戦争こわい、のわたしには似つかわしくないので今はやめておきますが・・・。それはさておき、 昨日、わたしは仕事で失敗しました(鑑定でお客さんを失望させ怒らせて)。そんなダメなわたしを棒で叩いていじめては運が下がりますよぉ(笑)。じつはきょうは、これが言いたくて長々と書いたのかもしれません(笑)。。。では、また。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月11日 (金)

運不運は感謝の色で決まる

運不運は感謝の色で決まるようです、と、きょうは佐助稲荷神社月次(つきなみ)祭日での神下さりのお言葉をいただきました。 え? なんのことおお・・。おもわず前のめりになられる方もちらほらおられます、が、訝らないで聞いてくださいね。

感謝は、ありがたくおもう心から発するお礼の気持、です。色は、この場合は色合いです。 この色合いがきれいか、混じりけがあるかないか、純度が高いか低いかによって運不運のデバイド(格差)が生まれる。

この場合のデバイドとは恩恵を受けることのできる人とできない人の間に生じる運不運、幸福不幸の格差、段差を意味します。「幸福段差」と呼んでもいいかもしれませんね。 きょうの月次祭にわたしはお稲荷神さまへお供え物をお持ちしました。その対価としてなんらかの私的なご利益をお願いしたとしたら、お願いしてもいいのですが、色合いはあまりよろしくないのです。

私的を利他(誰かの為をおもって)と替えても、これだけのお供え(お賽銭でもおなじ)を出したからいただくものはいただきたい、と、これではやはり色合いはよくないのです。 100円(一千万円でもおなじ)払ったから100円(一千万円)の価値あるものを求めて当然なのが現世社会での社会ルールのようにおもわれています。そう割り切って生きてゆくほうがエネルギッシュで社会的功利を得やすいかもしれません。

しかし、ご神示はちがいます。応分の対価を求めて得る利益にはかならず応分の不利益がついてまわる。三輪明宏さんのおっしゃる「正負の法則」ですね。富める者、脚光をあびる人には必ずそれなりの大きな不幸がのしかかってくるという説ですね。

でも正負の法則は現世法則の一つであって神さまの絶対法則ではないようです。

感謝の色を良くすれば負はついてこない。すでについてしまった負でさえ感謝の色合いがきれいになると外れて昇華してゆくのです。心や身体の負を意識されている方はぜひぜひお試しください。 金員(金銭)へのそれなりの対価を求めない。労働へのそれなりの対価、報酬(金員)も求めない。金銭にしても労働にしても、それを応分のものへの交換物という意識があるかぎり正負の法則に幻惑されます。どこかで不幸を背負います。

金銭は金銭ではなく、これを自分の心を現したものだと心底におもう。感謝を捧げる。 労働にしても報酬目当ての行為ではなく、これを自分の心を捧げると心底からおもう。感謝を捧げる。 こみあげる感謝が感謝の色合いの純度をきれいにうつくしいものに光らせます。そうしたきれいな光にはかならず神々さまの光が降ろされ、想像以上の、おもってもいなかったご利益があふれんばかりにもたらされます。負のないご利益です。

なーんだ、けっきょくご利益おねだりじゃないか、とおもっていては・・・このデバイドは永遠に超えられないかもしれないけれど、それもこれも人生ですよね。 でもでも、リストラ通告が取り消しになった、生来の側湾症が消えた、理想の彼と結婚できた、末期ガン宣告を受けたが4月に退院し職場復帰・・・などなどミラクル、奇跡の神恩をいただいた方々は意識的、あるいは無意識的にしても、この感謝の色合いが過去とはくらべようもないくらいきれいになった結果でした。

今ひとつ理解できない、でもいいのです。理解が肉体化するまでには時間がかかるとおもいます。でも心の片隅にでも、この「感謝の色合いの法則」を、佐助稲荷神社の大神さまご縁ということで記憶のどこかに留めておいてくださればうれしいです。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月29日 (木)

幸運開運体質は誰にでも作れる

鎌倉佐助の占師ひろよです。占いが当たると言われたことより”真っ直ぐきれい””もっと大きくなる”と大先生に霊視いただいてはしゃいでいます。ところで、きょうは開運体質の作り方をお披露目させていただきます。

ツイてくるとツキの上昇カーブ、幸福が幸福をこだまする人生の法則を実感できます。開運体質を作るなんて、ウソとおもう人はこれを読んでいないとおもいます。ですので、問題は実行するか、しないかの二つの選択肢のどちらを選ぶかだけです。実行する、あるいは、実行してみたいとおもった人だけこの先を読んでください。

幸せ5倍、10倍、年収ン倍、うふふ。

「うれしい」
「たのしい」
「きもちいい」

この三つの言葉(ことだま・言霊)をそれぞれ一日一回、それぞれ別の人、三人相手に言葉をつかい分けて伝えてください。(手始めの練習ではだれか一人にでもいい。独り言でもいい・・・)

たとえば、

・あなたに会えてうれしい。
・きょうは、なんだか、たのしくてたのしくて。
・ほら、青空、きもちいいいわねぇ。

などと話しかけます。これだけで、まちがいなく開運体質に変わってゆきます。鎌倉佐助へ通っていただいる方、人生の波動を変えたい人にはいつのまにか、これらの言霊がしぜんとつかえるように仕向けています。ご安心ください。

ところで、これらの寿ことだま(言霊)がなぜ有効なのかというと、以前にもお伝えした「怒り・妬み・怨み」の三大マイナス言葉を打ち消すパワーが絶大だからです。怒りや妬みや怨みを生きるバネにしておられる方は多いのです。それがいけないと否定しているのではありありません。そういう生き方でのしあがっていく人もいます。しかし、それはけっして幸福な人生とはならない。たとえそれで成功しても成功のあとの極端なな疲弊、没落、病苦、家族不幸・・などの問題に苦しむことになります。

マイナス言葉がなぜ不幸をよぶのか・・・。 たとえば山蔭基央(もとひで)さん(山蔭神道中正神社斎主)は、こうおっしゃっています。

「怒り、妬み、怨み」を心に抱くことは「怒り、妬み、怨み」が相手に届く前に、己の内部で爆発して、自らを破壊してしまう。・・・何故、否定的な思いなどの思念を自己破壊的というのか。例えば、人に汚物を振り掛けようとしてそれに手をかけたら、誰が一番先に汚物の臭気と汚染を感じるであろうか。己自身である。  もし花を愛で、その喜びを人に与えようとするなら、誰よりも早く我が衣に花の香りを満たせる者は、ほかならぬ自分自身である。   ・・・日本心霊科学協会「心霊研究・2007年6月号」記載・・・

「うれしい」「たのしい」「きもちいい」 わたしhiroyoはおもいます。三つの言霊は、花の香りを満たす言霊です。だれかに伝えるとそのだれかも花の香りで満たします。ツイてこないわけがないのです。開運、幸運体質に生まれ変わらないわけがないのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月15日 (土)

お財布よりもこころをとしみじみ思う

きょうのタイトル、いいでしょう? よくない? ○○よりも、という比較勝負はよくないと、たしかに常日頃、比較による優劣をつけるのはやめよう、などと言っていますものね。そうです、もちろん、お財布もこころも豊かだなあ、と、これが本当の願望ですよね、だれしも。 でもでも、ときには理性ではなく感性にひたって「お財布よりもこころだなあ」としみじみおもってもいいのです。

断っておきますが理知(左脳)ではなく感性(右脳)におまかせの状態にしてくださいね。感性おまかせだから、こころがフワッと温かくなれるんです。 これを逆に「こころよりもお財布だなあ」とおもってもいいんです。この場合はぐぐっと元気が出て現実的問題へのやる気に満ちてきます。両方バランスをとりたいときは「お財布もこころも豊かだなあ」で人生横綱相撲電車道でドドン、ドンドン^ ^です。

あ、以上はきょうの本題「ハートの奇跡」の前置き口上でございます。ちょっと長い前置きでごめんなさい。では。ハートの奇跡とはなんでしょう、それは。。。わたしのオリジナル、スピリチュアルヒーリングの禁断の果実^^、だれのこころにもポッとあたたかい灯火(ともしび)がつく秘術^^の一つでございます。スピリチュアルな感性おまかせの手描きのハートマークの集団であなたの最も嫌なこと、口にもしたくない嫌なことをぐるりと取り囲んで大空に(宇宙)に昇華していただくのです。ふふふ。 たとえばEさん(32歳)は、夜・眠れない、食事が喉を通らない、すぎた日のことばかり気になる、あのときこうすればよかった、いけないのはわたし、どうすればいいのわからない、などと、いわゆる心理の袋小路に迷い込んで体の状態までおかしくなっていました。

で、その不調の根本にあったキーワード「彼に嫌われつづける」を探りだして、それをハートの奇跡で大空に昇華してもらいました。Eさん、すっかり元気になられました。 回りの人が私の悪口を言いつづける、というキーワードを昇華させたTさん(29歳)は、急に美人度がアップしたばかりか、苦手だった整理整頓お掃除もできるようになり、「アパートの部屋がすっきりして、びっくりですぅ」と明るい声でケータイを耳にしたわたしの頭蓋骨によろこびの共鳴振動をもたらしてくれました。絶対不可能だった早起きまでできるようになったそうです。よかったわね。(わたしも早起きしよお、おお、と。) Kさん(26歳)は「病気は治らない」、Hさん(32歳)は「彼の浮気がつづく」、Aさん(42歳)は「一生、結婚できない」、Lさん(25歳)は「誰にも嫌われる」がキーワードでした。

父親が大嫌いなMさん(30歳)には---お父さん、大好き---をキーワードにしたところ、彼女は身を震わせて嫌悪に顔をゆがめましたが、小一時間後に流すだけの涙を流しきって、それはそれは、きれいな笑顔をみせてくれました。ありがとう、Mさん。 幸せとは、なんなのでしょうか、それは。。。心の涙、つまり心のキーワードをきれいに昇華し、そして現実を豊かに生きてゆくことだとおもいます。

ですので、わたしは、自らもわたしにむかって、ハートの奇跡、スピリチュアルヒーリングをときおり施して、しみじみ、タイトル通りにおもったりしますが、いえ、その涙も乾かないうちに、お財布も心も豊かだなあ、と呟いたりもしています。 あ、北海道のNさん、オリジナル鎌倉ヒーリングのご縁で再度きょう鎌倉まで来ていただきました。ありがとうございます。10087040312 

| | コメント (0) | トラックバック (0)